ランチのアッコちゃん

ランチのアッコちゃん
あらすじ・内容
屈託を抱えるOLの三智子。彼女のランチタイムは一週間、有能な上司「アッコ女史」の指令のもとに置かれた。大手町までジョギングで行き、移動販売車の弁当を買ったり、美味しいカレー屋を急遽手伝うことになったり。そのうち、なんだか元気が湧いている自分に気付いて……。表題作ほか、前向きで軽妙洒脱、料理の描写でヨダレが出そうになる、読んでおいしい短編集。

あらすじ・内容をもっと見る
166ページ
14337登録

ランチのアッコちゃんはこんな本です

ランチのアッコちゃんを読んだ人はこんな本も読んでいます


ランチのアッコちゃんの感想・レビュー(10388)

次の曜日が気になり、どんどん引き込まれた。助けてくれる人がいるものだな、というのと、降りかかった状況からなにかを生み出すのは自分次第なんだなと
★7 - コメント(0) - 3月25日

面白かった♪私たちは食べてるものでできてる~「食」には気を付けよう!なんか前向きに変わっていく主人公みてるとこちらまで元気になった。続編も是非読んでみたい。
★14 - コメント(0) - 3月25日

1話、2話 ★5 3話、4話 ☆4
★9 - コメント(0) - 3月23日

とても面白かったです。タイトルから、まさかお仕事系小説だとは思いませんでした。仕事、プライベート、日常で関わる人たちから学ぶ事で新しい繋がりが広がり、自身を高めてくれる。毎日が意味を持つ。そうしてまた新しい何かに繋がり、出会う。続編の作品があるようなので、読みたいと思います。
★35 - コメント(0) - 3月21日

「アッコちゃん」ってそのアッコか!ずっと読みたいと思っててなかなか読めなかった本の1冊。アッコちゃん2話。誰かと食べる食事って大切な時間。一人で食べるときも温かいものがあるだけで心が落ち着く。またアッコさんに会いたくなる。とりあえず今夜はポトフ☆/夜の渋谷で繰り広げられる新旧教え子との攻防?身に覚えのありすぎる事柄に心が痛痒くなる/余裕のないバブル入社の社長とゆとり世代の元部下。頑なな心が溶けていく様子にこちらの心も暖かくなる。4話とも元気の出る話。
★72 - コメント(0) - 3月20日

柚木さんの本は、初めて。とても、面白かった。まずランチとお弁当を交換する面白い展開にすごく興味がわき、引き込まれました。可愛くて、優しくて、豪快なアッコ女史の大ファンになりまし。謎が多くて、もっとアッコ女史について知りたかった。広い人脈、有能な能力、みんなの人気者、夜食のアッコさんの話もおもしろかった。気持ちがあったかくなる、気持ちの良い本でした。
★39 - コメント(0) - 3月20日

日常にちょっとしたアクセント、変化を加えることで見えてくる世界がどんどんと違ってくる‥。マンネリに甘んじていてはもったいない。料理をすることも食べることも両方いろいろ楽しみたいとあらためて思った。アッコさん絡みの話がベストだけど、思いがけないハプニングが主人公にもたらす心境の変化、新しい一歩の予感が見える三番目の話も好き。全編、「食」がしっかりと‥時にさりげなく「人」を支えている。読んでいて楽しくなんだか元気になれる一冊だった。
★49 - コメント(4) - 3月19日

なるほど、読みやすい本でした。
★22 - コメント(0) - 3月18日

サクサクっと読めました。テンポもいいし話もうまく進んでいくから、読んでる側もpositiveになれました。 アッコさんの勤めてた会社が、いきなり倒産してしまったくだりで、社長さんのことがすごく気になっていたから、素敵に転職されててよかったです。 3時のアッコちゃんも読みます。
★33 - コメント(0) - 3月17日

読み応えがまさにお弁当みたいにちょうどいい。押し付けがましくなく前向きになれるお話でした。
★26 - コメント(0) - 3月14日

気軽に読めてすごく面白かった。読んでいると元気になれる本。アッコさんのような上司がいたらいいなって思うけどいないのが現実。たまに思い出して、気持ちを切り替えていけたらいいな。玲美ちゃんの底抜けに明るいポジティブも見習いたいところ。ポトフが食べたくなる。
★31 - コメント(0) - 3月14日

タイトルから受ける印象とかなり違う。装丁もかな。もっとシンプルに明るくて軽いストーリーかと思ったらそうでもない。特に3話。他者からの見られ方を気にしてイライラするとこをすくい取るのは得意なのかもしれない。
★25 - コメント(0) - 3月14日

