オトメン(乙男) 第14巻 (花とゆめCOMICS)

オトメン 第14巻 乙男巻はこんな本です

オトメン 第14巻 乙男巻の感想・レビュー(404)

樹虎がめっちゃしゃべってたなー!いいなぁ、福引で海外旅行!春日の話。2度も飛鳥ちゃんを好きになる。違う漫画のジャンルだったらねぇ(笑)。ツンデレラ城がすごい笑えた!多武峰父かっけー!!
★1 - コメント(0) - 2016年6月25日

みんなの進路と親の思惑が今後どうなっていくのか楽しみになってきた。でもさ、みんなの親がそれぞれスキルある仕事で好きなことと仕事を両立させるのは難しいけど、少女マンガという事でハッピーエンドになったら嬉しいな。
★5 - コメント(0) - 2016年5月29日

花なの精のはなしがファンタジーだった。
★1 - コメント(0) - 2016年4月25日

…それはね お花の 向こうに みんなの笑顔が 見えるから ――― | オトメンも 悪くないな って… | 本当に相手の 事を思うなら 時には… 心にメイクを することも 必要だ――
★1 - コメント(0) - 2015年10月6日

進路 都塚さん。なんて乙女。
★3 - コメント(0) - 2015年4月21日

いい巻だった。
★1 - コメント(0) - 2014年11月8日

樹虎&久利子メインのお話がメルヘンでした。ピュア充太がスゴい違和感でしたが、何となくうまく行きそうな雰囲気でよかったよかった。そして春日の片思いにもついに決着が。次はちゃんと女の子に恋できるといいね?多武峰、素でフリーパスって^^ツンデレラ城、ちょっと行ってみたい…
★5 - コメント(0) - 2014年8月31日

樹虎が当てた町のくじで当選して、外国へご招待された幻の花の話。春日の幸花ジュエルへの恋の終わりを告げるお話も。この話で多武峰の将来、飛鳥ちゃんの母に見つかる話がリンクしてあり、最終巻への布石がちりばめられてます。 久利子と春日があまり好きではないので、このお話はあまり好きではない巻だったかもしれないです。 あと、表紙は久利子なのか有明なのか分からない(゚Д゚;)??書き分けを見分けるコツが欲しいww
- コメント(0) - 2014年7月18日

多武峰親子がかっこよすぎます。
★1 - コメント(0) - 2014年4月30日

再読
★1 - コメント(0) - 2014年3月8日

ツ、ツンデレ城・・・。多武峰働けそうじゃん!(笑)
- コメント(0) - 2014年1月5日

今回の樹虎は男前でした。春日の「ただのバイブルか・・・」に笑い。
★2 - コメント(0) - 2013年10月10日

半分が樹虎、半分が春日の話で、なんというか、憎らしかった春日が一気に可愛く見えてしまう話だった
★1 - コメント(0) - 2013年9月13日

男性諸君のスキル高いです…
★1 - コメント(0) - 2013年3月8日

番外編かと思うほど樹虎メインの話はぶっ飛んだファンタジーでしたが、これが意外と面白かった。樹虎もたまに眼の表情が見えると格好良いし。でも眼付きの樹虎と充太とユタの見分けがつかず苦労した。表紙は大和らしいけど久利子ちゃんにしか見えないし。多武峰の登場は何かお久しぶりな感じ。今回久しぶりに格好良く見えただけかな。しかし多武峰は趣味がメイキャップなだけで、性格的にはそんなにオトメンじゃないよなーと思う。春日の方がよっぽどオトメンではないだろうか。それとも恋のせいですかね。
★6 - コメント(0) - 2013年1月23日

まさかのファンタジーだった。でも樹虎が活躍してて凄く嬉しい。みんなの進む道が気になる…。飛鳥はどうするんだろう?
★2 - コメント(0) - 2013年1月2日

ツンデレラ城いってみたいwww
- コメント(0) - 2012年11月28日

まさかの再登場ですか! ジュエル先生!! 再登場すると思っていなかったですぅ(;゚Д゚)!
- コメント(0) - 2012年11月25日

ファンタジー…オトメンならではって感じですね!春日さんの話は結構好きでした。ツンデレラ城おもしろい(笑)多武峰ターンと皆の進路が気になります。結局表紙は誰なんでしょう?久利子ちゃんかと思ったけど「彼」って言ってるから違いますよね…。
★2 - コメント(0) - 2012年10月14日

発売日ころ購入して読みました。ファンタジー。
- コメント(0) - 2012年9月30日

レンタル。樹虎の花への思いが凄すぎ。精霊をみるまで極めているなんて。また、進路に悩んでいるような飛鳥。そんな時に春日の恋を応援したら飛鳥が女装したジュエルだったなんて。複雑だよね。でもピンチに多武峰がきてくれて良かったよ。彼も悩みがあるようだけど。
★14 - コメント(0) - 2012年9月5日

めちゃくちゃファンタジーだった。普段目が隠れて見えない樹虎の目が見えるとなんだかキュンキュンしてしまうwツンデレラ城・・・行きたい!みんなの進路が気になるなぁ
★1 - コメント(0) - 2012年9月3日

