ロジカルシンキングのノウハウ・ドゥハウ (PHP文庫)

ロジカルシンキングのノウハウ・ドゥハウはこんな本です

ロジカルシンキングのノウハウ・ドゥハウはこんな本です

ロジカルシンキングのノウハウ・ドゥハウの感想・レビュー(71)

・ゼロベース思考・フレームワーク思考・オプション思考の3つの思考法をバランスよく組み合わせて使えという本。
★4 - コメント(0) - 2016年10月31日

ロジカルシンキングに対する3つの思考方法と3つのツールを紹介するだけの本。まったくロジカルシンキングを意識したことない人には参考になるけど、中身は薄いかな。
★1 - コメント(0) - 2016年1月1日

ロジカルシンキングとは分かりやすさ。ロジカルシンキングとは相手のことを考えること。思考法とフレームワークは大体知ってるものだったけど、オプション思考は目から鱗。考えれば考えるほど、人の意見を聞けば聞くほど切れ味のない無難なものになってしまうなぁと思っていたのだけど、そうか。切れ味の鋭い複数案を考えればいいのね。
- コメント(0) - 2014年1月18日

ロジカルシンキングとは、分かりやすさ
★1 - コメント(0) - 2013年10月8日

悪い例に思い当たらない人なんて…
- コメント(0) - 2013年4月21日

★★★☆☆ 本書に書かれている思考法やフレームワークを根底においた質問力というのが大切なのだろう。
★12 - コメント(0) - 2013年3月3日

経営コンサルタントによって書かれた本であり、 主に経営面に焦点を当ててロジカルシンキングを解説している。 実務的な要素が多く、すぐに使えるものも多い。 0からの思考、フレームワークの設定など、様々な方法について 深く考察していたのでためになった。 ロジカルに考え、誰にでもわかりやすく説明できるのがベストである、 ということ。
★1 - コメント(0) - 2012年9月20日

研修課題図書であり、長期休暇の合間時間を用いて読了。確かに、多人数が集まった時の、会議の方向付けを行う上でのテクニックとして、こうした考え方(ゼロベースで考え、フレームワークで物事を捉え、同レベルのオプションを幾つか検討し決定する)は、有効であると思う。ただ、この思考スタイルが、果たして本当に「相手の立場で考えるロジカルシンキング」とイコールなのか?という疑問は、最後までつきまとった。同じ研修を受ける会社の先輩の言「会議の進め方テクニック集」という評が、余りにも的を得ている印象だ。
★2 - コメント(0) - 2012年5月3日

予習。 名著考える技術・書く技術の前半を分かりやすくまとめて、ツールと実例の説明を加えて様な本。 分かりやすいと思います。 まぁ当たり前ですが使わないと身に付かないですよね。
★2 - コメント(0) - 2012年3月25日

ちょっと前に読んだ本ですが、ロジカルシンキングの基本が非常にわかりやすく解説されています。 わがチームのスタッフ全員が、この考え方を理解できるようにすることが今年の私のミッションの一つ。
★1 - コメント(0) - 2011年10月9日

もう一度読む。
★3 - コメント(0) - 2011年9月15日

はじめてロジカルシンキングに関する本を読んだが、大変ためになった。他に買った本を一通り読んだあと、もう一度読み直したい。理解ではなく習慣にすることに意味があって、そしてそれが大変なんだろうなーと思った。
- コメント(0) - 2011年3月21日

良書でした。 ロジカルシンキングについて、野口先生の考えが大変わかりやすくまとまっていた。 ロジカルシンキングは、一言でいうと「わかりやすく」すること。そのための三つの思考法と三つのツールが紹介されています。 しかし、わかりやすくするために一番大切な前提は、やはり相手軸に立つことです。この本もそうでしたが、野口先生の本には相手軸の大切さが必ず出てきます。僕が野口先生に共感するゆえんです。
★1 - コメント(0) - 2010年12月13日

ロジカルシンキングのポイントが凝縮していると思います。基礎的な知識を得るのに適した1冊です。
- コメント(0) - 2010年11月1日

。。
- コメント(0) - 2008年7月22日

わかりやすく物事を考え、伝えるための方法をまとめて学べる一冊。内容は「なるほど」と思うところも多いが、読んだ直後からこれらのツールを実際に使いこなせるか、と言われると難しい。日頃から意識的に実践あるのみ、だろうか。
- コメント(0) - --/--

正直オススメできません。僕が読んだロジカルシンキングの本の中では文章だけが玉虫色に飾り立てられているだけで中身はいまいちでした。何にしてもロジカルシンキングは実践と検証を繰り返す経験値が重要なので、3Cや4P等の有名なフレームワークの紹介にこだわる解説書よりは反対語、時系列、因数分解等の比較的簡単にMECEが作れるテクニックやその説明の仕方を追求する本のが役立つと思います
- コメント(0) - --/--

今読んでいるみんな最新5件(9)

02/17:おのでん
02/03:ぽちこう

積読中のみんな最新5件(14)

12/18:むった
09/19:ひいろ
02/04:いちこ
05/05:taa
01/13:田中佳彦

読みたいと思ったみんな最新5件(17)

03/13:森閑書庫
01/06:ベイ
02/08:キタタカ
07/04:kuma-kichi
ロジカルシンキングのノウハウ・ドゥハウの 評価:48 感想・レビュー:17
ログイン新規登録(無料)