愛しのチロ (平凡社ライブラリーoffシリーズ)

愛しのチロの感想・レビュー(107)

アラーキーの写真は愛しみと哀愁に溢れていつだって泣きたくなってしまう。チロが写真の中でいきてる。
★2 - コメント(0) - 2016年9月27日

再読。 切ない。
★3 - コメント(0) - 2016年6月25日

チロを愛しく思う気持ちと、チロがその愛情に答えようとしている姿が相まって、人間とペットという枠ではない写真集に。やはり猫は人間の気持ちを人間以上に敏感に感じとるんです。はい。
★9 - コメント(0) - 2016年5月22日

ふつうなら使わない写真ばかりで、でも楽しくて、ブックオフで100円は実にお買い得。
- コメント(0) - 2016年4月10日

「エロよりチロ」とあのアラーキーに言わせる威力。
★2 - コメント(0) - 2016年3月15日

陽子さんを撮った写真もそうだったけれど、チロをこんなにも愛情が伝わってくる写真に残せるアラーキーは信頼できる。
★37 - コメント(0) - 2016年3月9日

チロが好きなんだか、アラーキーが好きなんだか、チロにメロメロなアラーキーが好きなんだか分からなくなってきた。チロ可愛い
★2 - コメント(0) - 2016年2月8日

さぞ幸せな猫生だったのだろうな、と伝わってくるモノクロ写真集。
★4 - コメント(0) - 2016年1月27日

可愛い……! 最初の方の、洗濯カゴ(?)の上に乗って「イーッ」という口をしている写真がすきです。 雀やヤモリの写真はぞわぞわ……。 原稿用紙の上で寝ている左下のチロちゃん可愛い。ちっちゃなお口にきゅんきゅん。 繰り返し眺めてしまいますね。
★5 - コメント(0) - 2015年10月30日

★★★★★【1990】再読 陽子さんが亡くなった後もチロがアラーキーのそばに居てくれて良かったな…と思うと泣けてくる。●「なにを想っているのか、そんなチロを凝視(みつ)めて、Aはチロを想う。愛しのチロ」
★6 - コメント(0) - 2015年10月2日

20年後の『チロ愛死』のため再見。思い出した「やもり大好き」だったね…目が全然違い幼くて元気いっぱい。愛死の爬虫類おもちゃの散らばる庭が不思議だったが思い出し泣く。遊び場に据えてもらったんだね。Aは陽子さんもチロも全力で共に生きイコール撮り、見つめた。2015、Aは癌、片目を失明し撮り続けてる。本書は饒舌に文章が付いていたのに比べ愛死は無言。リアルタイム僥倖、Aが隻眼で捉えるものを見続けたい。篠山紀信と絶交した「世間を騒がせた1枚」。篠山は「…を商売に!」。20年前は写真家といえばAと篠山、大騒ぎ(コメ続
★5 - コメント(1) - 2015年8月14日

荒木氏のチロの写真見るといつもなんでか涙が出てくる。前世で猫飼ってたのかな。成分無調整、素材そのままの愛がストレートにでてると思う。
★5 - コメント(0) - 2015年4月26日

昔、ソフトカバーの大きなサイズの同書を持っていたような気はするのですが、見つからず…。チロの姿とか見開きだったっけなぁ…。チロの柔らかさが伝わってくるような写真の1枚1枚。いとおしさに溢れていますね。
★29 - コメント(0) - 2015年4月7日

か、かわいい!猫好きになったの割りと最近ですが、きちんと読んだのは今回がはじめて。存在は知っていたけど、なんだかかわいくてセクシーだな、チロ。ヨーコとのことも書いてあって胸にしみる。愛しいですねえ。最後にポストカード型のカラーが載ってて綺麗だった。猫嫌いだったアラーキーがチロ好きになるのがわかる。
★43 - コメント(0) - 2015年4月7日

愛しくて切なくなる。下手な字でさみしさを綴る最後がいい。
★4 - コメント(0) - 2015年3月30日

借りて見たのですが、すてきな本でした。チロ愛死と共に自分で購入し手元に置いておきたい。アラーキーの他の写真集も是非見てみたいと感じました。
★4 - コメント(0) - 2015年3月23日

猫の日に本棚から取り出して眺めていた1冊。
★4 - コメント(0) - 2015年3月1日

陽子さんの愛情生活を読み終わったら、無性にチロちゃんの顔を見たくなって、本棚を探して、再読!?チロと荒木さんの関係が浮かび上がる。うちの猫達の写真もいっぱい撮ってあげるかな。
★5 - コメント(0) - 2015年2月19日

猫に惚れる。どんどん溺れていく、愛の写真集。ゆえに、ヨーコさんも、チロも、もういないことを思うと、かなしい。
★7 - コメント(0) - 2015年1月17日

観てるだけで涙腺が緩む。愛玩動物らしい表情や野生の表情など、色々な猫の顔が見えて面白いが、何を差し置いても画に横溢する荒木氏のチロに対する愛で胸がいっぱいになってしまう。陽子夫人の退院で最後が締めくくられておりそこでまた泣いてしまう。チロ愛死は読めそうにない。
★5 - コメント(0) - 2015年1月3日

