日本のエネルギー、これからどうすればいいの? (中学生の質問箱)

日本のエネルギー、これからどうすればいいの?の感想・レビュー(11)

このシリーズわかりやすくて好き!、、、でも、これはちょっと難しかったかなー。原発に反対の著者ですが、ただ原発反対!じゃなくて、エネルギーを浪費する生活スタイルを改めないと、人類に未来はないっていう主張。弱いところに負担を押し付けて、一部の人が得をするようなシステムはあかん!と有言実行してる。カッコいい!私もできることからなんかしよー。
★1 - コメント(0) - 2014年10月3日

著者の言ってることは全く正しい。ただ、このスタイルで本当に間に合うのか疑問だ。生物が一旦進化したら、もう後戻りができないように、人間の生活も後戻りはできないだろう。ならば全世界で、人間の知性や、倫理が進化するのを期待するしかない。間に合うのか…?間に合わなければ、人類は絶滅するしかない。「おまえはどうやって生きてきたのか?」最後の一文が胸に響く。
★3 - コメント(0) - 2014年9月29日

2013年9月4日:耽美
2013年7月12日:しゅうと
2013年5月21日:Kawada Yoshihiko
2013年5月1日:Kyotofancy
原発反対の立場から、原発やエネルギーの問題をわかりやすく説明する。 震災直後、経済成長を求めるだけではダメだという風潮があった気がするが、結局現在は景気回復が最優先。違う未来を誰も描けていない。 このタイトルの問いに対しては、読者一人一人が考えるしかないのだが、 著者自身の考えがもう少し具体的に書かれていると良かった。
★1 - コメント(0) - 2013年4月5日

中学生向けなので、原発やエネルギー問題を知る上で、非常に分かりやすい。すんなりと頭に入る。だがこの本のポイントはそこではなく、長年、反原発を最前線でやってきた小出裕章氏の思想を知れる点にある。彼は言う。原発をなくすには、エネルギーを大量に消費しなくても生きられる社会にしていかなければならないと。彼は言う。原子力は反対という根拠には「いのちが大事」ということがあるけれど、決定的に大切なことは、「自分のいのちが大事」であると思う時には、「他者のいのちも大事」であることを心に刻んでおかなけれればならないと。
★1 - コメント(1) - 2013年1月2日

ある意味脱原発の先駆者とも言える、原子力研究の一端を担った著者による啓蒙書。基本的に対象を低年層に絞ったもので、このての書籍で見られる具体的な統計(数字)は少な目だが、よりいままでの原子力政策の本質をわかりやすく解説している気がする。聞き書きとしての形態をとっているので、論説としての形は弱いかも知れないが入門書としては読みやすいものかもしれない。
★2 - コメント(0) - 2012年9月8日

2012年8月9日:ぽこあぽ
--/--:なべ

積読中のみんな最新5件(1)

読みたいと思ったみんな最新5件(7)

11/02:koko
03/02:ka-neko
06/08:めし
日本のエネルギー、これからどうすればいいの?の 評価:91 感想・レビュー:5
ログイン新規登録(無料)