幻想の中世〈1〉ゴシック美術における古代と異国趣味 (平凡社ライブラリー)

幻想の中世〈1〉ゴシック美術における古代と異国趣味の感想・レビュー(21)

1月19日:Dixi
2016年12月2日:euthanasia
半分近くが原註と図版で占められていて、図版は見るだけでも面白かった。上巻で解かれるゴシック美術やそのモチーフはグロリスであったり装飾の類であったり人頭樹など。それらの影響元もイスラムからギリシャ、ローマなど、オリエントよりかも。
- コメント(0) - 2016年8月22日

2016年7月23日:鏡裕之
2016年7月16日:鏡裕之
2016年5月18日:ぽてと
2016年2月3日:扉園
2015年3月8日:半殻肝
2014年3月9日:talibun
2014年2月20日:あかふく
2013年11月9日:るーりん
2013年6月28日:ねめしす
2013年6月22日:佐和子
2013年2月23日:ゆたさん・∪・ω・∪
2011年11月17日:はこ
2009年5月10日:chorolyn
2008年4月1日:かな
--/--:madhatter
--/--:toto

今読んでいるみんな最新5件(1)

積読中のみんな最新5件(6)

11/02:Dixi
04/05:yunomi
09/28:fag
04/21:ミミ猫

読みたいと思ったみんな最新5件(35)

03/08:
12/20:suicdio
12/04:みかん
11/20:元気
03/23:克眠暁斎
幻想の中世〈1〉ゴシック美術における古代と異国趣味の 評価:10 感想・レビュー:1
ログイン新規登録(無料)