循環するファッション 新しいデザインへの挑戦 FASHION & SUSTAINABILITY

循環するファッション 新しいデザインへの挑戦 FASHION & SUSTAINABILITYの感想・レビュー(5)

sustainable fashion の教科書。 5ドルの服を見て本能的に感じている貧困とは。ファッションて人の生活ときっても切り離せない。人生をより豊かにする人類の本質的課題を解決するファッションをもっと生み出せればよい。そして消費者が自分が服を選ぶ基準の貧困さとそれが地球に与える影響を考えてよりよい製品が生まれていけばすてき。
- コメント(0) - 2月28日

1月20日:あやな
サスティナビリティ(持続可能性)の観点からファッションのさまざまな工程における課題と取り組みの可能性を扱う。廃棄や汚染といった産業構造の仕組みだけではなく、クラフトを再考する民主主義なものづくりによる持続可能性も取り扱う点が良い。「つくること」をデザインすることで与えられる社会的インパクトの大きさから、本書でも触れられているようなさまざまな組織に属すメタデザイナーの活動が重要だろう。個人的にはcraftwerk2.0やhypercraftの展開に興味を抱く。
- コメント(0) - 2016年4月5日

2015年7月14日:PolkadOT
ファッションをサスティナビリティ(持続可能性)の面から見る本。生地の材料の天然繊維は限界があり、化学繊維は環境破壊に繋がりかねず、また染料も同じ問題を抱えている。流通はフェアトレードが正しく行われているかチェックする必要があるし、廃棄するのも手順を踏まえなければならない、といった商品としてのファッションから、衣服のシェアリングや地域独自の衣装等のシステムとしてのファッションまで、こうしたファッションのビジネス本は無い。サステイナブルな目標が無ければファッションは無くなってしまう。
★1 - コメント(0) - 2014年5月5日

今読んでいるみんな最新5件(2)

02/26:ゆめ
03/17:岡和田晃

読みたいと思ったみんな最新5件(1)

04/17:ふかじ

人気の本

循環するファッション 新しいデザインへの挑戦 FASHION & SUSTAINABILITYの 評価:100 感想・レビュー:3
ログイン新規登録(無料)