デザイン・ドリブン・イノベーション

デザイン・ドリブン・イノベーションの感想・レビュー(10)

2016年11月24日:ガッキー
2016年8月20日:諒弥
デザインが牽引する新たな意味の提案に焦点を当てたデザインマネジメント論。造形主義や技術主義を批判するのではなく、そこから生み出される意味を見出せているのか。その「意味」とはニーズではなく、ユーザーをまだ見ぬ体験へ引き上げるきっかけ。そのためにどのように組織づくり、調査を行い、意味を構築するのか。後半は経営論の要素が強いが、デザイナーや技術者も読んでおいて損はない良書。
- コメント(0) - 2016年4月6日

2016年1月11日:nrk
2015年2月9日:tam0927
2014年6月22日:ばたぼーん
★★★★☆ デザインの意味を分解し、それをマネージメントに活かそうという研究自体が自分の興味と合っており、成果は貧弱だがうれしい1冊になっている。忙しさから集中して読めなかったが、技術的指向以外にも新たな意味付けをするという方向性は興味をもった。それを実現するところは曖昧な印象もあり、これから事例や研究成果が多数出る予感がする。 心に残ったのは「人々はそれで何が出来るかというだけでなく、それが何を意味するかという理由で製品を購入する」「急進的でありたいなら、ユーザー中心のイノベーションは忘れよ」
★18 - コメント(0) - 2013年11月30日

技術の変化と意味の変化を軸としたフレームワークはイノベーションに行き詰まったとき、発想の転換に使えそうだ。
★1 - コメント(0) - 2013年8月23日

h t
後半からわからない…
★1 - コメント(0) - 2013年7月28日

2013年3月7日:Uwapon

今読んでいるみんな最新5件(4)

08/21:おこめ
08/15:nojitoshi
10/31:ツェフ

積読中のみんな最新5件(1)

読みたいと思ったみんな最新5件(10)

02/18:ぺんき
07/29:s
03/06:キダ
03/06:Takuya
デザイン・ドリブン・イノベーションの 評価:80 感想・レビュー:4
ログイン新規登録(無料)