ぼくは麻理のなか(2) (アクションコミックス)

ぼくは麻理のなか(2) (アクションコミックス)
193ページ
769登録

ぼくは麻理のなか 2巻はこんな本です

ぼくは麻理のなか 2巻の感想・レビュー(730)

色んな意味で謎が謎を呼ぶ…
- コメント(0) - 2016年10月30日

うーん…まだまだ謎だらけだ。誰が怪しいとかじゃなくてもうみんな何かを隠し持っているような?いや、そもそも麻理は何を隠していた?小森が入る前から何だか小森に近い行動している感じ。しかし小森は本当にぼっちだったんだな。いろんなことがウブすぎるというか。しかし最後のあれはちょっと生々しくて私は苦手。最後が気になるとこだけど機会があれば電子で読みたいな。
- コメント(0) - 2016年10月30日

エロいようなエロくないようなぎりぎりのラインをいってて逆にエロい!!(* ^-^)ノ
★1 - コメント(0) - 2016年10月4日

オチをネタバレで知ってしまったけど本当にあのラストになるのか怪しみたくなる描写たち。ゆりゆりじゃのう〜
★1 - コメント(0) - 2016年10月3日

すごく気持ち悪いけど、功がどうしたらいいかわからないのはそりゃそうだよなってかんじ。依もなんか屈折しまくってるし、怖いわ…
★11 - コメント(0) - 2016年9月30日

最低限の空気も読めず調子に乗ってしまい麻理の友人関係を壊しにかかる小森、いちいち上からで態度のデカい依、とメインキャラがなにかにつけてイラつかせてくるが、先の読めないストーリーには興味津々。麻理の知られざる部分が少し分かり、小森と無関係でもなさそうな感じではあるが、さすがに麻理の方も小森のことを見ていた…なんてことはさすがにないだろうと思うのだが。麻理と依の関係も謎だ。
- コメント(0) - 2016年9月29日

★★☆☆☆ 麻理百合&ストーカー疑惑。そしてついに来た月経。だいぶスロー展開
★1 - コメント(0) - 2016年8月19日

女性から見た世界ってこんなものなのかなぁ、と作品を楽しみながら地味に勉強になった。筆者も男である以上、妄想はかなり入っているとは思うが、改めてマンガで見るとふむふむと身を乗り出してしまう。麻里さんの闇のようなものや女子同士の人間関係など、どろどろしたものが次から次へと噴出し、胃がキリリと痛む。いつだって人間関係というのは脆いし難しい。
★4 - コメント(0) - 2016年2月15日

麻理さんも実は主人公の事が好きで、それで麻理さんの意識を押し込めて主人公の意識を取り込んだとかそんな感じ?それかただの主人公の夢オチとかかなあ。にしてもあーもうめちゃくちゃだよ
- コメント(0) - 2016年2月1日

仮にそういう状況になったら、なるだろうなって展開を的確に描いていて辛い
★1 - コメント(0) - 2015年12月16日

これってミステリーなのかなぁ?面白いから、次刊が楽しみ。
★1 - コメント(0) - 2015年12月14日

押見先生の描く女の子って真に迫るものがありますよね。麻理の表情や仕草、友人との関係など、全てにリアルな女の子の魅力が込められています。この眩しい世界に自分が飛び込んでしまったらと思うと、それはもうえらいことです。主人公の困惑する気持ちも分かります。でも、身体が心に与える影響って大きいものですよ。微妙に小森が本物の女の子に近付きつつあるように感じます。そして次第に真相へと近付いて行く二人。入れ替わる以前の麻理の行動から見えてくるものとは果たして...。麻理を、そして自分を探す小森の旅は始まったばかりです。
- コメント(0) - 2015年12月10日

中身が入れ替わっても性的な興味は入れ替わらなかったんだなー。麻里の友達関係はなんだかよくわからないな。。エロ本のことも。。ストーリーはまだまだこれからという感じ。次巻期待。
★1 - コメント(0) - 2015年11月26日

こういうTSっぽい設定でサスペンス調に話が展開していくのが斬新。
- コメント(0) - 2015年11月6日

すごくえっち
- コメント(0) - 2015年10月20日

吉崎さん。普通の女子高生だと思ってたけど何か違うよ
★8 - コメント(0) - 2015年10月10日

【レンタル】本当の麻理が見付かるまで、日常を完璧に演じる為に手を組んだ小森と依。体は麻理だけど、脳は小森だから女の子に興奮するのか…複雑。そして麻理の部屋から、21時頃に買った時のレシートやエロ本が大量に見付かり、どっちも小森と関係している事から、かなり前からお互いを認識していた…?一方で、依は小森に入れ替わってから麻理に近付けて、色々な事を知る事が出来て嬉しく思っていそう。化粧や生理、女子独特の人間関係、恋愛…引きこもりの小森に上手くこなせるのか?
★8 - コメント(0) - 2015年9月11日

