続 聞き出す力

続 聞き出す力
224ページ
121登録

続 聞き出す力の感想・レビュー(70)

前作の続き。プロインタビュアーして、面白い話を聞くために、相手といかに仲良くしていくか。が書いてある。相手の下調べを徹底的にすること、好きオーラを出す。あとがきの矢沢永吉が素直にコメントする話が面白かった。
★12 - コメント(0) - 3月23日

帯だけならもはや北野武の本。続編が出たからといって、特にバリエーションがある訳でもなく、2冊纏め読みで正解。
★44 - コメント(0) - 3月21日

愛すべきこじらせ系のタレントのインタビューは大変だ。どこまで地雷を踏めばいいのかが成功の鍵だが、ガサツな人がやると炎上するしかない。名人吉田豪さんでもしくじるエピソードは素晴らしく面白い。
★3 - コメント(0) - 3月5日

プロインタビュアー・吉田豪のインタビュー裏話エッセイ。面白い。この人のインタビューを初めて雑誌で読んだ時、大層テンションが上がったのを今も記憶している。どの人のインタビューも、短編小説を1本読んだ様な充実感がある。本書を読んでいるとなるほどその通りと共感する部分も多い。題名の『聞き出す力』というよりも、人と仲良くなる方法として読んだ。良い話し手になる以上に、聞き手になれば誰とでも仲良くなれるのだ。その為には知識や教養だって必要なのだ。裏話であるので、ちょっとヤバい話等もあり、終始面白く読めた。満足。
★64 - コメント(4) - 2月24日

前回のやつ同様、人から話を聞くノウハウとみせかけたインタビューした人やそれから付随するゲスな笑えるエピソードがたまらない。もはや、たけしの本という帯が刺激的。
- コメント(0) - 2月20日

AM
相変わらず面白い。衒いのある文章の中に、様々なTipsが詰まっています。
- コメント(0) - 2月19日

飄々と闘う人だな。真似できん。さらっと読めた。
★2 - コメント(0) - 2月12日

前作同様、サクサクと読めました。 インタビューについて、プロレスに例えて、受身、間合い、とか書かれるとついつい頷いてしまいます。(^^)
★3 - コメント(0) - 2月12日

杉作さんのトークライブは何がスゴいのか説明されて、杉作さんのイベントに興味が出ました。
- コメント(0) - 2月9日

迷っていたけど帯のインパクトに押され購入!政治家つながりで前作の森喜朗評に続き、今回は辻元清美の話が面白かった。この話は吉田豪じゃないと引き出せない、聞き出せないであろうw真面目な雑誌やTV番組じゃ無理なやつ。他にも色んな芸能人有名人のおもしろエピソードもりだくさん。かるーく読める良い本
- コメント(0) - 1月31日

第二弾である。今まであってきた変人・奇人・難人に立ち向かった経験本。トラブルも笑いに変えてしまう豪さんの不安タスティック
★2 - コメント(0) - 1月24日

前著のときにも書いたが、普段はインタビューが中心なので「ですます調」で馴染んでいる吉田豪文体がこの本では「だ・である調」なところが興味深い。より正確には「わけなのである文体」と名付けたい。それはともかく、第23則がヒドすぎて笑った。
★3 - コメント(0) - 1月24日

テレビや雑誌などで知る事がない、有名人の様々なエピソードが衝撃的で面白い。「ソープへ行け!」発言で有名な北方謙三先生が連載時にソープに行った事がないのは知らなかった(笑)
★10 - コメント(0) - 1月15日

プロインタビュアー吉田豪の自身のインタビュー雑話。吉田豪じゃなくて武の顔しか表紙にないのは笑った(編集、勘違いさせて売る気マンマンだな)。吉田豪のインタビュー本はどれも濃くて素晴らしく面白いのだが、濃すぎて胃もたれするからなかなか読めず、ほとんど積ん読になっている(苦笑
★6 - コメント(0) - 1月15日

前作と同じ感想です。「この本は2度読む必要がある。1度目は「インタビュー面白エピソード集」として、2度目は吉田豪のインタビューテクニックに注意を払いながら。1度目から吉田豪のインタビューテクニックを知ろうという気持ちで読みだしても、すぐに面白エピソードに心が奪われてしまうので2度読みは必須。3時間くらいで読み通せる本だけど、何度も読めます」。取材の裏話や過去の秘話を惜しげもなく披露しているので、ゴシップ集として最高に面白いです。岡田斗司夫のことが嫌いになって、大森靖子のことを調べたくなる一冊。
★3 - コメント(0) - 1月12日

2017度の1冊目。吉田豪さん、相変わらずぶれてなくておもしろい。プロです。
★2 - コメント(0) - 1月10日

インタビューのハウツーとしては前作の『聞き出す力』と言っていることは変わらないのですが、タレントのこぼれ話や、アイドルに話を聞くことの難しさ、そして同じくインタビューライターとして有名な吉田さんや阿川さんの話題が出ていたのが参考になります。これのBtoB版・ビジネス書ライター版のハウツー本がほしいなー。
★2 - コメント(0) - 1月10日

いや〜面白い!ひさびさの単行本だけに、じっくりと味わい尽くさせていただいた。インタビューハウツー?なんだろうが、次々に飛び出すエピソードの数々が最高すぎる!昨今はすっかりメジャーになってしまった感もあるが、これからも地雷を踏みまくり、また、誰も分からないマニアックな取材対象を世に出していただきたい限りである。
★3 - コメント(0) - 2016年12月30日

取りあえず面白いから、1年後くらいに間違いなく再読する事になると思う。
★3 - コメント(0) - 2016年12月21日

安定の吉田豪、どれもこれも面白い。
★2 - コメント(0) - 2016年12月19日

「バラエティ番組でひな壇に座らされたときとか、大勢での飲み会のときとかは、これはサッカーやバレーボールに近いなと感じるし、パスを出したりトスを上げたりして、誰かにシュートなりアタックなりを決めてもらおうとするんだが、一対一のインタビューの場合は、またちょっと事情が違う」、「テレビは真実を伝えることなんかより、テレビ的な正解を重視しがちなもの…テレビ的な正解とは、つまり番組が面白くなるなら後はどうでもいいってこと」。
★5 - コメント(0) - 2016年12月17日

今読んでいるみんな最新5件(7)

03/18:m
02/19:

積読中のみんな最新5件(8)

02/19:
01/16:緋莢
01/05:わかば
01/04:ポポ

読みたいと思ったみんな最新5件(36)

03/23:a_size09
03/12:本木英朗
02/26:あこ
02/25:有明
02/24:ジョージ
続 聞き出す力の 評価:63 感想・レビュー:22
ログイン新規登録(無料)