百年小説

百年小説
あらすじ・内容
『百年小説』特集ページはこちら>>


 森鴎外から太宰治まで、
 51人の名短篇をこの1冊に。

 ひとり静かに味わってみたくなる、珠玉の名文があります。
 四季折々の懐かしい風物、温かな人影、時の移ろい。
 著名な作品ばかりでなく、明治から昭和初期までの日本の傑作短篇を1冊に集めました。
 「大きな文字」、「総ルビ」でお楽しみください。


『百年小説』は、作家の生年順の編集でお届けします

○収録作品

1.「杯」 森鴎外 (1862-1922)
2.「夢十夜」 夏目漱石 (1867-1916)
3.「一口剣」 幸田露伴 (1867-1947)
4.「拈華微笑」 尾崎紅葉 (1868-1903)
5.「吾家の富」 徳冨蘆花 (1868-1927)
6.「武蔵野」 国木田独歩 (1871-1908)
7.「風呂桶」 徳田秋声 (1871-1943)
8.「伸び支度」 島崎藤村 (1872-1943)
9.「わかれ道」 樋口一葉 (1872-1896)
10.「修禅寺物語」 岡本綺堂 (1872-1939)
11.「猫八」 岩野泡鳴 (1873-1920)
12.「外科室」 泉鏡花 (1873-1939)
13.「青草」 近松秋江 (1876-1944)
14.「小さき者へ」 有島武郎 (1878-1923)
15.「死者生者」 正宗白鳥 (1879-1962)
16.「勲章」 永井荷風 (1879-1959)
17.「真鶴」 志賀直哉 (1883-1971)
18.「恭三の父」 加能作次郎 (1885-1941)
19.「久米仙人」 武者小路実篤 (1885-1976)
20.「妹の死」 中勘助 (1885-1965)
21.「刺青」 谷崎潤一郎 (1886-1965)
22.「椿」 里見●(●=弓に亨) (1888-1983)
23.「鮨」 岡本かの子 (1889-1939)
24.「サラサーテの盤」 内田百聞 (1889-1971)
25.「生涯の垣根」 室生犀星 (1889-1962)
26.「虎」 久米正雄 (1891-1952)
27.「お富の貞操」 芥川龍之介 (1892-1927)
28.「窓展く」 佐藤春夫 (1892-1964)
29.「雲雀」 藤森成吉 (1892-1977)
30.「山の幸」 葉山嘉樹 (1894-1945)
31.「押絵と旅する男」 江戸川乱歩 (1894-1965)
32.「アリア人の孤独」 松永延造 (1895-1938)
33.「ゼーロン」 牧野信一 (1896-1936)
34.「へんろう宿」 井伏鱒二 (1898-1993)
35.「機械」 横光利一 (1898-1947)
36.「渦巻ける烏の群」 黒島伝治 (1898-1943)
37.「焼跡のイエス」 石川淳 (1899-1987)
38.「バッタと鈴虫」 川端康成 (1899-1972)
39.「暢気眼鏡」 尾崎一雄 (1899-1983)
40.「秋風」 中山義秀 (1900-1969)
41.「告別」 由起しげ子 (1900-1969)
42.「闇の絵巻」 梶井基次郎 (1901-1932)
43.「散歩者」 上林暁 (1902-1980)
44.「幸福の彼方」 林芙美子 (1903-1951)
45.「うけとり」 木山捷平 (1904-1968)
46.「小美術館で」 永井龍男 (1904-1990)
47.「聖家族」 堀辰雄 (1904-1953)
48.「心願の国」 原民喜 (1905-1951)
49.「波子」 坂口安吾 (1906-1955)
50.「山月記」 中島敦 (1909-1942)
51.「富嶽百景」 太宰治 (1909-1948)

※( )は生年―没年です。

あらすじ・内容をもっと見る

百年小説はこんな本です

百年小説の感想・レビュー(54)

ふりがなあるし、字が大きくて読みやすかったけど、重すぎて膝の上に置いて読むのは辛かったり。
- コメント(0) - 3月11日

川端康成のバッタと鈴虫、泉鏡花の外科室、そして夏目漱石の夢十夜を贅沢に抜粋読み。気分で選んだけど、淡く、少し不可思議で、幻想的な三編だった。
★8 - コメント(0) - 2016年5月18日

図書館本。カウンターに持って行くと「初めてです借りられる人は!頑張って下さい!」と司書の人に励まされてしまうほど、分厚い本ですが、本好きの常として、読んでも読んでも読み終わらないある意味夢の様な本でした。私以外に借りる人はいないだろうと思い貸出期間を延長して一か月弱借りましたが、流石に全編読むのは無理でした(笑)でも、今まで名前だけしか知らなかった作家の作品を初めて読んで「ああ、こんな作品だったんだ、、」といい意味で衝撃?を受けました。文字も大きくて読み易く、時間があればずっと読んでいたいような本でした。
★10 - コメント(0) - 2016年2月1日

