星空のカラス 1 (花とゆめCOMICS)

星空のカラス 1 (花とゆめCOMICS)
192ページ
630登録

星空のカラス 1巻の感想・レビュー(504)

お試し読みを読んでて先が気になっていた作品。うーんうーん囲碁が分からないから対局の凄さとかそーなんだーって感じです。三月のライオンとかもそうだけどこういうのは本当に難しい。師匠は人間性を疑ってしまうが、首藤さんはとても良い人だわ。
★8 - コメント(0) - 2月6日

碁が好きな少女の話。少女の碁や周囲の人への思いがまっすぐで愛おしい。フラグが立ってる相手も個性的で好き。2巻以降検討。
- コメント(0) - 1月2日

じ、じゅうさん!? 年齢差があるから安易に恋愛話には繋がらなさそうだ。囲碁メインで進めていけば面白くなりそう。
★40 - コメント(0) - 1月1日

家族が「3月のライオン」を見始めて勢いが将棋なのだけど、もともとこっちを「読んでる本」に入れていたから先にこっちを読む。とか捻くれているが、しかし私は碁石は並べられるけど、将棋は基本ルールくらいしか知らないのだ。/和歌の一心不乱さは読むものを惹きつける。棋力もまだまだ発展途上のようだが、今後の対決が楽しみ。それぞれの因縁など人間関係の絡みは「ライオン」でも「しおんの王」でも出て来るが...と書いてきて、やはり将棋漫画は他にも多いなあ。稀有な女流囲碁打ちだし、頑張って欲しい。
★2 - コメント(0) - 2016年10月9日

女子中学生がプロ棋士を目指すスポコン囲碁漫画。ちはやふるの囲碁版みたいな感じ。やっぱ囲碁ってすごいわ。かっこいい。中二心をこれでもかと揺さぶられる。いやでもやっぱ囲碁を打つのって怖いよね!囲碁を人と対戦すると怖すぎて心臓がバクバク言ってストレスが半端ないの。私は詰め碁で精一杯です。この作品はとてもおもしろいんだけど、下手にラブコメに転ばないかが一番の心配点かなぁ。とりあえず続きに期待。
★3 - コメント(0) - 2016年7月24日

★★★☆☆
- コメント(0) - 2016年7月18日

無料お試し。囲碁の漫画読むの初めてだ。ルールも知らないし読んでも覚えられなかったけど、熱気は伝わった。某将棋漫画を読んだ時にも感じたけど、一見静かなやり取りなのに内側では何手も先まで予想して計算して壮絶な闘いが繰り広げられてる立派な競技なんだなぁ。頭フル回転で精神も磨り減って、身も心も消耗してしまう様な激しさに魅せられた棋士達を見ているだけで私は疲れちゃうけど…。でも目が離せなかった。この先は少女漫画らしく恋愛的な要素も入ってくるのかな?
★6 - コメント(0) - 2016年6月5日

『ヒカルの碁』以外の囲碁マンガを探していて発見したのですが、なかなか引き込まれました。一番驚いたのは心情描写がとにかく濃いことで、登場人物たち(特に和歌)の情念のようなものがひしひしと伝わってきました。しかし、基本は少女マンガなので和歌と総司の甘酸っぱいやり取りもあるのですが、この心情描写の濃さと鬼気迫る絵の後に少女マンガなやり取りを見せられると正直、反応に困ります(笑)。また、ヒカ碁に比べて専門的なやり取りや言葉が多いので、少女マンガ要素に抵抗がなければ経験者はこちらの方がニヤリとできるかもしれません。
★10 - コメント(0) - 2016年4月14日

けっこう囲碁していて、ビックリ。師匠17才にはみえません。
- コメント(0) - 2016年4月11日

わかちゃんかわいい
- コメント(0) - 2016年4月7日

モリエ先生初のスポコン?囲碁のことはよく分からないけど、息を呑むような展開に引き寄せられる。
★1 - コメント(0) - 2016年2月18日

20130225#1┊20140415#5┊再読
- コメント(0) - 2016年2月3日

囲碁。和歌ちゃん可愛い。
- コメント(0) - 2016年1月26日

★★☆☆☆ 花ゆめ系にしては恋愛要素が薄い。囲碁好きじゃないと本気で楽しめないんじゃないかな。まるでその世界を知らない人からしたら確実にちんぷんかんぷんで終わる。あとキャラの薄さが気になった。物足りない
★1 - コメント(0) - 2016年1月25日

