桜の花の紅茶王子 6 (花とゆめCOMICS)

桜の花の紅茶王子 6 (花とゆめCOMICS)
192ページ
229登録

桜の花の紅茶王子 6巻はこんな本です

桜の花の紅茶王子 6巻の感想・レビュー(179)

健太かっこよかったのに、最後の最後で惜しい(笑) アールグレイの最後のお願いが明らかに。そんな流れだったんだ。そして、サクラとアッサムと、紅牡丹が幼馴染だった事実が。サクラの過去編は、読んでて切なすぎる。本当に好きだったんだ。 アッサムとサクラが話すシーンは好きだな。たとえ記憶はなくともきっと新たな関係を築けるはず。 ★★★★★
★5 - コメント(0) - 2月8日

Ai
吉乃ちゃんの彼シャツ姿に照れちゃった健太が可愛すぎて!木漏れ日カフェいいなぁ。やってみたい。そしてサクラとアッサムと紅が幼馴染の親友だったという衝撃。
★1 - コメント(0) - 1月10日

アッサムとさくらの話多かった。アッサムいなくなってからのあちらの世界の話があって懐かしかった。アールグレイへの願い事の内容もわかりちょっと切なかった。
★1 - コメント(0) - 2016年12月8日

健太が吉乃を助けに来たけど彼女だって言い間違えるの面白い。アッサムとサクラの関係。アッサムのこと忘れてるの切ない。
★3 - コメント(0) - 2016年10月20日

吉乃のピンチを救った健太。何だか2人が急接近♡モヤモヤが止まらないサク。話的にはサクが本命なのかなとは思うんだけど、健太も応援したいんだよね。この巻でアールグレイへの最後のお願いが何だったのかが分かった。アッサムとサクラの関係、サクラと八重の別れ、過去を綴った最後のお話は切なかった。紅出てきたよー!ペコーも!セイロンとアルにも会いたいなぁ。
★8 - コメント(0) - 2016年10月6日

知りたかったアルの最後の願い。アッサムとサクラの関係。やっぱりみんながアッサムのこと思い出すのは無理なのかな~(T△T)辛すぎる。
★1 - コメント(0) - 2016年9月28日

ako
八重の3つの願い事と、サクラに対する気持ちがわかりました。アッサムとサクラの関係も、アルが叶えた最後の願い事も。色々わかってくるにつれてますます切なくなる。
★9 - コメント(0) - 2016年9月24日

健太がかっこよくてかわいい。
★1 - コメント(0) - 2016年9月23日

元祖紅茶王子が好きな自分にとって、アッサムの話はとても嬉しい。アッサム推しだったしな! 健太くんも可愛い。彼女とか、おかーさんとかwww 健太くん、幸せになれよ。そしてアルの最後の願い……。こんな形で知れるとは……。また元祖メンバーワイワイやってほしいなぁ。
★1 - コメント(0) - 2016年9月22日

健太、おいしい場面で勿体ない…!!サクラの思い入れ方は恋に発展しそうだ。アッサムの見守る姿があったかい。
★2 - コメント(0) - 2016年8月29日

どんどん王子たちが絡んできた。 読むのが少し辛い。 そして、サクラが危ういな。 アッサムと同じ道を進むのか、ここは健太が吉乃の隣をゲットするのか。 健太の彼女発言には笑いました。さすが、健太!話題に事欠かない。 みんな、今は楽しそうなのに、別れることを意識しなくてはいけないなんて、なんて儚い友情や愛情なんだろう。 とても悲しいし、辛い。 みんなに幸せになってほしいと思うのはいけないのだろうか。
★25 - コメント(0) - 2016年7月5日

久しぶりに紅とペコーが見れて嬉しい♪ この分だと、セイロンが出てきて最後にアルかなぁ… みんなが思い出しちゃうと呪いの意味がないし、そんな簡単に上手く行っちゃうのもどうかと思うけど、やっぱりアッサムがいてアルがいてミカwがいて染子がいてペコーが会長がいて玲ちゃんがいて… みんなの今がどうなってるのかすごい気になるしやってほしいけど、それやっちゃうと反則だし、新シリーズの意味がないからやらないでもらいたいとか、いろいろごちゃごちゃ考えちゃって困る^^;
★4 - コメント(0) - 2016年7月3日

5巻まで既読。文化祭回続き。そこからのサクラ・紅・アッサムの過去のお話がとても切なくて涙ちょちょぎれました。もう呼び出した人間と異なる性別の紅茶王子は呼ばれないとかって取り決めしないとみんな人間と恋に落ちて王子やめちゃうんじゃないか…いや、同性でもわからないけど(笑)。 しかし前半の作画崩れというか、健太の生え際が…
★2 - コメント(0) - 2016年7月1日

