戦艦武蔵のさいご (ノンフィクション・ブックス)

戦艦武蔵のさいごの感想・レビュー(10)

およそ40年ぶりの再読。名著。
- コメント(0) - 1月12日

2015年5月18日:きじとら
息子のために購入したけれど、30年ぶりに読みました。戦争児童文学の最高傑作の一つだと思います。メカニカルでかっこいい軍艦は男の子に夢を見させてくれますが、本書は軍艦のかっこよさやメカニカルな描写がふんだんになされているにも関わらず、人間が傷つき、死んでいく戦争のリアリティを余す所なく伝えています。
- コメント(0) - 2015年4月17日

2015年3月25日:せんむ
2015年3月17日:m_t
武蔵が海底で発見されたというニュースを聞いて、手に取ってみました。大和の最後の本は読んだことがあったけど武蔵は初めてかな。実体験だけあって、とてつもなく凄惨な話。「おれたちの敵はアメリカじゃない、戦争を始めた日本の金持ちと軍部だ。」と言ってザクロのように身体が裂けて死んだ兵長。主人公の「もし生まれ変われるなら、戦争のない平和な、だれもが笑って暮らせる世の中に生まれてきたい。」と思いながら海に沈んでいった気持ちは、大切にしたい。 戦争が出来る国にしたくてたまらない人に読んで欲しいな。
★1 - コメント(0) - 2015年3月16日

武蔵の水兵の実体験 最初からやられるのは、ほぼ確実に分かっていたようだ。今の時代だったらどうなのだろう 負けると分かってたら勝負しないのではないだろうか。最後は階級も何もなくなって非難する。海の中で丸太の 取り合いで、誰が味方だったのだろうと思ってしまう。
★1 - コメント(0) - 2014年9月18日

2004年8月7日:Shintaro Hinokuchi
--/--:Takaharu Iwata

今読んでいるみんな最新5件(1)

積読中のみんな最新5件(1)

03/14:てんきゅ

読みたいと思ったみんな最新5件(5)

10/05:白あん
09/23:ふみえ
04/16:ほむお
03/05:薄明
戦艦武蔵のさいごの 評価:80 感想・レビュー:4
ログイン新規登録(無料)