一流のサービスを受ける人になる方法

一流のサービスを受ける人になる方法の感想・レビュー(17)

一流の人は、落ち着いていてスマート。応対してくれる人に対する感謝や礼儀を心から思い、行動に移しているがために、さらに良い対応を受けることができる。答えてあげたいなと人に思わせる行動が自然とできるようになった時が、一流の人なのかもしれません。一流の人がそう呼ばれる理由が再確認できたような気がします。
- コメント(0) - 2016年12月7日

サービスをする側の人間でもあるので2倍面白く読ませてもらった。20年前に読んでいたら…いや、いつからでも実践できると思う。とっても銀座に行きたくなった(笑)特別に扱われる人を妬む人もいるけれど、その理由を理解できれば楽になるし人生がもっと楽しくなるんだと改めて頷けた一冊。
- コメント(0) - 2016年11月6日

2016年11月1日:佐藤 唯
多少の背伸びというか、ステージを上げるのが大切だ。最後の庶民が持てるレベルのクレジットカードでのコンシェルジュの使い方例を知りたい。失礼ではありますが、結局この人何者なんだろう??という感情が最初から最後までついたままでした。
- コメント(0) - 2016年10月21日

お金持ちが読む本だから自分には到底無理。 嫌悪感さえ抱きながら読み進めるうち、知らなかった雑学に感心し、ためになる本だという感想に変化した。嫌味な感覚はない。確かにこの作者にしか書けないものなのかもしれない。
- コメント(0) - 2016年9月29日

2016年8月14日:まおにゃんこ
まず清潔感。次にマナー。そして思いやりと親切心。最後は人間対人間の関係なのだから、気持ちよくサービスしたくなるような人にならなきゃいけない。嫌な人にはサービスしないよっていうことだよね(笑)
★2 - コメント(0) - 2016年8月9日

2016年7月31日:Kazuhiro Miura
2016年6月25日:チョコット
環境は大事だよねー。でも、目新しい話は無かったけど、再確認できた。
- コメント(0) - 2016年5月22日

2016年5月14日:kenken
少し背伸びしてでも普段踏み入れることの無い世界を体験して、新しい発見をしていくことが自分を高めることになるのだと思った。また、おもてなしの精神、相手をおもいやる精神などが一流には必須であると学んだ。
- コメント(0) - 2016年4月11日

2016年3月29日:ookubot
2016年3月16日:真也
環境が人を変えていくという感じがしました。背伸びしても、高い環境にいると、そこに自らが順応して、高い環境にいられる人になれるそんな感じですね。低いところにいると、いつまでたっても高いところに行けない。高いところにいれば、低いところ(貧しいという意味ではない)にも行けるし選択肢が広がる。選択肢が多いということは、視野が広くなるし、人生が豊かになる。私なりの解釈です。
★2 - コメント(0) - 2016年2月23日

2016年2月16日:ブラック・ラビット
遠い世界…と思っていた。 自分の人間的魅力を上げるため、若いうちからいろいろなところに足を運ぶことも大切なのだと思った。 バーに行ってみよう。 感謝の気持ちを忘れないようにしたい。
★1 - コメント(0) - 2016年2月7日

今読んでいるみんな最新5件(1)

01/31:たーさん

読みたいと思ったみんな最新5件(15)

03/09:suicdio
10/30:NN
09/14:りょう
08/09:あき
一流のサービスを受ける人になる方法の 評価:100 感想・レビュー:9
ログイン新規登録(無料)