量子回廊 (年刊日本SF傑作選) (創元SF文庫)

量子回廊 (年刊日本SF傑作選) (創元SF文庫)
あらすじ・内容
日本SFの扉がひらく
第1回創元SF短編賞受賞作を収録

2009年の精華18編を収める。今回はマンガ2編を収録。さらに巻末には、編者二人に加え山田正紀氏を選考委員に迎え、612の応募作から選ばれた第1回創元SF短編賞受賞作を掲載した。

「収録作の著者は、過去最大の19人。まったくの新人から作家歴40年の大ベテランまで、多士済々の著者たちによるバリエーション豊かなSFが揃った。「ガチガチのSFは得意じゃないんだけど……」と不安に思う人も、「SFはバカ話にかぎる」と考える人も、「宇宙に出なきゃSFじゃない」と主張する人も、それぞれ、なにかしら気に入る作品が見つかるはずだ。」――大森望(序文より)

「創元SF文庫版《年刊日本SF傑作選》も、いよいよこの『量子回廊』で3冊目となり、年鑑としての最低ラインと考えていた巻数を、何とかクリア出来たようだ。第1集『虚構機関』の解説で、単発のSF短篇の少なさを嘆いたが、2008年、09年と発表される作品は大幅に増えてきた。特に09年は07年に比べると倍増――とまではいかないが、5割増ぐらいの収穫があった。そのため、本書も既刊よりかなりの増ページとなり、定価も上がってしまったが、その分、密度は濃いものになっていると思うのでお許しいただきたい。」――日下三蔵(後記より)

序文=大森望/収録作品紹介=大森望・日下三蔵/2009年の日本SF界概況=大森望/後記=日下三蔵/初出一覧/2009日本SF短編推薦作リスト

あらすじ・内容をもっと見る
629ページ
473登録

量子回廊 (年刊日本SF傑作選)はこんな本です

量子回廊 (年刊日本SF傑作選)を読んだ人はこんな本も読んでいます


量子回廊 (年刊日本SF傑作選)の感想・レビュー(295)

どこか耽美なダークSFからはじまって、漫画を挟んで実験的なすこしふしぎなおはなし、歯ごたえのある硬派SFと収録されている。どれも個性的で面白かった。北野勇作、皆川博子の独特な世界観がお気に入り。「スパークした」の入れ子状になった語りがラストにもう一フレーム示されるのがぎょっとさせられて、良かった。
- コメント(0) - 3月8日

面白いと思うもの、よくできてると思うものとそうでないものの差がすごくて、きっとそれは読者によって異なるだろうというのが、三人選者を設けている面白みが出てるシリーズだと思う。日下兄妹は既読だったが他で好きなのは無限登山、紙片50、雨ふりマージ、夜なのに。いつもうまいなと思うのがバナナ剥き。星魂転生も興味深かったなあ。
★1 - コメント(2) - 3月7日

豊崎さんの書評(http://gunzo.kodansha.co.jp/27916/31468.html)を見て、どうしても「ラビアコントロール」を読みたくなったので借りてきた。もちろん古栗にもぶっ飛ばされたわけだが、既読のはずの「日下兄妹」と「あがり」に泣かされた。思わぬ伏兵である。
★7 - コメント(0) - 2016年5月16日

サイエンス・フィクションとしてのSFを期待して(アホっぽくても),図書館に予約したのだが・・・。これもSFの括り? 傑作,かなぁ・・・? 円城塔,難解そうで避けていたが,意外に大丈夫かも,と思えたのが収穫か。マンガが収録されているのに(コミックスの紙が厚めなのに慣れているのか,ページがめくりにくくて >_< )違和感があるのだが,「日下兄妹」はホロリとした。
- コメント(0) - 2014年12月10日

『日下兄妹』ダントツの第一位。極小サイズの謎の生命体が日に日に成長して人間に近づいて行った理由に泣ける。読後すぐに本作を収録している市川春子作品集『虫と歌』を買ったぜよ。『雨ふりマージ』バカっぽいラノベ風の始まりから徐々にシリアスな展開に変わって行くのだが、増殖するタグには終始爆笑。『夜なのに』そこらにいそうなアホ女子コンビ日浅と長森がいい味出してます。
- コメント(0) - 2014年8月6日

あまりこのアンソロに収録されているマンガ作品をいいとは思わないけれど(悪いとも思わないけど)、「日下兄妹」「無限登山」は面白かった。あと好きだったのは、よくわかるけどよくわからない「バナナ剥きには最適な日々」旧ソビエトを舞台にしたエロチック(女性向けのエロさだけども)な「ひな菊」ですかね。一番面白かったのは最後の大森・日下・山田の創元SF短編賞講評でした。三者三様の見方から選考会でのやりとりを想像すると楽しい。
★1 - コメント(0) - 2013年11月5日