【図書館】アッコちゃんがランチを作るわけじゃなかった!遣り手の上司・アッコちゃんと派遣OL美智子がランチとお弁当を交換したことから始まるお話。少しずつ見えてくるアッコちゃんのいろんな一面と広がっていく世界。美智子も機転の利く子だなぁ。ホットチョコレート飲みたくなった。視点を変えれば、なにか見えるかもしれないと、元気をもらえる話だった。3話目・4話目は、アッコちゃんたちメインじゃないのか… 玲実も考えなしに事業を始めたわけじゃなかったんだな。生卵のっけたドライカレーいいなぁ。
★34 - コメント(0) - 3月12日

アッコさん素敵だな〜! お弁当と外食を交換することから始まる物語。アッコさんの厳しさの中にも温かな人情味が垣間見えるところや、掴めそうで掴めない人柄がものすごく魅力的。こんな上司がいたらきっと仕事も楽しいだろうな。続編も早く読みたいな。3話目と4話目の話はアッコさんはほんの一瞬しか出てこないけど、こちらもビタミン小説で面白かった。
★59 - コメント(0) - 3月11日

アッコ女史が素敵でした。キャラが掴めそうで掴めない感じが彼女の魅力なのでしょうか。三智子も色々あったけど成長出来たし、でもそもそも素質があったんだろうなぁと思いました。3話目でアッコちゃんの姿を探して見つけたと思ったら一瞬でした(笑)4話目は更に一瞬過ぎた…。良かったけど、私もアッコ女史の話で一冊読みたかったのが残念。アッコちゃんロスなので続編も読まないと!
★42 - コメント(0) - 3月10日

正直に告白すると、あらすじそっちのけで装丁のお弁当に惹かれてこの本を手に取りました。素朴なのになんて美味しそう。もうこれ見てるだけでけっこう幸せかも(笑)前半の2話は軽い気持ちでサラ~ッと楽しめました。軽快なテンポでどんどん話が進むので、『いつの間に!?』な展開が多かった印象ですが、アッコ女史のフットワークの軽さには尊敬の眼差し。3・4話目も面白かったけど、アッコちゃんの物語をもっと深く味わいたかったな~。
★71 - コメント(2) - 3月9日

「食べることは生きること」アッコさんの作るポトフ美味しそう〜。三智子も料理上手で羨ましい。嫌なことがあって落ち込んでも、好きなもの食べて、あぁ美味しいなぁ…と思えたら、まだやっていける。元気が出る。食べ物の力はすごい!私も料理できるようになりたいなと思いました。表題作以外の「夜の大捜査先生」「ゆとりのビールガーデン」もおもしろかったです。
★51 - コメント(0) - 3月7日

あっさり読めるけれど、気持ちがざらつくお話。特に最後のお話は、あーいやだなぁという感触。この作者、私にとっては、どこか嫌らしさが気になって素直には楽しめない。世間に対峙しているようで、世間教に感じるからかな。
★27 - コメント(0) - 3月6日

社会人ならみんな胸がチクチクするようなお話。だけどその行間からは暖かかったり時には熱かったりするものがこちらに届いてきます。シリーズになっているんですね。次もまた読みたいです。
★33 - コメント(0) - 3月6日

2作目らしい『3時のアッコちゃん』を先に読んでしまったので、戻って1作目を読みました。アッコちゃんが出てくる始めの2話が面白かったのはもちろん、先生の話とビアガーデンの話もとても温かくて胸に沁みました。何が大事なのか、生活を送っているうちに見失ってしまいがちなので、この本を読んで思い出すことができてよかったです。
★48 - コメント(0) - 3月5日

★★★初めての著者の初めての作品です。若い女性の会社員の日常を描いた短編集。タイトルにもなってる、ラインのアッコちゃんと、夜食のアッコちゃんが面白かった。軽い小説なのですぐ読めました。
★35 - コメント(0) - 3月4日

予定調和すぎるな・・とは思うが、お手軽に読める。一話が一番好き。アッコちゃんが出てる話の方がいいな。
★22 - コメント(0) - 3月3日

アッコちゃんみたいな人は凄く憧れるな(^^)きっとなかなか出来る事ではないけれど、世の中にはアッコちゃんみたいな人がいることで助けられる人もいるんだろうな(^^)ポトフ美味しそうだな。
★31 - コメント(0) - 3月1日

