2017本格ミステリ・ベスト10

2017本格ミステリ・ベスト10の感想・レビュー(54)

ベスト10は現時点で7作読了でした。久しぶりに島田御大の本を読んでみたくなったのと、講談社ラノベ文庫から作者違いで京極堂シリーズっぽいものが出ていると知って興味を持ちました。あとは何と言っても1997-2016のベストですね。全体のベストと各年のベスト、並んでいる作品名を見るだけでテンションが上がる内容で、これからの再読リストに入れたい本がかなり増えて困りました。とりあえず首無しと水族館は近いうちに読もうと思います。
★8 - コメント(0) - 2月23日

青崎さんを生徒に薦められた。2作品もランクイン。読んでみたい。
★8 - コメント(0) - 2月1日

毎回このミスと合わせて購入し、積読本を増やすのに貢献してくれる1冊ですw 毎回ランキングの傾向に違いが出るのも面白いですね。もうちょっと海外作品の頁数が増えてくれるといいなぁw
★24 - コメント(0) - 1月29日

やっぱ買っちゃった(笑)。立ち読みは毎年ちょいちょいするけれど、20年分ランキングなんて特集もあってつい。ふだん目にするランキング本と被る作品はあっても、全体で見ると見事に本格色がめちゃ濃くて(当たり前かw)新鮮。本格好きの皆さんのその純度に対するこだわりは半端ではない事をひしひしと感じました。座談会の発言でも、…現代ミステリは、言い方は悪いけど「サスペンス止まり」が多い…とか。素人的にはサスペンスとして面白きゃ良いんじゃね?と思うけれど、そーじゃないんだろうなぁ。そら”X論争”も起こりますわな^^;。
★27 - コメント(1) - 1月10日

20周年記念とゆうことで、過去20年分の国内アンケートのランキングが記載され本探しの資料になる。出来れば、海外の年度毎のランキングも見たかったな
★4 - コメント(0) - 1月5日

本屋さんにて立ち読み。
★2 - コメント(0) - 1月2日

Amazonで発見。「このミス」より「本ミス」のランキングの方がグッとくる。「本格」の二文字に踊らされているだけかな・・・f(^_^;。過去作品も面白そう。既読本でも内容をすっかり忘れているので、名作を再読するのもいいかも。今年も楽しい読書ができそうだ。<2017-001>
★9 - コメント(0) - 1月1日

「このミス」と順位が結構違っていて、あつさも違う。この本も読みたいな、という気持ちにさせたのはこちらの方が多い。
★10 - コメント(0) - 1月1日

ランキングを見てみると新人作家や若手が多い印象を受けた。世代交代か?とも思ったが、そもそもベテランがあまり新刊を出してないのも理由かな。寸評などを読んでいて気になった作品は「黒面の狐/三津田信三(文庫待つ)」「半席/青山文平(時代物好き)」「星降り山荘の殺人/倉知淳」「ささやく真実/ヘレン・マクロイ(絶賛か)」「二人のウィリング/ヘレン・マクロイ(これも絶賛されている)」あたりかな。そのうちチェックしよう。
★3 - コメント(0) - 2016年12月23日

新刊も読まなきゃな……。だと、昨年と同じなので、せめて国内ランキング作品は潰して、もう一度本ミスに回帰します。久々にミステリの書評を読んでムラムラしました。竹本健治が尊敬してた中井英夫と初対面で麻雀して負かせた話が面白い。
★3 - コメント(0) - 2016年12月22日

20周年。積読ばっかで、全然読んでないことにあらためて気づき愕然。
★7 - コメント(0) - 2016年12月22日

「このミス」に比較すると情報量が結構多いだろうか。ベスト30の中には読んだのが1冊と積読が2冊。10年間のベスト・オブ・ベスト20の中だと読んだのが5冊。積読が1冊。読みたいのが何冊か。中々に読み応えのあるネタが多かったので年が明けてからも時々読み返してみたいかも。
★27 - コメント(0) - 2016年12月18日

購入本。20周年記念で厚くなっているし。こちらの1位は納得。しかしベスト10位まではほぼ読破で アリャー。青崎さんが強かった一年でしたね。
★5 - コメント(0) - 2016年12月17日

国内は飛ばし読み。『このミス』に比べれば、こちらの方が読んでいる本がランキング入りしている。夏に受けた講座の通りであった。
★7 - コメント(0) - 2016年12月17日