え。 竹俣紅ちゃんやん。
★2 - コメント(0) - 2016年1月25日

電子書籍無料版にて読了。静かに向き合う碁盤の前、私は確かに光を見た気がする。それは夜空に輝く星のようでした。何度雲に覆われようと、何度月の明かりにかき消されようと、そこに星はあり続ける。自身が光る術を諦めなければ、やがては姿を現します。盤上の上で繰り広げられる闘いは溢れんばかりの熱を生み出し、その熱に私は呑み込まれそうになってしまう。けれど、いつだって囲碁は私の世界を広げてくれました。可能性があるのなら全力で。目指すと決めた、プロの棋士。待ってて、いつかそこまで辿り着くから。夜空に一際輝く一等星へと――。
★27 - コメント(0) - 2016年1月25日

私は囲碁に興味がないと再確認… その上、ヒロインが13歳で恋愛よりプロ棋士になる方が大事みたいなので、少女漫画らしい展開は今は期待出来そうもない… ヒロインがプロ棋士になれたらストーリーが恋愛方面に向くのだろうか…
★6 - コメント(0) - 2016年1月23日

囲碁で少女漫画。これで13歳とか和歌すごい大人っぽい。正直囲碁のことはよく分からないけど、なんか好きかもこの漫画。機会があれば続きも読んでみたい。
★19 - コメント(0) - 2016年1月19日

前から気になっていた作品。十三才の烏丸和歌は囲碁が大好きでプロを目指しているが、母親に反対されている。プロの鷺坂総司との出会いが和歌の運命を変えていく。和歌は外見が大人びて見えるのに、中身は年相応な感じがかわいくて応援したくなる。鷺坂は基本俺様な性格だけど、囲碁に関しては真摯で繊細。そのギャップに引き込まれる。人が何かに打ち込む姿は美しいと思った。りっちゃんと飯塚さんの囲碁講座が初心者でもわかりやすく読んでいて楽しい。
★3 - コメント(0) - 2016年1月2日

囲碁な少女漫画、わかちゃんが見た目中学生には見えませんが、中身は可愛らしい中学生っぽかったです。楽しいからは始まりなのかも知れませんが、決してそれだけではないようです。
★3 - コメント(0) - 2015年9月10日

前から気になってて、知り合いがすごくハマってるから買ってしまった! やー、囲碁ってヒカルの碁しか知らないけど、やっぱり難しい! でも、そーゆー難しくてわらないことがあっても、人の気持ちとか強くなりたいとかその強さに憧れるとかの、そんな部分がすごく丁寧で熱くて、みんな真剣で、そこにぐっと惹かれるお話だったな。読み応えがあるというか。 私は鷺坂と首藤さんの同門コンビの若い頃が読みたい(笑)
★2 - コメント(0) - 2015年9月6日

面白いんだけどなかなか読み進められなかった。 ロリコンになっちゃうのかな?この二人のラブ展開がきになる。
★2 - コメント(0) - 2015年7月30日

囲碁のマンガだけど恋愛もある。13歳という年齢の主人公の話を読むのは少し憚られるけど、見た目もとりまく世界も13歳のそれではないのでまぁいいことにする。私自身が童顔で小さいので真逆の設定のキャラにどうも弱いんです。長身老け顔ってだけで好きになれる。内容はまだ序章ながら結構サクサク進むので面白いです。個人的に総司の見た目と打ち方のギャップに少しやられました。ギャップ感じなければ読み続けてなかったかも。
★7 - コメント(0) - 2015年6月1日

