神話ゲーム 歴史バトラーつばさ (PHP文芸文庫)

神話ゲーム 歴史バトラーつばさ (PHP文芸文庫)
317ページ
106登録

神話ゲーム 歴史バトラーつばさの感想・レビュー(62)

帯メッセージに興味を持ち読んでみる事にした。「世界の神話はなぜ似ているのか?」で、ヨハネの黙示録≒出雲神話、ジークフリート≒耳なし芳一、ストーリーはお互いの推論を戦わせる形で進む。なかなかに面白かった。が、個人的に一番印象深かったのが、「笑い」に関するストーリー。笑いを扱いつつも、笑いが生まれる「構造」は非常に生々しい結論だった。
★1 - コメント(0) - 2016年12月15日

ちと消化不良でした。
★3 - コメント(0) - 2016年7月23日

あまりにも軽すぎる文体にやられました。個人的には今一つ。
★7 - コメント(0) - 2016年2月21日

@kujira1016 さんらしさ満載。スピード感と不思議な世界観。……難しかったです。
★2 - コメント(0) - 2016年2月7日

シリーズ2作目。相変わらずハチャメチャな展開が好きな作者。思うように書いている。ディベート部に興味をもって読んでいるのだが、『邪馬台国』時の切れ味は復活していない模様。
★1 - コメント(0) - 2016年2月6日

「神話ゲーム」?三話目はそうかもしれないけど、全体的にタイトルと話が噛み合っていなかったような気がする。「邪馬台国はどこですか」のころの方が面白かったと思います。話の展開的に作品名が出てきませんが、鯨氏の歌謡曲を絡めた推理もののような作品のような強引さが感じられました。歴史もので強引すぎる展開は難有りかと。
★11 - コメント(0) - 2015年12月28日

高田QEDシリーズ的なものを期待していたんだ・・・。文章のテンションが無理だった。ディベートも薄っぺらいよ、もっと頑張ろうよ!ついでに根拠も示さないと納得できないよ!!
★15 - コメント(0) - 2015年12月13日

キャラクタープレイはいいとして、今回の仮説はごり押し感満載で説得力がなかったな。
★7 - コメント(0) - 2015年12月6日

鯨氏らしい爆発的な軽さでした。前作「歴史バトラーつばさ」の続編。摩訶不思議なキャラたちも縦横無尽に紙面を暴れ出し、やっと物語も物語らしく動き始めてきたように思えました。ヒミコ学園の2つの歴史研究会系のクラブが行う検証バトルに歴史の謎解きエッセンスを加えたキャラ萌えJKストーリーなのです。深夜枠でのアニメ化(実写化でも)を希望します(笑)
- コメント(0) - 2015年12月1日

鯨氏らしさ爆発な軽さであった(笑)前作「歴史バトラーつばさ」の続きモノ。摩訶不思議なキャラたちも縦横無尽に紙面を暴れだし、やっと物語も物語らしく動き始めてきたように思いました。ヒミコ女学園の歴史研究系の2つのクラブの検証バトルに歴史の謎解きエッセンスを加えた (・∀・)ノ キャラモエ JK ストーリー なのです。深夜枠でアニメ化を希望します♪
★3 - コメント(0) - 2015年12月1日

キャラクタープレイがきつくて自分には合わない。 邪馬台国はどこですか?のシリーズの方が丸め込まれた感があって気持ちよくおわれるので、そちらの方が好みです。
★6 - コメント(0) - 2015年9月16日

シリーズ第二弾。今回は、「笑いとは何か」「能、狂言はなぜ仮面を被るのか」「日本と西洋の神話に似たものが多いのは何故か」がテーマです。相変わらずの軽さですが、何気にテーマは重くなってるという。。驚きもそれほどは大きくないものの、スタイルはやはり好み。考えてみれば『邪馬台国はどこですか』シリーズと同じ形なんですね。。。
★40 - コメント(0) - 2015年9月12日