健太くんのこと応援したいんだけど、サクラのことを考えると胸が痛む…。どうなるんだろうこれは…。今回は何といっても、紅茶王子たちの視点でこの作品の舞台が見えてきたのが面白かった。アッサムとサクラと紅、並んでいる姿を見ると、切なさ倍増。だけど、これがアッサムの選んだ道なんだと思うと、忘れてしまわなければならなかった側の気持ちにも救いがあればいいのに…と感じる。あと、八重さんのところにいたサクラは幼い容姿だったので、その辺の想い方にはそこまで引きずられなくていいのかなと思えました。
★10 - コメント(1) - 2016年6月19日

紅茶の国のサクラと吉乃と一緒のサクラの見え方が少し違う?年齢か?うっすら三角関係、進行中。
★2 - コメント(0) - 2016年6月18日

アッサム、おっさんになったな~。まあ、あの健太が好青年になってるんだから当然か。紅茶王子時代の思い出話はかなり切ない...。
★3 - コメント(0) - 2016年6月18日

紅ちゃん再登場っていうネタバレ見ちゃったので、そこの驚きが薄まったのが悲しい。でもひっさびさに見た。でも久々のアルと、アルの最後の願い事が出て来て心底驚いた。そうかそうか……そういうことかぁ。ただ、そういう色々を詰め込んだ杏梨がどうも可愛くないのが惜しい。作者的には「よくいる我儘な子」って表現なのかもしれないけど、こういうレベルのきかん気の子ってあまり普通じゃないと思うわ。基本山田南平の描く子供は性格可愛くない。今巻の功労者は健太!健太とにかく可愛い。彼女くっそわろたw幸せになーれ。
★2 - コメント(0) - 2016年6月17日

急にアルへの最後のお願い事が出てきてかえってびっくりしました。とっくに帰っていたんですね。文化祭は健太君に持っていかれました。
★3 - コメント(0) - 2016年6月16日

前半の健太の「彼女」のくだりめっちゃ笑ったのに後半の展開にすべてもっていかれたな。サクラ危うすぎるな…。杏梨とジョルジの仲直りのところはほっこりした。大好きなパパのことみんなが思い出してくれるといいよね。ってかアッサム相変わらずかっこいいなぁ。紅ちゃんも素敵でした。アルもでてきてくれないかなぁ…久しぶりに姿がみたいなぁ。
★4 - コメント(1) - 2016年6月12日

紅茶の国の話しが読めて良かった!
★1 - コメント(0) - 2016年6月2日

八重さんの本当の気持ちとサクラが当時本当に彼女を好きだったことが判明したのと、健太という前作では赤子であった存在が成長し恋をし健闘する姿が描かれているのを見て、今作では紅茶王子と人間の関係、サクラと吉乃は主従のままで終わって、健太との恋をしてほしいかなあという気持ちに。特に八重さんの気持ちが判ったのが大きい…。あの姿を見た後に、吉乃とサクラで恋をされるのはなんだか…。もしサクラが人にと考えるとアッサムの時の「死者からは何も奪えない」の流れを思い出すけど相手が母親ではなく恋をした相手になるわけだしなー…
★2 - コメント(0) - 2016年6月1日

99
「彼女」。健太が可愛いwww頑張れwwwww/紅茶の国のお話。/前作メンバーが思ってたよりしっかりと登場するようになって嬉しい!…と同時に切なく懐かしい。
★1 - コメント(0) - 2016年5月31日

文化祭がなんだかんだあって、無事に終わる。健太のいい間違いはかわいいけど、恥ずかしいよね。うん。健太も健気だ。アッサムとサクラの関係。約束いつか思い出してくれるのかな。アルはどうしてんだろう?切ないなぁ。。。
★9 - コメント(0) - 2016年5月31日

紅茶王子は、やはり毎度毎度苦しくなります。今回は昔の話も出てきたりして、懐かしくなりつつも悲しくなったりして、やはり記憶が消えるって、死ぬことと同等なんだと思うよ。
★2 - コメント(0) - 2016年5月30日

文化祭と過去が交差する巻。過去は結構、サクラと紅とアッサムが三人で過ごしてきた時の記憶、八重とサクラの記憶、サクラと紅がアッサムを忘れてしまった瞬間までの記憶。かなりサクラとアッサムが仲良かったことが伺えてすごく切ない。そして健太と吉乃が良い感じで読んでいて一緒に照れる巻(笑)
★5 - コメント(0) - 2016年5月29日