日下兄妹/市川春子 が、一番好きです。 何度も読み返す。 他に波長が合った作品は、やはり皆川博子と綾辻行人f^_^;
★1 - コメント(0) - 2013年8月7日

木下古栗さん、面白いな……
- コメント(0) - 2013年7月28日

田中哲弥「夜なのに」、木下古栗「ラビアコントロール」、高野史緒「ひな菊」 市川春子は単行本で既読
- コメント(0) - 2013年7月26日

「日下兄弟」が心に残る。
- コメント(0) - 2013年4月16日

おもしろかったです。 2009年に発表された国内SF短編を集めたアンソロジーだそうです。 好きなのは上田早夕里、高野史緒、三崎亜記、綾辻行人、かな。
★1 - コメント(0) - 2013年4月8日

2009年SFアンソロジー。今まであまり耕してこなかったSF畑を手入れしようというのが、2013年の目標のひとつであり、指針としてアンソロジーは便利だと思うので。他は貸出中だったので2009年版を。SFというカテゴリの幅広さが印象的。例えば三崎さんなんかは割と好きで読んでいたけれど、SFという視点を感じたことはなくて新鮮だった。そう思えば、SFを読むべし!とそう肩肘をはらなくても良いかと多少気が抜ける。ただ、意識して探さなければSF作家さんとは出会えないとも思ってはいるので、出会い系的なノリで 笑。
★5 - コメント(5) - 2013年3月24日

科学寄りなものからファンタジー寄りなものまで色々あって「SFって広いんだなあ」ってのが全体的な感想。科学的なバックグラウンドにほんの少し手を加えたような物語が好みだから、ちょっと微妙だった。その中で「あがり」は良かった。文章の雰囲気や、話のアイデアがけっこう好み。地元、しかも母校が舞台だったし。松崎さんの長編読んでみたいな。
★3 - コメント(0) - 2013年3月1日

おもしろかった~。短編は長編に比べ文章力、構成力、描写力といった小説としての巧みさ、技術がストレートに出る。年間ベストのSF短編の集合ならばどれも鳥肌がたつほど完成したものばかり。とくに直木賞候補作になった「盤上の夜」を下して創元SF短編賞を受賞した松崎有理の「あがり」は素晴らしかった。SFとしての仕掛けに絡まる小説としての構成。冒頭から執拗なまでに生物の増殖や繁殖といったイメージを出し、最後には…という短編ならではの楽しさがあった。「盤上の夜」のなんか足りない感は何なんだろうなあ。既視感なのだろうか。
★7 - コメント(1) - 2013年2月17日

5
★1 - コメント(0) - 2013年1月7日

 資格試験受験勉強追い込みのため読書断ちして3ヶ月。ついに戻ってきました読書生活。  しかし、ブランクが長すぎたのか、SFというジャンルが私の追いつけないようなスピードで拡張しているためなのか、理解不能で???な作品が多かったです。老人にとってはオールド・ファッション・スタイルのSFがやはり心地好いようです。そういう意味では、新しい才能の発掘の結果である第一回創元SF短篇賞受賞作の『あがり』に懐かしさを感じてしまったのは意外でした・・。  詳しい感想は、ブログに書きます。
★2 - コメント(0) - 2012年12月16日

異形ものあり、宇宙ものあり、時代ものあり。まさしく、何でも来いの傑作選。自分にとってあたりもあり、はずれもあり、それも一興。
★2 - コメント(0) - 2012年12月9日

SFは縛りが少ない分、自由な作品が多いと言うのは分かるのだけれど、これが傑作選か?と言われると正直疑問です。読み心地が悪く、読みにくい作品が多い印象。自分には合いませんでした。
- コメント(0) - 2012年10月6日

今回も幅広いSF作品を読めて満足。上田早夕里の「夢見る葦笛」久々この方の異形もの読みました。高野史雄「ひな菊」、実在の歴史と架空の歴史の見事な融合(余談:著者の新刊「カラマーゾフの妹」を読みたいのだが、実は「カラマーゾフの兄弟」未読;)。今回の大収穫は収録された2本のコミック。市川春子「日下兄妹」、異生命体との遭遇ものだがすっきりした画風なのに抒情感の深さがたまらない。コミックス読みたい。八木ナガハル「無限登山」、サイエンス版の川原泉を思わせる、情報量が半端ない。そして谷甲州「星魂転生」さすがの重量級安定
★2 - コメント(0) - 2012年9月2日

「夜なのに」の話のテンポが楽しかった。「無限登山」は勉強になった。「あがり」はそんなことないと思いつつ、ありそうに思えてきてのめり込んだ。
- コメント(0) - 2012年8月25日

