演劇の歴史 (文庫クセジュ)

演劇の歴史の感想・レビュー(26)

2016年3月2日:弱いおたく
2015年12月3日:おとめ
2015年3月22日:butterflyonapin
2015年3月19日:MaRuTaTSu
固有名詞が多くて演劇の素養がないと難しい
- コメント(0) - 2015年1月26日

現代フランス演劇まで続く歴史が簡単にまとめてある。概観を掴むのにほどよい分量。
- コメント(0) - 2014年12月30日

2014年11月15日:Ayano
フランス演劇の歴史。初心者にもわかりやすく書こうとしているとは思う。それでも専門用語は散見。エピローグをまた読み返したい。
- コメント(0) - 2014年10月12日

2014年7月20日:Shii
2014年6月19日:まき
2014年4月28日:tomoki1201
.
- コメント(0) - 2014年4月23日

2013年7月18日:今村俊博
s
フランスを中心にまとめられた西洋演劇史。宗教的儀式から始まった演劇が社会との関わりの中でどう変化してきたのか。活版印刷の登場で演劇のテクストとしての側面が強調され、電気照明の発明で演出家が登場する。今でこそ、舞台は役者の身体性が注目されているが、それは照明と演出が発達したからこそで、それ以前は声こそが重要だった。フランス演劇の予備知識がなくて固有名詞の出てくるスピードについていけないが、索引がしっかりしているのがありがたい。
- コメント(0) - 2013年7月17日

2013年6月12日:Blank Space
2012年12月19日:土駆火途
西欧(フランス中心)の演劇史。たくさんの知識が簡潔にまとめられている。読みやすい本だった。次は、もう少し詳しいものを読みたい。
- コメント(0) - 2012年9月19日

2012年7月28日:鰊蓬
2011年11月10日:ロバ
2011年5月7日:もりゆ
2011年1月29日:ばな
演劇の歴史というより、社会の変化と演劇を巡る変化について。筆者の視点は学んでおくべき。
- コメント(0) - 2009年6月4日

--/--:Akihiro Ando
--/--:chikaho

今読んでいるみんな最新5件(2)

06/05:あんころ
09/03:ぺっぺ

積読中のみんな最新5件(2)

02/12:mn
10/22:カンファ

読みたいと思ったみんな最新5件(14)

07/12:404
03/23:nvsdms
08/31:Seirēn
02/16:みかん
01/28:kbtysk
演劇の歴史の 評価:62 感想・レビュー:8
ログイン新規登録(無料)