子不語〈1〉 (東洋文庫)

子不語〈1〉 (東洋文庫)
343ページ
21登録

子不語〈1〉の感想・レビュー(7)

2016年4月18日:佐々宝砂
死体の損壊を極度に恐れるのが特に印象にのこる。冥府から生き返ることもかなりあるから当然か。そのくせ魄が取り憑いて暴れたりキョンシーにされたりで散々な目に合うこともあったりと面倒くさい。
★1 - コメント(0) - 2013年6月9日

2013年5月21日:hiruhan
2013年2月12日:EnJoeToh
やっと1冊目を読み終わりました。これは中国の奇妙な話や不思議な話を集めたもので、全5巻というものです。一つの話が1ページから3ページくらいで読みやすいのですが一気に読むというわけにはいかず、1冊でかなり時間を取ってしまいました。中国にはこのほかに聊斎志異があり、こちらのほうはポピュラーですが、この本はまとめてやっと出版されたという感じです。ただコミックにもなっているようです。
★2 - コメント(0) - 2012年9月4日

2011年10月12日:半殻肝

今読んでいるみんな最新5件(1)

11/03:

積読中のみんな最新5件(1)

05/04:kaboking

読みたいと思ったみんな最新5件(12)

07/07:misui
01/20:kbtysk
04/22:蛇の婿

人気の本

子不語〈1〉の 評価:86 感想・レビュー:3
ログイン新規登録(無料)