編:大森 望・日下 三蔵。2009年のSF作品傑作選。ハードSFから広義のものまで幅広い収録内容。好みに叶えば熟読し、叶わなければ飛ばし読みするも可。個人的ベストは皆川博子『夕陽が沈む』。現実離れした設定もさることながら、幻想的な世界観を構築するその筆運びに感服。三崎亜紀『確認飛行物体』は一見、星新一的印象を受けるも、著者独自の味付けで既視感を寄せつけない。会話会話で突如としてシークエンスが移り変わる田中哲弥『夜なのに』、入れ子構造的技巧を駆使した小池昌代『箱』も面白い。面白み溢れる19編、収録。
★4 - コメント(0) - 2012年8月13日

泣いたり、笑ったり、憤ったり、アンソロジーを読むのは感情がせわしくなる。『日下兄妹』、『雨ふりマージ』、『星魂転生』あたりが好み。加えてSF小説概況には毎回驚かされる。「あれもSF小説、え、この作家も書いてるの!?」と、自分の勉強不足を思い知らされる。当然読みたくなる、ほしくなる。SF入門として非常に役立つ。解説嫌いな人も必読!
★2 - コメント(0) - 2012年7月26日

2009年のベスト短編+新人賞受賞作。今回もバラエティ豊かな作品がそろっている。高野史緒、市川春子、円城塔の作品が気に入った。
- コメント(0) - 2012年7月17日

SF傑作選3弾。相変わらずSFの定義は広いと感じさせる。今回は森奈津子と木下古栗がおもしろかった~。木下さんは単行本読んでみたいな。
★1 - コメント(0) - 2012年6月29日

2009年日本SF傑作選としてまとめられたもの。田中哲弥など読みたかった作家のものは勿論、市川春子、八木ナガハルのコミック、倉田タカシのTwitterサイズの極短編集のような、異質なメディアの作品が新鮮で良かった。アンソロジーは多様なアイデアを楽しめ、今後の探索の羅針盤にもなるのが嬉しい。
★1 - コメント(0) - 2012年4月25日

一気読みしてしまった。自分としては新城カズマ氏の短編に惹かれました。
★1 - コメント(0) - 2012年3月4日

だらだら読んだので最初の方の作品は印象が薄れているけど、森奈津子は強烈だった。あと木下古栗、綾辻行人が良かった。ベストは「無限登山」八木ナガハル。
- コメント(0) - 2012年1月21日

日本のSFって日本って感じがする。
- コメント(0) - 2011年10月15日

いつも通り狭義のSFに収まらない幅広い作風の短編が楽しめるが、個人的にはSF度が高めの方が好み。ベストは「日下兄妹」。前衛的な作品だとSFに分類されることになるのだろうか。私にはいささか難しい…
★1 - コメント(0) - 2011年10月13日

電波度というか訳のわからなさが上がった! 文章が素敵な短編多し。「バナナ剥きには最適の日々」飄々。「日下兄妹」にキュン。
- コメント(0) - 2011年10月4日

いやー、今回は自分的に豊作だった。市川春子「日下兄妹」、田中哲弥「夜なのに」、北野勇作「観覧車」、三崎亜記「確認済飛行物体」、木下古栗「ラビアコントロール」、八木ナガハル「無限登山」、新城カズマ「雨ふりマージ」、円城塔「バナナ剥きには最適の日々」が好き。ベストは漫画2編かな。それから、新城カズマのこのシリーズは追いかけてみたくなった。
★2 - コメント(0) - 2011年9月13日

円城塔「バナナ剥きには最適な日々」読了
- コメント(0) - 2011年9月1日

選者のコメントが面白いです。アイデア、構成力、文章力などバランスのとれた作品はなかなかめずらしい。単発もの短編ということらしいが、「星魂転生」のように巨大なスケールだといろいろな逸話がうまれそうで、楽しみ。
★1 - コメント(0) - 2011年6月23日

bbb
◎。日本のSFは大丈夫だ。19編。
★3 - コメント(0) - 2011年6月4日

どれも面白かったけど、「スパークした」と「雨ふりマージ」がよかった。あと「あがり」に何度か出てくる「二の階乗で増えていく」は「二のべき乗で増えていく」じゃないかなぁ・・
★3 - コメント(0) - 2011年6月4日

rz
「日下兄妹」が圧倒している感がある。単行本で読んだ時より非常に感銘を受けた。なぜだろう。
★1 - コメント(0) - 2011年5月15日

「日下兄妹」「雨ふりマージ」「バナナ剥きには最適の日々」がよかった……ってこれ全部既読組やん。受賞作の松崎有理「あがり」は地に足の着いた研究室の描写から日常がもしかしたらひっくり返ってしまうのかもしれないというどきどき/恐怖がとてもよかった。うん、まだまだ届かないですよ、そりゃ。
★2 - コメント(0) - 2011年5月4日

内容盛りだくさんで読むのが大変だったけど、読後感としては面白かった。日下兄弟面白かった。心の闇、雨降りマージが特によかった。心の闇の描写が気持ち悪かった。
- コメント(0) - 2011年4月7日

量子回廊 (年刊日本SF傑作選)の 評価:74 感想・レビュー:117
ログイン新規登録(無料)