ぼくは麻理のなか(4) (アクションコミックス)

ぼくは麻理のなか(4) (アクションコミックス)
192ページ
524登録

ぼくは麻理のなか 4巻はこんな本です

ぼくは麻理のなか 4巻の感想・レビュー(483)

面白いし展開も気になる 主人公建前がくずれて本音言い出したのはいい傾向なのかな
★1 - コメント(0) - 1月28日

この展開は…
- コメント(0) - 2016年10月30日

エロいし怖いし 母親が怖い。ももかも怖い。
★1 - コメント(0) - 2016年10月7日

人間関係が煩わしいものが世捨て人に憧れるというのはあるあるですな
★2 - コメント(0) - 2016年10月3日

麻理から連絡が来たってことはやっぱり麻理はどこかにいるんだろうか…ヒロキの節操の無さと簡単にやらせるももかがウケる…
★9 - コメント(0) - 2016年9月30日

エロスというよりは作者の情念のようなものが滲み出ていてホラーな感触。依然小森も依も麻理を崇拝しすぎている感はあるが、言動に潔さが出てきた。麻理からの電話とはどういうことだろう。
★1 - コメント(0) - 2016年9月29日

電話が?ますますわからないなぁ?次刊が楽しみ♪
- コメント(0) - 2016年9月3日

★☆☆☆☆ オナニーシーンいらなかったろ。あと色々ツッコミどころ多くてこの人まだ童貞なのかな?展開おせえええええ。ここまでの流れ2巻くらいにまとめれたよ
- コメント(0) - 2016年8月20日

再読。「また電話する」と麻里本人から着信が。どう展開していくのか想像がつかない。
★7 - コメント(0) - 2016年5月4日

持てない男の願望を煮詰めた感じ(大好き
★2 - コメント(0) - 2016年3月29日

87
- コメント(0) - 2016年3月6日

小森と麻里さんが並んでゲームしているシーンは犯罪臭しか漂っていない。並ぶと麻里さんの可愛さが際立つというか、イラストの可愛さと展開のえげつなさのギャップが激しくて最高。後半の自慰シーンは男なら一度は考えたことがあるものじゃなかろうか。中身は男だが、女性の感じ方はどうなっているのだろうか。それはエロなどではなく、純粋な知的好奇心として。それを漫画とはいえ実現させ、あまつさえそのことを同級生の知り合いに告白させるあたりが、狂っているとしか思えない。この感じが病み付きになる。
★2 - コメント(0) - 2016年2月21日

麻里のお父さん「惡の華」のお父さんと似すぎ!!!面白いです。惡の華は、体の中に潜む得体のしれない「性」を描いた、そのわけわからなさがとても好きだったけど、こちらは、一人一人の生きていくうえでの葛藤も、人間関係の難しさ、めんどくささも一気に詰め込んでる感じ。その分変態的な性の不気味な得体の知れなさは無いけれど、それは主人公が純情だからだ。一緒にゲームするシーンが好き。
★1 - コメント(0) - 2016年2月7日

人間関係壊れたけどなんか楽しくなってオナニーまでしちゃってまさかの本人登場。麻理さんは麻理さんの中にいたままだと思ってたけどこれはまた怖い展開になってきた。
- コメント(0) - 2016年2月1日

このいけそうでいけないもどかしさがなんとも。ももかの笑顔が怖すぎる。
- コメント(0) - 2016年1月31日

再読。麻里からの電話⁉︎
★3 - コメント(0) - 2016年1月26日

「ぼく」と接触したぼく、そして依。三人で過ごす心地良い時間に涙する「ぼく」。不可思議なこの構図が見ていて癒される。麻理の視点から見た「ぼく」の姿に功は何を感じたのだろう。家庭内での諍いでは本音を吐き出し、上っ面だけの親友との関係を断ち切って依を唯一の友だと宣言する。まるで本来の麻理が溜め込んでいた問題と向き合い解決しているかのようだ。次第に功の内面にまで麻理が浸透し始めているのか、中性的な魅力を秘め始めているようだ。電話の主は本当に真理なのか、依との関係は...先が読めない展開が続きます。
- コメント(0) - 2016年1月17日