それらしい仮説はあっても、唸らせる仮説がないのが残念。歴史ミステリーと言うより、歴史部青春物かな?!
★5 - コメント(0) - 2015年9月6日

ヒミコ学園シリーズ第2弾として期待して買ってみましたが…。あり得ない新説を唱えて、さもありなんと思わせて欲しかったんですけどね。中身がうっす〜くなってしまっているようで次回は買わないかな?スンマセン。自分の土俵でなかったのかもしれません。気を悪くしないでください。
★5 - コメント(0) - 2015年9月6日

面白いんだけどね、登場人物の名前や台詞回しで遊びすぎです。ノリノリで書いている鯨統一郎さんの姿が、目に浮かぶ様。
★5 - コメント(0) - 2015年9月6日

#2015年7月23日第1刷発行で読みました #★★★☆☆ #歴史の謎は○○で解ける! #私立ヒミコ女学園で部の存続をかけ #歴史討論バトルを繰り広げる和風文化研究会とSOJ #特殊能力を持つ和風研の新入生北浦つばさが再びバトルに挑む #ヨハネの黙示録=出雲神話? #ジークフリート=耳なし芳一? #世界の神話はなぜ似ているのか? #歴史バトラーつばさシリーズ第二弾! #文庫書き下ろし * 歌は神になりかわって歌うもの 神野志隆光『古事記』より * #第一弾もついでに読んでみましたよ #やっぱり邪馬台国もう
★2 - コメント(0) - 2015年9月5日

10代向けかしら。微妙でした。
★2 - コメント(0) - 2015年9月3日

なんだろう。コレジャナイ感。新説ぶちかますくらい欲しいなぁ。
★6 - コメント(0) - 2015年9月3日

鯨さんのトンデモ歴史大好きです。笑いとはなにか、能の仮面の由来、神話の類似。面白いテーマなんですが、「邪馬台国はどこですか」みたく、笑わせつつももしかして本当に?と思わせる部分が段々弱くなってきてて残念。昭和歌謡的なネタとかは変わらず好き(笑)
★22 - コメント(0) - 2015年8月8日

第二弾もツッコミどころ満載で笑える一方、勉強にもなるくらい感嘆してしまう討論バトル。面白い。笑いとは何か? 能の仮面? 日本神話と西洋神話の類似? 興味深いですよ。
★10 - コメント(0) - 2015年8月7日

どうしようもないがっかり感。
- コメント(0) - 2015年8月5日

どんどん「薄く」「軽く」「空虚」になっていくなぁ。思いつきを表現するにはこの程度がいいのかな。あっと驚くほどのことはないね。
★6 - コメント(0) - 2015年7月31日

正直、粗製乱造に近づいて来ているように思えてなりません。他のシリーズとの区別も、くすぐりネタの題材がかぶっていたりしていて、著者がこういったことに無自覚だとは考えにくいです。非常に残念。
★6 - コメント(0) - 2015年7月20日

相変わらずぶっ飛んだキャラ設定、二作目となるとあまり強調されずに進んでいく怖さを感じる、歴史ビブリオバトル(爆)作品の続編。キャラはともかく、こういう歴史ゲームはリアル世界で実現してほしいなあ。近年、当たり前のように受け入れていた知識や用語が、ちゃんと検証していくと(市民権を得ると)教科書がドンドン変わっていっているニュースを見る度、なぜ今まで変わらなかったのか、と悔しくなったものだ。ただ暗記するのではなく、分析・考察があった上で取り込んでいく。勉強として真っ当なプロセスを日本史にも取り入れてほしいなあ。
★6 - コメント(0) - 2015年7月9日

今読んでいるみんな最新5件(3)

01/06:草薙守次
12/02:やなお
07/15:FBN

積読中のみんな最新5件(17)

01/05:二分五厘
01/05:ロシアン
06/02:unknown
04/22:きーくん

読みたいと思ったみんな最新5件(24)

09/18:目黒乱
03/19:ラムネ
12/13:suicdio
神話ゲーム 歴史バトラーつばさの 評価:77 感想・レビュー:24
ログイン新規登録(無料)