• いくらやっても決算書が読めない人のための 早い話、会計なんてこれだけですよ!

いくらやっても決算書が読めない人のための 早い話、会計なんてこれだけですよ!

いくらやっても決算書が読めない人のための 早い話、会計なんてこれだけですよ!
202ページ
65登録

いくらやっても決算書が読めない人のための 早い話、会計なんてこれだけですよ!を読んだ人はこんな本も読んでいます


いくらやっても決算書が読めない人のための 早い話、会計なんてこれだけですよ!の感想・レビュー(31)

fu
さらっと学んで、するりと頭から抜け落ちて行く会計学。これは専門用語の丸暗記しかないのかと思っていたが、「覚えず理解する」のが本書の狙い。タイトルのカジュアルさからして中身が薄いかもと思ったが杞憂だった。テトリスや似顔絵B/Sなど視覚インパクトの強い説明のおかげで、ざっくりと本質が掴める。単調で面白みのない印象があった会計学が楽しめた。1時間もあれば読めるので入門書として良い。
★17 - コメント(0) - 2016年12月31日

これで終わり。
- コメント(0) - 2016年11月29日

2章まで読んで、会計に対する敷居が低くなった。いつ・誰に対して・何を買ったのかを時系列に把握し、自他がわかるように記録することが基本であり、B/S、S/S、C/F、P/Lは視点が異なるだけなのだ。
- コメント(0) - 2016年9月11日

貸借対照表とか損益計算書とか、計算書類を見ても何が良くて何が悪いのか上手く把握できない人が読むと良さそう。貸借対照表も損益計算書も別の計算書類だけど、きちんと繋がってることが分かるとその後の理解が深まる。その点を「時間」という概念を使って丁寧に説いている。また岩谷さんの「B/S似顔絵分析法」は他の著作にも記載はあるが、単純かつ視覚的に企業の状況が理解できるので相変わらず素晴らしい。財務分析指標で数字を捏ねるよりは、この本を読んで理解したほうが身になる。
★6 - コメント(0) - 2016年2月15日

ほんとにこれだけでいいんかな??と思ってしまったが、専門用語をなるべく使わず会計の考え方が発生する必要性(背景)から説明してもらえるのはありがたいです。
- コメント(0) - 2015年12月29日

K
かなりわかりやすい説明で理解がはかどった。簿記の勉強してた時は確かに貸方と借方という言葉に惑わされたけど、この本に書いてあるみたいにカテゴリごとにブロックで考えると分かりやすい。CFについても学べて良かった。簿記の勉強の入門にも良いかも。
- コメント(0) - 2015年9月14日

会計の本はこれが初めて。顔の話は非常にわかりやすく、本当にこれだけでだいたい分かる気がする。図にするのではなくイラストにする感じだろうか。とてもよい一冊。
★1 - コメント(0) - 2015年7月9日

貸借対照表の顔の話が、抜群に分かりやすい。
- コメント(0) - 2015年6月30日

自分の持ち分、他人の持ち分、なるほどと納得できる。バランスシートに目と眉を描き加えて顔を作ったとき、右上がりが望ましい。おもしろい。実際の色々な会社の顔を描いてみたくなった。
★1 - コメント(0) - 2015年3月8日

実用的に期待値高し
- コメント(0) - 2015年2月19日

決算書を作るのは大変だが、傾向を読み取るだけならそんなに大仰なことではないのだとわかる。決算書を人の顔に例えたくだりは膝を叩いた。ところで、本の内容と直接は関係ないが、わかりやすい説明をするコツは、子供騙しなような例えを持ち出すことなのだな。
- コメント(0) - 2014年10月1日

会計とは、「現在」における「商売の結果」(「自分が持っているもの」と「自分と他人の持分」)のこと。
★1 - コメント(0) - 2013年11月5日

決算書が初めて読めた。この本スゴイ。読書の後半,足の裏を蚊に刺され,痛いんだか痒いんだかわからないけど非常に不快で集中力半減。にもかかわらず,スッと頭に入ってきた。なんてわかりやすいんだ。
★1 - コメント(0) - 2013年7月2日

今読んでいるみんな最新5件(5)

07/08:CHiEE
02/19:のだなお
08/21:ケルコ
01/03:1234556789

積読中のみんな最新5件(2)

02/20:ままる
05/03:ちょ子

読みたいと思ったみんな最新5件(27)

02/18:ayaka
12/18:noborution
10/16:suicdio
09/15:Yuma Tabe
05/26:なつき
いくらやっても決算書が読めない人のための 早い話、会計なんてこれだけですよ!の 評価:90 感想・レビュー:14
ログイン新規登録(無料)