「愛しのチロ」と「チロ愛死」が古書店に並んでいました。「チロ愛死」は辛くて買えませんでした。荒木氏もただの猫バカ。
★5 - コメント(1) - 2014年10月8日

<もーエロよりチロだもんネ。>んーかわいい。いい本です。哀愁もあります。
★4 - コメント(0) - 2014年8月31日

アラーキーが愛猫チロを撮る。かわいいだけじゃない、すずめやヤモリを食べる野性味ある自然体の姿がある。そしてアラーキーもチロに人の食べ物をあげたり、存在な抱き方をしたりと、マニュアル通りの飼い方じゃない自然体でチロと接する。これほど肩の力を抜いた自然体の猫を撮れるのはアラーキー自身も自然体だからだろう。すごい。
★5 - コメント(0) - 2014年7月18日

久しぶりに開き見た。アラーキーの写真と文字が好き。チロさかさまにアラーキーと一緒の写真がいい。ポラチロも。
★12 - コメント(0) - 2014年6月24日

アラーキーである。天才と呼ばれているが、どの辺が天才なのかいまだにわからないでいる偉い人の一人である(『噂の眞相』で連載していた『包茎亭日乗』は好きだった)。この写真集は1989年に愛猫を撮影したもの。この猫(チロ)が可愛くないのだ。しばしば三白眼になる痩せ猫を白黒で撮影したもの。しかし所々で「面白い」と思わせる表情や動作をする。愛嬌があるのかそれとも流石アラーキーなのか。ヨーコ夫人が亡くなる少し前の写真集だと思うとちょっと切ない。だって巻末で夫人の退院を喜んでいるのだ。
★29 - コメント(0) - 2014年5月14日

写真家アラーキー、猫嫌いのA氏による写真集。一緒に過ごしたチロとの日々の瞬間をあったかくてユーモラスな視点でひたすら綴る。妻、ヨーコの撮るチロの写真も。猫でも犬でもウサギにハムスター小鳥でも、一緒に生活して感じる気持ちは変わらないんだな、と微笑ましくなる。アラーキーのチロと妻への想いが伝わるそんな一冊。3月の今日の空は青くて澄んでいた。虹の橋で見守っててね。
★13 - コメント(0) - 2014年3月26日

元気なチロ
★1 - コメント(0) - 2014年1月30日

タイトルと猫の顔に惹かれて。小学生~大学生まで実家で飼ってた愛猫が同じ名前チロで、しかも毛色まで似てるんだもの。違うところは、うちのチロはもっと黒い部分が多くて、尻尾は短いかぎしっぽだったし、猫ちゃん大会で準優勝するほどのおデブ猫だった。あ~チロに会いたいなと思った。
★14 - コメント(0) - 2013年11月1日

かわいい猫、チロ。でもチロもヨーコさんももうこの世にはいない。
★5 - コメント(0) - 2013年9月18日

荒木さん家のチロちゃんの写真集、とても可愛かった。お風呂で洗われている写真なんで何とも言えないぐらい面白かった。でもこんなにチロちゃん愛されているんですね。
★31 - コメント(0) - 2013年7月21日

チロへの愛がひしひしと伝わってきた。
★3 - コメント(0) - 2013年5月11日

いとおしむ気持ちが写真に表れるものだなぁ~。チロも油断しきった顔で、イキイキとしている。
★1 - コメント(0) - 2012年9月15日

猫嫌いのAことアラーキーもすっかりチロにメロメロだなあって。それだけに、チロ愛死を思い出してしまう。ここまで愛猫を愛せるっていいな。
★3 - コメント(0) - 2012年4月25日

愛する猫と愛する妻の記録 どちらもこの世から消えて時間が流れた この写真集には思い出がこもっている
★9 - コメント(0) - 2012年1月30日

営業先の担当者に勧められて帰りに即かいました。猫はたくさんのことを知ってる、教えてくれる、ただ居るだけで…。ヨーコさんが、チロが死んで、アラーキーはどう過ごしてるんだろう。死の意味さえ、わたしは猫さんに教えてもらったから、この本を読んで泣きました。品川にて。
★4 - コメント(0) - 2011年11月16日

Ryo
愛死でアラーキーさんを知りました。その後を知ってるだけに幸せな1枚1枚がずしーん!とくる。雀やイモリを食べている衝撃的なシーンも隠さず載せて、愛玩動物のように可愛がるのではなく猫の野生の部分も含めて丸ごと愛しているのが伝わってくるとてもいい本でした。
★3 - コメント(0) - 2011年3月6日

再読、チロが、まだお顔が丸い。アラーキーさんもお若い。愛死の後なので、チロが、元気な姿が、つらい。
★11 - コメント(0) - 2010年10月30日

★★★
★1 - コメント(0) - 2010年10月27日

愛しのチロの 評価:92 感想・レビュー:47
ログイン新規登録(無料)