Lee
面白いって思った話が好きな作家だったときにやっとしちゃうやつ。
★5 - コメント(0) - 2015年10月24日

森鴎外の『杯』と島崎藤村『伸び支度』、有島武郎『小さき者へ』、江戸川乱歩『押し絵と旅する男』がお気に入り。
★10 - コメント(0) - 2014年11月19日

これもう最高。「本は読みたいけど、とりあえず何を読めばいいか分からない」という人は、『百年文庫』かこれから入るといいと思う。個人的には、頭に掲載されている森鴎外の『盃』が大好き。いきなりこれから始まっているのを見て狂喜乱舞してしまった。なんと美しい。
★6 - コメント(0) - 2014年6月8日

2013.08.26 読了
★1 - コメント(0) - 2013年8月26日

濃厚な果実がたくさん詰まっているような一冊だった。 どの短編も普遍性のあるテーマのせいか古さを感じさせず、むしろ新鮮な感覚を与えてくれる。 その人にとっての名作が見つかるはず。
★4 - コメント(0) - 2013年6月16日

図書館で。分厚すぎる本体がばらばらに解剖されてたので(笑)一冊ごとに読みました。細かく一冊ずつ分類されてると自分の好みのジャンルが速攻わかって便利ですね(笑)『汝』と『妖』が好きです。
★4 - コメント(0) - 2013年5月10日

描かれている世界がとても綺麗でした。 久しぶりに良い読書したって感じです。
★2 - コメント(0) - 2013年1月12日

冬休みにゆったりと本に浸りたかったので大学の図書館から借りて実家で読了。一つ一つ、密度の濃い作品ばかり。今までに読んだ作品や学校の教科書で読んだ作品もあって懐かしかったです。現国の文学知識で知ったけど読んだこともなかった作品も読めてうれしかったです。「「杯」と「風呂桶」、「死者生者」、「久米仙人」、「椿」、「鮨」、「サラサーテの盤」、「雲雀」、「虎」、「ゼーロン」、「渦巻ける烏の群」、「散歩者」、「聖家族」、「波子」が好きです。
★29 - コメント(0) - 2013年1月1日

百科辞典のような重量感なので専ら家で読む用に。これがあるということはすごい安心感でした。読み途中の本が寝る前の気分じゃないとき、外文続きで気分転換したいとき、思い出したように手にとって読みました。読み通してしまうと少しさみしい…。またループします。
★5 - コメント(0) - 2011年12月23日

図書室にあっておもしろそうだから買った。 少しずつ少しずつ、ゆっくり読ませていただきました。 ごちそうさま
★5 - コメント(0) - 2011年10月24日

ページ数も多いので、読むのは少し大変でしたが、厚さの分だけ読みごたえもありました。お気に入りは、藤森成吉の『雲雀』です。他にも、読んだことがあるお話もあったので、改めて読むとまた違った感想を持ちました。
★3 - コメント(0) - 2011年7月23日

五月二十八日〜
- コメント(0) - 2011年6月13日

良作の集まりだと心底思う。これを1日掛からず、三時間で読んだ集中力は、凄かった。本来は一分四ページだから、普段の1.5倍速。本気で読めば、30分で500だから、際立って早い訳じゃないけど、久しぶりに熱中した本だった。
★4 - コメント(1) - 2011年4月20日

ちょっとずつ読み進めて、数ヶ月掛けてようやく読破。本当に良作がいっぱい揃っていて、そこは満足なんだけど、本のデカさと重さが集中力を奪っていた気がするw。全部、文庫で渡されてたらもっと早く読み終わってただろうな。
★19 - コメント(0) - 2011年1月12日

とにかく分厚くて重たい本。しかしそれを押しても読む価値大。読み進めるうち、この本の分厚さ・重たさに愛着さえ感じるようになりました。
★4 - コメント(0) - 2010年10月9日

ようやく全部読了。面白いのと面白くないのと半々くらいかな。もちろん趣味の問題で。
★6 - コメント(0) - 2009年5月19日

明治から昭和初期までの日本作家51人の短編を集めたもの。鴎外で始まり太宰で終わる二週間の長く濃密な道のりでした。既読初読混合戦で収録作の好き嫌いもあったけれど、とにかく日本語は美しいと改めて実感。美しい言葉で綴られる物語の尊さも。全編通読がキツイ人は好きな作家を拾い読みして気が向いたときに他を読むのでもいいから、多くの人に触れてほしいと思った。日本文学って本当にすごい。本書の難点である厚さと重さは愛と好奇心で補いました。
★22 - コメント(3) - 2009年1月26日

年末から少しずつ読破
★4 - コメント(0) - 2009年1月5日

今読んでいるみんな最新5件(18)

01/17:かじみつ
09/19:ちー坊
05/26:緑葉

積読中のみんな最新5件(26)

09/27:マリー
02/26:白葱
02/11:
01/31:シュウ
01/09:shintaro

読みたいと思ったみんな最新5件(103)

02/24:アイン
01/08:iti2
12/06:白狐
11/18:鴨ミール
百年小説の 評価:81 感想・レビュー:22
ログイン新規登録(無料)