こちらも毎年恒例楽しみにしている本格ミステリベスト10。今年は20周年記念拡大版ということで、例年よりもページ数多く充実しています。私が本格ミステリにハマり出したのがちょうど20数年前ということで、この1997-2016ベストオブベスト10に並ぶタイトルに懐かしく震えております。しかし、それぞれのベスト5は選ぶのが大変だったろうなぁと。映像本格、ミステリコミック、ライトノベル、ミステリゲーム、海外ミステリ…などそれぞれを多角的にミステリを見る20年。海外ミステリランキングも参考。今年も隅々堪能しています。
★78 - コメント(0) - 2016年12月14日

こちらも年末恒例。こちらは投票でも参加している。しかし、こちらの結果もかなり予想外で驚かされた。なにより自分の本格感度が鈍っていることに気付かされた。1位作品も買ってるのに読んでないんだよなあ(今年ブレイクするぞ、と推してたのに!)。「このミス」もそうだったが、法月綸太郎さんの『挑戦者たち』も対象になってるのも驚いた。国内ベストテンの私の既読は、2,3,4,7,8位の各作品。
★7 - コメント(0) - 2016年12月14日

最近新作出たからすぐ読むということがなく、年末のランキング確認して読むことが多いのは、もうすぐ50歳にもなるし残りの人生読める本も限られてくるので、あんまりスカタンを読みたくないなと思った。しかし、表紙は隠してというかどうにかならんかな、1位がわかるぞ。
★53 - コメント(0) - 2016年12月14日

文庫落ちを買う参考のために買っているのでいつも流行から2~3年遅れるんですが、今回は2016年のランキングより20年間のベストが目玉、トップ20までほとんど読んでて感慨深い。麻耶雄嵩強い。
★2 - コメント(0) - 2016年12月13日

☆☆
- コメント(0) - 2016年12月12日

今年も終わりだ(笑)本格以外の作品にかなり足を突っ込んでた割に、まずまず知ってる名前の多いランキングでした。このミスもそうだけど、投票する人の好みが多分にあるし、話題性のある作品や新しいものが優遇される傾向にあるようにも思うので、参考程度で良いと毎年思っています。ランクインしてなくても面白い作品は沢山ありますから。今年のは分厚いなと思ったら、20年分のベストランキングが掲載されてました。こういうランキングに推される旬な時を越えて、ベテランと呼ばれる域へ進んで行くのだなあと、時代の移り変わりを感じます。
★151 - コメント(2) - 2016年12月12日

「このミス」よりこちらのランキングの方が好き。ベスト10中、読んだのは「図書館の〜」と「ジェリーフィッシュ〜」だけ。刊行20周年という事で97年から16年のオールベストランキングも掲載。こちらのベスト10は5冊既読済み。ベスト20までなら12冊。でも内容を忘れている本もあり。もう一度読もうかな。
★6 - コメント(0) - 2016年12月12日

20周年記念拡大版なので、20年間のベスト、並びにこの20年の動向など、読み応えがある。一般文芸のミステリだけではなく、ミステリ要素のあるSF、ラノベ、映像作品、漫画、ゲームなどに触れているのも面白い。一般文芸レーベルからラノベっぽい作品が出たり、ミステリ寄りのラノベレーベルができたりの昨今では、意義のある記事だと思うのです。
★8 - コメント(0) - 2016年12月11日

うーん、今年のランキング…「どうしてそれが?どうしてあれは?」が今までで一番ってぐらいに。近況の作家さんの人数とか値段とか考えると来年以降ちょっと迷う。今年は20周年記念ということで、20年分のランキングやベストが面白かった。
★29 - コメント(2) - 2016年12月6日

又もやこの季節のはじまりですが今回は、記念号で分厚く高いです。
★28 - コメント(0) - 2016年12月3日

今読んでいるみんな最新5件(8)

01/03:のっち
12/25:佳音
12/15:ゆりのき
12/14:マリ本D

積読中のみんな最新5件(6)

12/21:末讀玉
12/18:鳥越
12/12:yucchi
12/06:Minnie
12/04:藍川真尚

読みたいと思ったみんな最新5件(30)

02/16:komewa
02/07:さくら
01/09:みきりん
01/03:amelie
01/03:
2017本格ミステリ・ベスト10の 評価:89 感想・レビュー:24
ログイン新規登録(無料)