エレガンス

エレガンスの感想・レビュー(44)

雨宮まみさんの「女の子よ銃を取れ」のあとがきを読んで。
- コメント(0) - 2016年5月17日

よくある女性向けのハウツー本かと思っていたら、そんなハウツー本の古典を手にした女性が少しずつ現実に向かって変化していく過程を描いた物語だった。ハウツー本を単に丸のみにするのではなく、その厳しい視点を取り入れて自分の中置き去りにしてきたさまざまなもの、これまで見ないようにしてきたものと向き合うことが人生にとっていかに大切かを描いていると思いました。
★8 - コメント(0) - 2015年12月22日

身が引き締まる感じ。光野桃さんのエッセイの小説版ともいえる。「プラダを着た悪魔」が好きな人は好きでしょう。「これじゃ駄目だ!」とイライラしたときにカンフル剤として時々読みたくなる、そんな本です。この作家さんの、他の作品も翻訳してほしいわ。ぜひ読んでみたい!
★1 - コメント(0) - 2015年3月14日

人は常に選択を迫られている。それに伴い傷つくこともある。変わりたいから選択をする。そのために捨てるものもある。取捨選択をして変わったその先にはどんな自分が待っているのか。エレガンスを身に纏う。余裕がある女性になりたものです。まずは時間と身に纏う空気(雰囲気?)に余裕を含ませたいですね。
★6 - コメント(0) - 2015年1月23日

ファッション指南を小説風にしたもの。主人公は最後に新しい生き方を選択するという「プラダの悪魔」的なものと理解しながら安心して読み進められる。
- コメント(0) - 2015年1月10日

雨宮まみさんが著書の中でおすすめしていた本。私にとっては大当たり!の一冊だった。ハウツーものかと思いきや、ひとりの女性が人生を前向きに生き直すまでをきめ細かく描いた小説。そこに『エレガンスの事典』という実在の本が要所要所で登場するという凝ったつくりになっている。翻訳とても上手だった。
★1 - コメント(0) - 2014年11月14日

最初は本の構成をつかめず退屈に読んでいたのですが、後半にいくにつれて主人公の日々に惹きこまれていきました。なぜそうなったの!?とツッコミたくなるほどの生活を送っていた彼女が、人間らしく人生を切り開いていく姿にとても共感できました。本の中でもうひとつの本を扱っているところも面白い。なにより主人公はやっぱり一般の人に比べたらとても魅力的なんじゃないかなぁと思わずにはいられないです。徐々に女性らしくエレガンスを手に入れていく様が本当に素晴らしかった。
★1 - コメント(0) - 2013年7月19日

海外のこうゆう話ってすごくかわいくて、元気になれる内容で大好き!図書館で見つけて嬉しくなりました!ルイーズも不器用にだけど必死に幸せを手にいれられてほんとによかった!最後に素敵な王子様が現れる所がこの手の本の好きな所(笑)
★1 - コメント(0) - 2012年12月30日

タイトルに惑わされて、何度も手にしちゃう本。前半だけ読んで、途中で飽きちゃう本でしたが、今回は一応最後まで読みました(流し読みだけど)。結論がわかって良かったです。ふーん、て感じ。で、エディって誰よ??
- コメント(0) - 2012年9月20日

再読。装丁もお洒落。ジャンル的にはチックリット?短いお話なりに、離婚したりステップアップしたり新たな出会いがあったりと、一応定番なスタイルをとりつつ、ちょっと違う。あまり饒舌ではないヒロインがクール。
★1 - コメント(0) - 2010年9月25日

装丁買い。 女性受け。 爽やかでスカッとする。 たまに読みたくなる。 女にとってゲイは必須なのだと再認識。
- コメント(0) - 2010年8月25日

2010年頃?再読(2回目)
- コメント(0) - 2010年1月1日

☆☆☆
- コメント(0) - 2009年11月20日

☆☆☆
- コメント(0) - 2004年1月8日

また読みたい
- コメント(0) - --/--

UK
- コメント(0) - --/--

積読中のみんな最新5件(1)

12/05:くさてる

読みたいと思ったみんな最新5件(25)

03/20:綿
03/01:おうま
01/26:仮面堂
12/06:
08/27:pon
エレガンスの 評価:73 感想・レビュー:16
ログイン新規登録(無料)