お疲れモードなので、癒し系の本を。人間関係も仕事も、人から学ぶものなのね。勉強になります。できれば、1冊アッコさんと三智子のコンビの話を読みたかったな。
★39 - コメント(0) - 2月27日

★★☆☆☆166ページさらっと読めた。ランチのアッコちゃん、夜食のアッコちゃん、夜の大捜査先生、ゆとりのビアガーデン。4つの短編集。一生懸命やってるのにうまくいかない時読みたい本!いろいろヒントが散りばめられていた。 次は3時のアッコちゃんへ。
★60 - コメント(0) - 2月26日

さくさく読めて、気持ちの良い本。
★27 - コメント(0) - 2月25日

この表紙、よく読友さんとこで見かけるので読んでみました。何だコレ~面白い~し痛快この上なし。スカッとする。こんなに上手くいくかいな・・と思ったら負け。爆。気持ちよく読了。シリーズものなのか、それも絶対読むっ。
★41 - コメント(0) - 2月24日

図書館。読みやすい。おいしそうな話が多い連作短編。
★24 - コメント(0) - 2月19日

明るくさらっと読める本。ふっと掴んだヒトやモノゴトの縁を前向きに捉えて行動したら、しあわせになれるよって本でした。縮こまってないで、自分に自信を持って元気に生きていこうとなんだかいい気持ちになれた。
★34 - コメント(0) - 2月18日

第1話の「ランチのあっこちゃん」と第4話の「ゆとりのビアガーデン」が好き。 パワフルで多趣味、他人への気配りに長けているあっこさんみたいな上司がいたら、毎日刺激的だろうな。 第4話のれみちゃんの一見能天気そうに見える裏にある、行動力と機転の利く発想力も素敵。ゆとり世代から震災復興へ、バブル世代から不妊・教育問題へ、良い意味で話の方向性が読めない展開だったので、そうつながるかーと面白かった。 「身をすくませているうちに、何かはできる」という考え方が良い。
★27 - コメント(0) - 2月18日

ポトフが食べたくなる(笑)
★24 - コメント(0) - 2月12日

短編連作で、最初の2作がメイン。第2話の夜食のアッコちゃんで、ホットチョコレートのくだりが良かった。丸く納める妙案。全体として重すぎず、読みやすい。続きも期待。
★29 - コメント(0) - 2月11日

かる~く読める一冊。一話目のランチのアッコちゃんが一番面白かった。でも、読んでいるうちに、「こんなに上手くいくかいな!」と苛々してくるのは、現実が辛すぎて心がくすんでいるからだろうな…。
★32 - コメント(0) - 2月8日

この本にでてくるランチは想像して読むと無性に食べたくなる。特にカレーとポトフは間違いなしに美味しいだろう!ただ短編小説であって、ランチのアッコちゃんの話しをぜんぶ書けば完璧にオモチロイと思う!
★98 - コメント(2) - 2月7日

なになにこのアッコちゃん。すごくぐいぐい人をひきつけ、行動させておいて、でも大丈夫だと思ったらさっと手を放しちゃう。その姿なんともカッコいい!!うん。やっぱりごはん。されどごはん。人に何を言われようと、やっぱり美味しいごはんを追及する気持ちは忘れちゃいけないんだ。さてさて、この本を読んでいたら新しいランチ屋さん開拓しに出かけようかな。
★35 - コメント(0) - 2月6日

私もアッコちゃんみたいな人と出会いた〜い!職場と家との往復で何一つ変わらな毎日を送っている気がする。新たな出会いや出来事は黙っていては早々起きるものではないよね〜 アッコちゃんはいないから、自分でアクションを起こさないとダメってことか〜
★28 - コメント(0) - 2月4日

すごくおもしろかった!おいしいものが食べたくなりました。
★19 - コメント(0) - 2月4日

読み始めて、今日のランチは?ってドキドキして楽しめたです。こんなにやり手のアッコさんがいるのに、なんで会社が潰れたのか気になるところですが、生命力活力自立力半端なくてカッコいいですね。
★31 - コメント(0) - 2月3日

私も身近にアッコちゃんが欲しい。私だけのアッコちゃんが。 私も誰かのアッコちゃんになれるように日々、チャレンジ!
★40 - コメント(0) - 2月2日

さくさく読めた。 美味しいものがでてくる本、好きなんです。
★27 - コメント(0) - 2月1日

ランチのアッコちゃんの 評価:100 感想・レビュー:4609
ログイン新規登録(無料)