5巻まで通読。
- コメント(0) - 2015年9月6日

2013年8月9日第1刷発行 DL
★1 - コメント(0) - 2015年8月12日

この先どうなるか気になるようで気にならない。
★1 - コメント(0) - 2015年7月8日

おうおう麻理はなにもんなんだ?主人公と麻理の繋がりがでてきたが、その繋がりが意味不明すぎる。★★★★★
★4 - コメント(0) - 2015年6月29日

麻理の部屋からエロ本が大量に出てきたり、保健室で依と一緒に寝たことがあったりといろいろ秘密があって面白くなってきた。女の子同士の友情ってもろくて怖いな。
★18 - コメント(0) - 2015年6月2日

毎ページ繰るのに精神ダメージが大きい。
★2 - コメント(0) - 2015年5月27日

★★★☆☆。同じクラスの地味な子・依さんに気付かれ、二人で本物の麻理を探す事に。麻理の部屋には夜9時のコンビニのレシートやエロ本があり、入れ替わった小森の行動とかぶる。全く予想出来ない展開です。やっぱり面白いかも。
★21 - コメント(0) - 2015年2月2日

客観と主観の描き分け方が巧み。
★4 - コメント(0) - 2015年1月21日

周りの女の子との関係が少しずつ分かってくるとイメージしている麻理とギャップがあって、ますます麻理という人物が判らなくなってきた。また、本当の麻理は、入れ替わったのか、それともまた別のところにいるのか、謎は深まる。
★4 - コメント(0) - 2014年12月28日

エロ本のところで希望を持たせたということは、多分ロクでもない事だと思うから、オチ知りたくねえなこれ。SF的には落とさないだろうな。夢オチ的な何かになりそう。根拠はない。
★2 - コメント(0) - 2014年12月26日

人格が入れ替わった麻理本人の人格がまだ見つからない.そのために麻理がどういう人物であったかという謎を探るストーリーに入った.これもアルアルだが,いきなりエロ方面というのは押見さんらしい.かなり屈折したキャラクターらしいことを仄めかしているので謎解きの要素が強くなってストーリーとして面白くなった.
★4 - コメント(0) - 2014年12月23日

更衣室、グループ内での会話等。人付き合いって慣れだと思うな。
★7 - コメント(0) - 2014年12月14日

更衣室のシーンとか普通ならウキウキの展開になりそうなものが常にシリアスだからヒヤヒヤする。
★3 - コメント(0) - 2014年12月11日

麻里とは一体何なのか?麻里を探す内にそれまで知らなかった闇が見え始める。そして、小森との奇妙な接点も。いずれにしてもやはりありがちな展開で既視感を感じるのだが、やはり引き込まれてしまう。
★1 - コメント(0) - 2014年12月7日

AKBメンバーから名前取ってるのかと思ったけど、そういうわけでもなかったのね。
★1 - コメント(0) - 2014年11月26日

☆3.5 一巻に続いて電子書籍利用。この巻もドキドキワクワク!入れ替わりのもう一つの定番。体育の時間!女子達の着替えで頭が煮えくりたってる童貞君(笑)漫画だから仕方ないけど、半分以上は男の理想で出来ています。美化されすぎて笑った。あと麻理の部屋の押入にある大量の成人向け雑誌の訳や、麻理と依の関係が何だったのかも気になる。 最後あたりの、男女交流のくだりの不穏な空気。帰りの腹痛の原因がおぞましかった。
★10 - コメント(0) - 2014年10月28日

体育の着替えのシーンがあったけど、実際はあんなにおおっぴらに下着姿にならずある程度は隠してみんな着替えてたよ!吉祥寺の街が出てきた!まりも彼のストーカー???
★1 - コメント(0) - 2014年10月18日

なんとなく借りて読んだけどダメだなこの手の作品は読んでて心が痛いぜ進展というよりも謎が深まるばかりですよ麻理って何なんでしょうね?ぼっちなのにはぶられる悲しみとかわからんのかこの変態は主人公勢は無能と変態しかおらんのか!続きはたぶん読まないかもしれんな。
★2 - コメント(0) - 2014年10月15日

押見の漫画は深いようで浅い展開が多いから実は河東対したことないオチなんじゃないかと思い始めてる
- コメント(0) - 2014年10月15日

本物の麻理がどんな子だったのか見てみたい。
- コメント(0) - 2014年9月29日

押し入れに大量のエロ本。麻里さんは何者なのか。
- コメント(0) - 2014年9月24日

ぼくは麻理のなか 2巻の 評価:20 感想・レビュー:154
ログイン新規登録(無料)