ほぼ裸
- コメント(0) - 2016年1月13日

美女って大変だなぁ。。という気持ち。そしてこの巻はちょっとひどい。おい小森何しやがる!
★1 - コメント(0) - 2015年12月19日

★★★★★
- コメント(0) - 2015年11月1日

うっひゃあ、エロかった。どっからかかってきた電話なんだろう
★8 - コメント(0) - 2015年10月10日

最後のページに、これからの変態展開が予想できる。
★3 - コメント(0) - 2015年9月13日

6巻まで通読。
- コメント(0) - 2015年9月6日

ムラムラします。非常に。しかし、小森くんが麻理の代わりに言ってやったところは良かった
★3 - コメント(0) - 2015年9月1日

DL
- コメント(0) - 2015年8月17日

まさかの登録漏れ。自分の外観と中身の差に翻弄される麻理。自分は何者なのか。親、友達、それらも含めて存在があやふやになっていく中「麻理」を名乗る電話が・・・
★26 - コメント(0) - 2015年8月15日

初めてみせる親や友達への反抗。やはり青年の小森功を女子高生の吉崎麻理が 演じてるのか?と思いきやXXX後に非通知で麻里から電話が入る。可愛い女の子のXXXは過激で戸惑う。陰毛の濡れ方が生々しい。女のドロドロした見せかけ友情ゴッコから麻里(小森)をかばう依さんカッコいいよ。▽TSUTAYA
★5 - コメント(0) - 2015年7月14日

面白い、面白いけど……。なんかもう、とりあえず恐い。作者がいろんな意味で恐い。★★★★★
★5 - コメント(0) - 2015年6月29日

うおお、話が動いた。 ドッピオ?
★2 - コメント(0) - 2015年6月27日

これを読んだ奥さんの気持ちをお聞かせ下さい
★3 - コメント(0) - 2015年6月21日

見た目女子高生2人とゲームしながら楽し過ぎて泣き出す小森がキモいけどちょっと気持ち分かる。 麻理の不登校が原因で家庭崩壊気味だし、オナニーシーンはエロさより生理的に受け付けないほどの気持ち悪さがあった。麻理?から電話がかかってきて消えてしまったわけではなく存在することが判明したし。わざわざ依さんにオナニーしてたときまで言わなくてもいいんじゃ。
★14 - コメント(0) - 2015年6月2日

2.5 んー。どうも乗れないのはなぜなのか。
★2 - コメント(0) - 2015年5月21日

【再読】今回も衝撃を受けた。話の進み方から、いずれ入るだろうと思いましたが…やはりきた。女(麻里)の自慰表現がキモい、更に小森の影が重なって更に気持ち悪いことこの上ない。学校さぼってたら家庭崩壊。友人関係も崩壊。しかし、麻里探しには希望が見え隠れする巻でした。だんだん重くなってきたなぁ。☆3.5
★12 - コメント(0) - 2015年5月19日

★★★★★ついにやってしまったな!待ってたよ!からの電話がホラーなんだが...。そしてラストは何言ってんだコイツ状態。次巻に期待だし
★6 - コメント(0) - 2015年5月15日

ついにやっちまった。俺なら初日にやるね! 麻理からの電話。どういう真相なのか…。
★4 - コメント(0) - 2015年5月5日

こりゃあエロすぎる
★4 - コメント(0) - 2015年5月5日

椿
麻里からの電話って…。どういうことだか、全然分からないよ〜。「エロスふるさと探訪−目覚め編−」が興味深い。男の子って、こんな感じなのか〜。
★11 - コメント(0) - 2015年5月2日

☆☆☆麻里と依と小森のシーンは、麻里の人格が小森なだけに不思議な感じがするが、楽しそうな時間を共有出来て良かった。麻里本人からの連絡が入ったところで、この先もどうなるか気になるところだ。
★8 - コメント(0) - 2015年4月14日

レンタル。まさかの“麻理”登場?!あの電話はビビるわー。次はどうなるのやら…
★6 - コメント(0) - 2015年4月7日

ぼくは麻理のなか 4巻の 評価:36 感想・レビュー:115
ログイン新規登録(無料)