爆発的 七つの箱の死

爆発的 七つの箱の死
331ページ
83登録

爆発的 七つの箱の死はこんな本です

爆発的 七つの箱の死を読んだ人はこんな本も読んでいます

失踪者
1190登録

爆発的 七つの箱の死の感想・レビュー(60)

もう冒頭から、でっかい画布の上で全身に塗料を塗った気鋭の女性画家のファッキンピクチャーの描写に萎えた……。鳥つく島に建造された日暮芸術館。そこはアーティストが創作活動し、展示できる美術館で…。ボディーアート、前衛舞台、現代彫刻、音響芸術、パフォーマンスアート、映像作家の6組のアーティストが自らの作品を発表する段階で、次々と事件に巻き込まれ(引き起こし)ていく。三話目あたりからようやく慣れて読みやすくなった。自称解決率三割七分の凡人探偵は四話目から登場するし。果たして『逆転美術館』の正体とは。
★7 - コメント(0) - 2015年8月30日

図書館本。芸術って難しいって事と、芸術ってなんでもありなんだなって事と、登場人物の名前読めないんですけどって事しかのこらなかった。再読したらもっと違う事が残るかな?私の知識不足で申し訳ない。出直してきます。
★3 - コメント(0) - 2015年8月18日

前衛芸術家が集められた島の美術館。作品発表のたびに起こる殺人事件。現代芸術の何たるかを垣間みられた。事件を担当する刑事達が、以前の作品にも登場していたのに、探偵が登場するまで気付けなかったのは不覚だった。最後の一編で、なんとなくもやもやしていた部分も解消できてよかった。「逆転美術館」
- コメント(0) - 2014年11月3日

途中から探偵が登場するのですよ。全7話中の4話目から。しかも探偵自ら「普通のそこそこの成績しか出せない探偵」と言っている。出てくる芸術家達も奇人変人揃いだったけど、個人的にはこの探偵の登場の仕方が一番インパクトあった。地味すぎて・・・。「相棒シリーズ」「中空」「異界」と読んできたけど、この作者の個性にハマってきたかも。次は何を読もうかな~
★1 - コメント(0) - 2013年5月6日

世の中には色々な芸術があるんですね。
- コメント(0) - 2012年12月26日

現代芸術?絡みのおはなし。金持ちが有望な作家を集め、私設美術館で作品を作成、展示させる時点で事件が起こるのは確実。事件を担当するのはいつもの警部と部下で探偵も再登場。やはり書き下ろしが濃い。
★1 - コメント(0) - 2010年12月14日

連作短編。最後のどんでん返しで一歩間違えれば、残念な作品になる予感を感じさせながらも、結果的になぜか面白い。ぞれぞれ十分とんでもない結末であるが、これはこれでアリかと思えてしまう不思議。
★2 - コメント(0) - 2010年10月31日

素直にミステリとは言いにくいけど、今までに何冊か読んだこの作家さんの中では一番でした。ちなみにあまり好みの作家さんではない。
★2 - コメント(0) - 2010年7月14日

ryu
芸術とミステリの破滅的な交錯を描いた連作短編集。いやー、ほんとに鳥飼さんは変態を書かせたら天下一品ですね!(褒め言葉)最後のまとめ方も一筋縄でいかないところが非常に好み。もっと話題になってもいいなーこの作品。
★2 - コメント(2) - 2010年5月24日

正直言って、読んでいて苦痛だった。よく分らないまま最後までいってしまった。うーーーんと唸ったあと、言葉が出ない作品でした。
★1 - コメント(0) - 2009年11月23日

一つの話につき、一人の芸術家が出てくる。エキセントリックな芸術家が多くて、その部分に目がいきやすいのは確か。しかし、ただの連作短編だと思っていると後々痛い目みます。この作家さんは、連作短編という形の使い方が凄く上手だと思う。
★2 - コメント(0) - 2009年11月10日

よくまあこんなバリエーションに富んだ奇人変人と、その奇天烈なアートを考え出したなあ。そこに拍手!
★5 - コメント(0) - 2009年3月13日

読み始めてすぐに女性前衛芸術家が「絵を犯す」という描写で、この本を買って良かったと思いましたw連作具合はお見事!
★1 - コメント(0) - 2009年2月8日

いかにもこの作者らしいというかなんというか(汗)。
★1 - コメント(2) - 2008年9月15日

本年、現時点でマイベスト。
★1 - コメント(0) - 2008年9月1日

推理のために無理やり作られた“館“そして無理やり集められた“変人達“そして都合よく現れる探偵。これを”本格”というのでしょうか、いや”バカミス”だ…と思います。 まぁ良くもまさにトリックのためだけに芸術をこじつけたとは感心します。しかも結構オモロイ。その上に多作だ。不思議な作家ですよね鳥飼否宇さんって、でも読者層は如何なのか、ちょっと心配します。 えぇ長く書きつづけていただきたいものですから。
★1 - コメント(0) - 2008年7月29日

ツゥインズじゃないでしょ、トゥインズでしょ!最近、帯の間違いが多くないか?ちょっと興ざめる。あと本文に出てこないからって「?のアトリエ」ってわざわざ書かなくてもいいような…ラストに全ての話を収束させる書き下ろしがある。いらない気もするけどwトリツクシマとかマーシーやヒロトが出てきたり(?)言葉遊びもちらほら見えた。これも特に必要なほど徹底してない気が…wでもどれも◎ 期待通りのデキでした。
★1 - コメント(0) - 2008年7月22日

今読んでいるみんな最新5件(8)

12/19:千尋
03/05:タンバ
03/06:あーこ

積読中のみんな最新5件(5)

12/17:千尋
03/06:azi
12/03:みかん
02/19:たこやき
01/25:みっつ

読みたいと思ったみんな最新5件(10)

08/01:雨田大輔
06/13:タタラ
10/03:urali
02/09:けんぷり
10/31:りゅか
爆発的 七つの箱の死の 評価:67 感想・レビュー:20
ログイン新規登録(無料)