売れない時代は「チラシ」で売れ! (DO BOOKS)

売れない時代は「チラシ」で売れ! (DO BOOKS)
216ページ
15登録

売れない時代は「チラシ」で売れ!の感想・レビュー(9)

読めば読むほど、著者のエネルギッシュさを感じた。サトーカメラで実践した実例を交えて他業種でも展開できた事例などはとても参考になった。おわりにあった、「世界では、24時間365日戦えない経営者は通用しない。」という言葉は、ビジネス書を読めば読むほど実感する。また時間を空けて読みたい一冊です。
- コメント(0) - 2014年8月6日

2013年1月11日:Noriyuki Oguma
ほんと、わかりやすい本だった。たとえば「電子辞書に50冊の辞典が入ってる機能をお客さんにアピールしたいのなら、その商品の売り場に50冊の辞典を並べて展示しておけ」実際に50冊もの辞典が目の前にあった時のインパクトは計り知れない。もちろんたとえ話であって貴重な売り場面積をさけるかどうかは別問題だが、それくらい訴えるアイデアが必要なんでしょうな。
★8 - コメント(0) - 2012年7月7日

チラシも何事も、戦略とリソースの振り分けが大事だと感じた。実例を交えて説明しているので非常に分かりやすい。
- コメント(0) - 2012年4月6日

2012年4月1日:tomo
2012年3月11日:徳鍼45
2012年2月10日:london3
2011年12月31日:ゆーじ
KF
商品戦略が間違っていれば、いくらチラシの作り方を勉強しても絶対に「当たりチラシ」となることはない/1部門で勝負すれば大手チェーンにも勝てる/品揃えがいいというのは、チラシをパッと見たときに、買いたい商品があちこちに見つかるということ/ターゲットをちょっとズラして市場を創造していこう/売れる商品をもっと売るのがチラシ作りの極意/商品の性能の価値情報を集めていくと、「この商品はこんなにすごかったのか!」という商品の強みが自然と浮かび上がってくる/中小店は価値を打ち出せれば売れる「上」「中」のグレードを狙うべき
★1 - コメント(0) - 2011年11月18日

読みたいと思ったみんな最新5件(6)

10/27:しょうじ
01/07:maimai
05/30:カズ

佐藤勝人の関連本

売れない時代は「チラシ」で売れ!の 評価:89 感想・レビュー:4
ログイン新規登録(無料)