究極の思考術―あなたの論理思考力がアップする「二項対立」の視点15

究極の思考術―あなたの論理思考力がアップする「二項対立」の視点15
176ページ
131登録

究極の思考術―あなたの論理思考力がアップする「二項対立」の視点15の感想・レビュー(61)

究極ではないと思うけど、参考になりました。
★2 - コメント(0) - 2016年11月17日

1時間ばかりで読了。会話が多く流し読み可能。読者層がビジネスマンと書かれていたけど、中高生に変更するべきかなというぐらいの内容でした。二項対立という視点にしぼり、シンプルかつ汎用性の高い思考方法を提示するのが著者の目的のようです。たしかに当然すぎてこれまでのビジネス書にはないテーマだとは思うけど、学生時代に身につけときたいよねっていう感じがします。
★3 - コメント(0) - 2015年3月12日

とてもわかりやすく、ポイントが理解できます。繰り返し眺めるだけでも頭に残りそうですね。この考え方が身につくと、きっと、物事が楽に考えられるのかなぁと思います。実践!
★6 - コメント(0) - 2014年9月5日

わかりやすく、活用しやすい二項対立が紹介されていました。論理的になりたいと思いつつ、難しさを感じていた私が試すにはぴったりの分かりやすい本でした。
★1 - コメント(0) - 2014年9月3日

タイトルはお堅いけれど、中身はとても分かりやすい。問題の解決を容易にする「二項対立」の視点を提供してくれる本。あらゆる問題は、つきつめて考えると2つの異なる考え方の対立であるという。この「A」か「B」かの2つの対立軸のことを「二項対立」とよぶ。問題の背景に潜む二つの対立点さえ見抜くことができれば、問題をすっきりと整理でき、素早く解決できそう。15の二項対立の視点について、具体例をあげながら解説している。二項対立の視点を自分のものにし、相手の主張を理解した上で、自分の主張を上手に伝えられるようになりたい。
★8 - コメント(1) - 2014年3月12日

日頃、無意識に実践しているかもしれないコトでも整理してもらえると、わかりやすい。仕事や日常生活で役に立つ思考法です。
- コメント(0) - 2013年8月31日

★★☆☆☆:タイトルから、思考を深めるための深~い話が書かれているのだろうと意気込んだが、木山さん著らしいオリジナリティーあふれるエピソードとともに、思考整理のための分かりやすい観点がまとめられた本でした。木山さんの文章を楽しむには持って来いだけれど、思考を深める、という点では多少物足りない感じかな。
★1 - コメント(0) - 2013年8月6日

- コメント(0) - 2013年6月30日

頭がよくないくせに、ついつい色んな事を考えてしまう。しかしながら、結局、自分の範疇を超えてしまうと、急にどうでもよくなり、さじをなげてしまう。そんな私にはこの二項対立という考え方、すごく参考になった、これなら簡単だし、今からでもできそう。
★1 - コメント(0) - 2013年5月5日

論理思考の中の"二項対立"の考え方にフォーカスした一冊。本の構成も例題もスッキリしてて読みやすいです。MECEな~とか未だによくわからんけど、これなら理解できました。著者曰く、本書の位置づけは本格的なロジカルシンキングの本の入門編とのこと。一読の価値ありかと
★2 - コメント(0) - 2013年1月17日

物事はシンプルに整理
- コメント(0) - 2012年12月16日

そういう風な分け方もあるんだなーって感じです。知識として持っておくには良いかも。ただ借りるレベルですね。
★2 - コメント(0) - 2012年12月7日

なんだかわかったような、わからんような。 会話は面白かった。 結局、一番腹に落ちたのは、16番目。
- コメント(0) - 2012年6月8日

会話が織り交ぜられていて分かりやすく良かった。
- コメント(0) - 2011年9月27日

二項対立という形で、思考をする際の視点を与えてくれる。
- コメント(0) - 2011年6月25日

★★
- コメント(0) - 2011年2月8日

読みやすく、書いてある内容を実践するのが簡単であるので、即実施できそうだ。15の考え方の1つでも実際に取り入れていこう。
- コメント(0) - 2011年2月5日

本書は物事を二項対立で考える重要さを15の例題で示している。本書でも書いてあることだが論理思考の本で対立概念だけをとりあげたものは他にみたことがない。これ一冊で論理思考ができるというわけではないだろうが、少なくとも押さえておいた方がいい内容であることは確かだ。
★2 - コメント(0) - 2011年1月7日

何かを考えるときにこの二項対立を基に自分とは別の視点からの立場からどう見えるのか、その上で自分の考えはどうなのかと、物事をじっくり考えるようになりました。今は考えることに時間がとてもかかりますが繰返し行いながら自然と出来るようになりたいと思います。本の内容は木山弁護士の本だけあり、とても分かり易い文章で書かれているため難しい論理的思考術についても馴染みやすく思いました。
★2 - コメント(0) - 2010年10月25日

論理思考、というより「対立概念の理解→大局観、全体観を持つ」ことがTake Away。なんとなく知ってることを形式知かしてくれた意味で◎。
★2 - コメント(0) - 2009年10月18日

今読んでいるみんな最新5件(4)

11/19:un
07/10:東雲時雨
12/12:conaco

積読中のみんな最新5件(7)

11/13:うさぎ
06/23:LongMatsuge
03/19:ととろ13

読みたいと思ったみんな最新5件(59)

02/07:tadanori
01/16:zinseiban
12/30:かな
12/29:もちこ
12/17:ひろし
究極の思考術―あなたの論理思考力がアップする「二項対立」の視点15の 評価:69 感想・レビュー:21
ログイン新規登録(無料)