池宮彰一郎が語る忠臣蔵のすべて

池宮彰一郎が語る忠臣蔵のすべての感想・レビュー(2)

BIN
映画「四十七人の刺客」に関する対話集。池宮さんが映画の脚本家であったことは知りませんでした。この作品を描いた動機やどんな忠臣蔵を描こうとしたのかが対話式で述べられてます。過去の忠臣蔵についても述べられているので今後読む忠臣蔵ものの参考になりました。芥川の「或日の大石内蔵助」は読みたい。戦場経験があったればこその発想というものがあり、若手の小説家には書けないこともあるんだろうなと感じました。
★4 - コメント(0) - 3月12日

2013年3月22日:mitora

池宮彰一郎の関連本

池宮彰一郎が語る忠臣蔵のすべての 評価:100 感想・レビュー:1
ログイン新規登録(無料)