春日がまっすぐすぎて辛いwwwwww樹虎はようやく周りの人を認識できたようだ。それにしてもファンタジー…。多武峰ツンデレすぎですおいしいですペロムシャァ
- コメント(0) - 2012年8月31日

ファンタジックでした。春日の恋物語もおかしかった。進路のことは高校生を主人公にしたら必ず出てくるファクターですね。やっぱ多武峰くんかっこいい。
★1 - コメント(0) - 2012年8月19日

表紙は久利子…?いや、女装した有明氏にも見えたり…。どっち?← 中身は樹虎、春日(多武峰)の話。樹虎の方はいきなりのファンタジーで吃驚。妖精が可愛い。あと、ユタがあまりにも橘とそっくりで…二人が遭遇したら楽しそうだなと思ったり(ドッペル的な意味で)。後半…春日の性格に吃驚しつつ。春日がらぶちっくを“バイブル”と称した点、多武峰がツンデレラ城に違和感無く入れた点がツボ。あと、何故誰も虚無僧に突っ込まないのさ…(笑) そして、やっとこ核心に近づいてきたのかな?これからどうなるやら。
★4 - コメント(0) - 2012年7月31日

樹虎の幻の花の話はまさにオトメンテイストというか、他の少女漫画にはなかなかないファンタジーな話でした笑 そして春日の片思い話…春日のキャラが変わってくのが面白かったです。 そして多武峰…どうなるのでしょう…><でもひとまず、なんだかんだで飛鳥のことが気になって仕方ない多武峰は可愛いに尽きますね。
★1 - コメント(0) - 2012年7月30日

素でツンデレ城に入れる多武峰に笑わせてもらいました(^_^)
★9 - コメント(0) - 2012年6月25日

樹虎君のことを心配している久利子ちゃんと花を愛す樹虎君の話はうるっと来ますね。「花が咲くとその先に笑顔が見える」という言葉が春に感じる浮き立つ気持ちを思い出しました。ツンデレ多武峰の助けによって虚無僧飛鳥(笑)は生まれ変わり、春日は初恋のトラウマを振り切れました。春日と飛鳥はこれから乙男談義で仲良くなって欲しいな・・・・。
★14 - コメント(0) - 2012年6月9日

話がすごい事になってて、ファンタジーだったり、春日の恋物語だったり…個人的には多武峰の行く末が気になります。
★3 - コメント(0) - 2012年6月2日

樹虎の話のハズが、印象に残ったのは春日の方(^_^;) 虚無僧に対してアノ態度はないでしょうwww スキーンってwwwwww 恋は盲目なり。多武峰のこの先も気になります。柱に次は多武峰の回で、アシさんにはお父さんが好評だったって・・・続きが気になります(>_<) (★★★★☆:繰り返し読みたい本)
★2 - コメント(0) - 2012年6月2日

前半は樹虎のターン!海外旅行が当たって喜ぶ樹虎可愛い!!充太ファンとしては、ユタを単発キャラで終わらせてしまうのは勿体ないと思うので、どこかで再登場してくれることを祈ります。後半は多武峰のターン!…のはずなんだけど、春日のピュアさが凄く印象的でした。こんなキャラだったんだこの子!? 可愛すぎるw
★2 - コメント(0) - 2012年5月4日

迷走しているなぁーと思います。
★2 - コメント(0) - 2012年4月27日

うーん、最初の方の破壊的な面白さはなくなっちゃったなー
- コメント(0) - 2012年4月15日

前半はともかく…なんつーか、「震災に影響されて」とか言われてもなぁ。後半はやや進んだ。けど、もっとさくさく進めて欲しいな。「女になりたかった」といって出て行った父親が今は普通にパティシエしてるってことにようやく気付いた飛鳥。なんでなんだろーね。20巻くらい続きそうだな… あと、表紙が誰だかわかんない。
★3 - コメント(0) - 2012年4月10日

心にメイク。…深いな。
★4 - コメント(0) - 2012年4月10日

飛鳥とりょうちゃんが改めてお似合いであることに気づく。春日頑張った!
★4 - コメント(0) - 2012年4月9日

表紙がかわいい。ハァハァ。りょうちゃんと飛鳥の安定感ハンパない。
★1 - コメント(0) - 2012年4月9日

始めはどうかと思ってた春日くん。春日くんの行き着く先はやっぱり飛鳥くんだったってことですね。もう、見守ってあげるしかない!でもきっとこれで次のステップにいけますね!頑張って、春日くん!
★2 - コメント(0) - 2012年4月8日

前半はファンタジーすぎて「あれ…何読んでるんだっけ?」と思ったりもしましたが、花の向こうの「たくさんの笑顔」の存在に樹虎が気付けて良かった。そして春日もオトメン化しつつの退場。まともな男子がいなくなっていく…(笑)。とうのみね君の話は、次巻へと続く。進路と趣味と…の問題は飛鳥にも関係してきそうですね。
★5 - コメント(0) - 2012年4月7日

(M)海外旅行と進路
- コメント(0) - 2012年4月1日

オトメン 第14巻 乙男巻の 評価:28 感想・レビュー:84
ログイン新規登録(無料)