つぐみの佐平次-帳尻屋始末(2) (双葉文庫)

つぐみの佐平次-帳尻屋始末 2巻の感想・レビュー(32)

2016年12月27日:Mariko Shibuya
【図書館】どうも展開が地味だな。 自然描写は良いのだが、頻繁に入れすぎる。 肝心のアクションが死んでしまう。 どうも、キャラクターを生かし切れていない感じ、忠兵衛もたいして強いと感じられない、暗黒街ににらみを利かすとは思えない。 抜かずの又四郎もたいして活躍をしない、仲間にしているのが判らなくなって来た。 読むのを止めようかな? 検討中。
★14 - コメント(0) - 2016年11月1日

☆3.5
- コメント(0) - 2016年7月28日

2016年6月27日:lavieenrose
2016年4月27日:べびすた
2016年1月24日:こうさん
2015年12月26日:ファレノ
2015年12月5日:かぼす
2015年9月10日:Shige
2015年8月12日:みっちゃん
20150723108 シリーズ2巻目、剣を抜かない又四郎が今巻も抜かず、いつのことになるんでしょうね。 「じゃあ、じゃあ」とかけすが鳴き、くいっ、くいっ、くわっとつぐみがなく。季節の移ろいを鳥の鳴き声で表す、いいね坂岡さん。
★1 - コメント(0) - 2015年7月21日

2015年6月15日:青玉
2015年5月7日:天海
2014年10月31日:八雲屋
2014年9月22日:スズちゃん
2014年8月9日:伝書鳩
2014年5月29日:椋太郎
2014年5月21日:小夏まちこ
2巻め。連作短編3話。やっぱり又四郎は、抜きませんでした。これをパターンとするのでしょうが、無理があるかも知れません。次回も期待します。抜くかも。
★1 - コメント(0) - 2014年5月10日

帳尻屋始末「つぐみの佐平次」2巻。主人公は琴引又四朗だがなんだかピントこない、良い所で柳左近に持っていかれる。「抜かずの又四郎」なので仕方ないが、今少し活躍して欲しい、口入屋の蛙屋忠兵衛が前面に出すぎかな。次回を期待します。
★50 - コメント(0) - 2014年4月29日

頼んだ者は死にそのかたきを討つ。しかも抜かず。柳左近に頼りすぎ?抜かずに戦う工夫が今ひとつです。
★4 - コメント(0) - 2014年4月4日

「抜かずの又四郎」で通して欲しい。抜いた時はこのシリーズ終了。
- コメント(0) - 2014年4月3日

とても読みやすく一気に読んでしまいました。闇の仕置き人風のお話って、どうしても惜しい人が殺されてからの展開になるのが切ない。
- コメント(0) - 2014年3月27日

2014年3月21日:ヨウスケ
2014年3月16日:えるまぁ
坂岡真の新シリーズという事で期待していたが、できはまあまあといったところか。第二巻から読んだからかもしれないので、第一巻に期待する。
★2 - コメント(0) - 2014年3月14日

2014年3月7日:石川亮久
2014年3月2日:ホンダワラ金造
2014年2月25日:jun
2014年2月20日:たま
2014年2月16日:ricca8787
--/--:さや

今読んでいるみんな最新5件(1)

04/02:未到散人

積読中のみんな最新5件(2)

10/28:nur1202
つぐみの佐平次-帳尻屋始末 2巻の 評価:56 感想・レビュー:9
ログイン新規登録(無料)