中国怪異譚 聊斎志異〈3〉 (平凡社ライブラリー)

中国怪異譚 聊斎志異〈3〉の感想・レビュー(9)

2016年3月3日:ふーたろー
2015年12月1日:臘梅
全巻の中で、やっと半分!ここまでで225話。似たような展開の話も散見されるが、だからといって飽きることがない。人、狐、神仙、幽鬼、妖怪たちが、同じ世界の中で艶やかな錦の模様のごとき物語を紡いでゆく。この目も眩むような想像力(いや、実話も並んでいるが)、数百篇を書いた情熱というか、執念はどこにあったのか? なんといっても奇書であることは確かだ。翻訳が優れていることも注目されたい。
★1 - コメント(0) - 2013年7月15日

2013年5月20日:honda
2011年10月5日:テッテレこだち
2011年9月4日:半殻肝
2011年6月11日:hiruhan

今読んでいるみんな最新5件(2)

06/15:やんも
08/27:半殻肝

積読中のみんな最新5件(2)

03/01:灰月弥彦
12/11:刳森伸一

読みたいと思ったみんな最新5件(3)

04/27:M
中国怪異譚 聊斎志異〈3〉の 評価:22 感想・レビュー:1
ログイン新規登録(無料)