デジタル・ゴールド──ビットコイン、その知られざる物語

デジタル・ゴールド──ビットコイン、その知られざる物語の感想・レビュー(19)

めちゃめちゃ面白かった。ビットコインの詳細な性質や歴史について知れるだけでなく、様々な人が関わる人間ドラマというノンフィクションとしての面白さもあった。タイトルの「デジタル・ゴールド」にも納得。
- コメント(0) - 3月11日

☆一番の価値は信頼性か?
- コメント(0) - 2月26日

去年もちょこちょことweb上の記事は読んでたけど、本格的に理解したくて、ここまでの成り立ちを読み物として知ることができそうなこの本と、もう1冊技術的な本と共に買ってみた。そして改めてビットコインが、既存の社会システムに大きなメスを入れられる可能性を持ってることを実感した。ビットコインの初期の思想的なバックボーンを知ったときに、今後もイテレーションを続けて発展しそうな将来性を感じ、読んでワクワクしたので早速ちょっと買ってみた。エンジニアとしても今後は動向を追っていきたい。
- コメント(0) - 2月4日

面白かった。ビットコインは、国際通貨になる確率が高いことも理解できた。通貨の信用度が極端に低い国(悪性インフレで悩む国)や国際出稼ぎ労働者が手数料を取られないこと等々、利点が多い。後は、透明性、セキュリティの問題をクリアしていけば、我々も、ちょっとビットなコインBitcpoin)も持つことが可能になるでしょう。
★31 - コメント(0) - 1月24日

○サトシ・ナカモトー正体不明のビットコイン考案者○プライバシーポリシーが全米で物議を醸す遥か以前の1990年代、サイファーバンクのメンバーは、生活のデジタル化が進めば国家権力が市民のデータをたやすく集められるようになり、その結果、悪意ある者にデータが奪われる危険性が高まると見ていた○ネットワークは新規コインの発行間隔を10分に保つため、ハッシュ関数の難易度を自動的に調整した○社名21e6は、ビットコインの総発行量2100万を縮めたものだ○「ブロックチェーンは単なる技術じゃない。社会現象よ」スーザン・アティ
- コメント(0) - 1月15日

通貨は、物々交換を発展させた技術、ではなく、貸借のエビデンス。この発想が興味深い。 ウィキリークス(アサンジ)、エドワードスノーデン(元NSA元CIA)によって、権力を特権エリートから大衆のものへ。 ジェドマケーレブ(マウントゴックスの仕組み構築) ビットコインの管理の仕組み。ビットコインの理念、第3社に依存しない仕組みではなく、マウントゴックスが顧客を管理する仕組みになった。 ジェドがセキュリティを考慮して、顧客のデジタルウォレット鍵を預かる。が、ここが崩壊するとリカバリー方法がなかった。 エクスロー
- コメント(0) - 1月8日

これ読んでる途中でめちゃくちゃビットコインが値上がりしてました。10万円を突破しました。ビットコインの背景には多くの人と綺麗事ではすまない出来事がいくつもあったんですね。非常に面白く読めました。
★1 - コメント(0) - 1月1日

なぜビットコインに注目すべきなのか、様々な人がのめりこんだ理由、ビットコイン及びブロックチェーン技術のポテンシャルの片鱗をつかめた気になる一冊。
- コメント(0) - 2016年12月17日

ビットコインの興味深い物語。政府に依存しない通貨を目指した草創期から、不法取引や投機に利用する人、ビジネスとして巨大なマネーが動いていくまで。技術的なことは少なく、関わる人たちのドラマの側面が強い。やっぱりマウントゴックスの社長はうさんくさかったが、それ以外にもクセのある人ばかり。
★32 - コメント(0) - 2016年12月9日

ビットコインの生い立ち
- コメント(0) - 2016年12月1日

ブロックチェーンを生み出した謎の日本人、政府やウォール街に戦いを挑もうとした理想主義者、「デジタル・ゴールド」のポテンシャルに目を付けたシリコンバレーの起業家・投資家たち…。ビットコイン揺籃期の狂騒を描く。
★5 - コメント(1) - 2016年11月22日

i) 面白い。 ii) 東京がすごくチバシティ。
★9 - コメント(0) - 2016年9月30日

今読んでいるみんな最新5件(5)

03/15:Gordion
03/10:宮内慎
12/07:Tanaka Tetsu
10/17:コボル

積読中のみんな最新5件(1)

読みたいと思ったみんな最新5件(43)

02/28:tm
02/25:よう
01/17:Mana Kanaya
デジタル・ゴールド──ビットコイン、その知られざる物語の 評価:100 感想・レビュー:12
ログイン新規登録(無料)