サクラはアッサムと同年代の友達だったんだなあルフナと同じくらいの年下かと勝手なに思ってた。しかし本格的に全作知らないとちんぷんかんぷんなんじゃね?って感じになってきたなあ。
★2 - コメント(0) - 2016年5月29日

アッサム!アッサム!健太が本当良い青年に育っててかっこいいわ…。アッサムとサクラと紅とあとふたり描かれてるあのコマ、ダージリン?あと誰だろ。思い出せない…
★3 - コメント(0) - 2016年5月28日

あの健太くんもお年頃なんですね~。微笑ましい変化にニヤニヤしてしまいました。一方、何だかモヤモヤした感じのサクラ。過去の話がちらほら出てきて、前作を知っているとその過ぎた年月に何とも言えない切なさを覚えます。人と紅茶王子の間にある見えない一線。サクラはどういう決着をつけるのか気になります。
★7 - コメント(0) - 2016年5月28日

叫ばずにはいられませんでした。健太…!!健太の思いを確信した巻。過去の話は悲しかったです。忘れられること前提の約束。サクラには紅茶王子でいてほしい。
★4 - コメント(0) - 2016年5月27日

昔の紅茶王子も出始めて楽しい!サクラはアッサムと紅ちゃんと同年代なのか!好きな人と一緒にいれるけど記憶はなくなるって複雑…。健太が応援せずにはいられない可愛さ笑
★2 - コメント(0) - 2016年5月26日

健太!!アッサム!!アールグレーー!叫びたいポイントが沢山ありました(笑)そして約束、願い事、切ないポイントも沢山ありました。前作のメンツがどんどん出てきて嬉しい!
★4 - コメント(0) - 2016年5月25日

サクラ、忘れてる前提なのか。(・・;)
★2 - コメント(0) - 2016年5月25日

サクラ、無自覚なんだ!?うわーーー!そして、アッサムとホンちゃんとサクラは幼なじみかー。アッサムとサクラの約束が切ない。吉乃ちゃんはどうなのかな、どうするのかな。健太!健太ァァァ!!!奈子ちゃんの弟だなぁ男前だなぁ! そして山田市先生の好きな刀剣男子は誰なんですかね……。
★5 - コメント(0) - 2016年5月25日

思っていたよりずっと、紅茶王子の時の子らが出て来る出て来る…。怜ちゃんは向こうで王子の仕事に復帰してるんだなぁ。アッサムのママと恋人だったんだしうんと年上の印象だったけど、まだ頑張ってるの?アルへの最後のお願いを慌ただしい時に使ってしまった奈子は心残りないのかなぁ。
★3 - コメント(0) - 2016年5月25日

ray
懐かしい名前が沢山出てきて、アッサムとサクラと紅の昔話も聞けて、サービス満点でした。道行って聞き慣れない言葉になるだけで浪漫がある笑。サクは思い出すかなぁ。そこはあんまりほらないで欲しいような欲しくないような。曖昧なままでよい。アルに会えないけど、もう一度会いたいなぁなんて奈子の立場でずっと読んでいるかも。
★5 - コメント(0) - 2016年5月24日

健太がもう…もう…大きくなったねえ……!!(前作「紅茶王子」から読んでるとほんまそれなっていう感想)人間たちの世界と、紅茶王子のいる世界と、時間の流れが違うのがよりはっきり意味を持った感じでした。サクラはアッサムを思い出すのか?!続きがたのしみ!!
★2 - コメント(0) - 2016年5月24日

健太、頑張れ。しかし、ねえちゃん(奈子)がばんばん出てきた時点で、前作がかなり入ってくるなぁとは思ってたけど、娘効果(?)がやばすぎ。娘はこれからもばりばり引っかき回しそうな気配。新シリーズの主人公および紅茶王子たちがかすむなぁ。
★6 - コメント(0) - 2016年5月23日

サクラの嫉妬はアッサムのと同じような思いなのかな。そしてアッサムの事を思い出してくれるのかな。今後が気になります。
★10 - コメント(0) - 2016年5月23日

紅茶王子の年齢層ようやく把握
★3 - コメント(0) - 2016年5月23日

次の巻ではアッサムの兄貴肌が発揮されるのかな。楽しみ。
★2 - コメント(0) - 2016年5月23日

桜の花の紅茶王子 6巻の 評価:56 感想・レビュー:53
ログイン新規登録(無料)