今度は囲碁。ワカが13歳には見えない大人っぽさ。両頬に「13才です」と書いた鷺坂案は名案だったと思う。
★1 - コメント(0) - 2015年5月10日

再読。 碁の漫画。
★4 - コメント(0) - 2015年5月5日

主人公がよかった。一直線に打ち込むものがあるのは素敵ですね。
★3 - コメント(0) - 2015年4月24日

お試し読みの一冊。恋愛中心の少女漫画に囲碁の世界は新鮮な試みですね。この先、囲碁に比重を置くのか、ラブに比重を置くのか、ちょっと気になるのでもう少しだけ読んでみようかな。
★8 - コメント(0) - 2015年4月11日

囲碁の基本だけは分かってるのでより楽しめた。どうしても、ちはやふると比べて考えてしまいたくなるけど、ちはやふるを個人的に面白く感じ始めたのは7巻くらいなので、もう少し読み進める。才能の話になるか挑戦の話になるか楽しみだ。
★4 - コメント(0) - 2015年3月24日

和歌ちゃんの頑張っていて、夢も見つけて、でも家族に理解してもらえない。そんな苦しさから「ママ嫌い!」と言ってしまうところは、この年の独特の家族との上手くいかなさが表れていて良いなあと、私もそんな感じだったなあと思った。もがいて頑張って夢をかなえてほしい。
★4 - コメント(0) - 2015年3月23日

少女漫画で囲碁って言うのは中々思い切った題材なんじゃないですかねー。6巻の少女漫画とは思えない表紙に心惹かれて、ちょっと手を出してみたんですが。烏丸和歌。13歳の女子。祖父の影響で囲碁にはまった少女。まぁ、その祖父は、家族からは嫌われていたようですけど。囲碁に全てを捧げすぎて、家族が倒れても対局を優先した過去なんかもあるようで。
★7 - コメント(1) - 2015年3月20日

普通って感じ。あまりのめり込めなかった。読んでてワクワクしなかったし、キャラクターやストーリーに魅力を感じなかった。続きもどうでもいいかな。まとめ買いしなくて良かった。
★4 - コメント(0) - 2015年3月16日

★★★★★
★2 - コメント(0) - 2015年3月11日

再読。囲碁をするために勝ちたい和歌とプロになることを許されないから勝ちたい八日町くん、囲碁をやめるために勝ちたいはーちゃん。勝ちたい理由が三者三様で対比が面白いです。13歳故に言動がストレートな和歌は純粋に応援してあげたくなる。そういえば鷺坂さんまだ17歳だったのか…メイン二人の年齢と見た目がマッチしてない(笑)和歌の長い黒髪が故事に由来してるのもいいなぁ。
★4 - コメント(0) - 2015年3月10日

ri
囲碁はじめました
★3 - コメント(0) - 2015年3月3日

囲碁・将棋が漫画の題材として定着したのね。
★1 - コメント(0) - 2015年3月1日

おもしろかった。勝たないとっていう緊迫感もよい。ちゃんと囲碁感が伝わってくる。囲碁ルールわかんなくても面白い。励まされるし勇気が出るような漫画。
★5 - コメント(0) - 2015年2月22日

6巻が出たので1巻から再読しました。鷺坂七段がめちゃくちゃかっこよく、「星空のカラス」のヒットは彼のキャラクターによるものと私は思っています。 「自分の正しさは勝って示せ」 名言です。
★2 - コメント(0) - 2015年2月21日

面白い、です。わかちゃんかわいい。どうしても囲碁漫画というとヒカ碁を思い浮かべがちだけど、それとは一味違ってこれはこれで面白かった。鷺坂さんと安易な恋愛に落ちないでおくれ…。
★3 - コメント(0) - 2014年12月19日

ヒカルの碁もそうでしたが、ルールを知らない人でも楽しめるマンガです。盤上の戦いの雰囲気にすごくドキドキします。あ。ルールを知りたい方は、いいづかさんが初歩から教えてくれますよ(^^)
★23 - コメント(0) - 2014年11月11日

星空のカラス 1巻の 評価:54 感想・レビュー:175
ログイン新規登録(無料)