パレス・メイヂ 6 (花とゆめCOMICS)

パレス・メイヂ 6 (花とゆめCOMICS)
187ページ
340登録

パレス・メイヂ 6巻はこんな本です

パレス・メイヂ 6巻の感想・レビュー(270)

レンタル。よしよし、近付くのに成功だよ◯次は最終巻!今から楽しみ‼
★7 - コメント(0) - 3月22日

レンタル。鹿王院はやっぱり意地悪だなぁって思ってしまった。まさに大人げない。近くまで行かせてくれるけれど会わせないなんて!
★23 - コメント(0) - 3月22日

5/5
★1 - コメント(0) - 3月12日

主人公2人の恋を本気で応援してる希少な王道少女漫画
★4 - コメント(0) - 3月10日

1巻ふらっと買ったら面白すぎて翌日全巻購入。いいなー、わかりやすくてすごくいい。御園くん諦めなくて偉いし、陛下も強くてカッコイイ。カッコイイヒロインは素敵だ!次巻、まさかの最終巻みたいだけど、どんなエンドなのかとても楽しみ!!アニメ化もしてほしいな〜〜!
★3 - コメント(0) - 3月6日

こんな華麗に御裳裾を捌ける女子がいるだろうか。震災により打撃を受けた帝都、帝から突き放された御園は真珠から主上軍服デビューの真相を聞く。そしておとな気ない宮様の横槍を受けつつ、再び宮殿へ。「広き籠」になるための御園の選択に脱帽! あきらめちゃダメなのだ。
★26 - コメント(0) - 3月5日

切ない~
★1 - コメント(0) - 3月3日

宮さまにしてみればなあ、先代があのタイミングで死ななければ普通に嫁になった人だから諦めきれないよなあ。余裕がありそうでないところがかわいいと思う。少年時代が終わり、青年へ。東宮が立派に育てば自由が来るから、選択はありだね
★4 - コメント(0) - 2月26日

明慈帝が願ったように、二人が傍にあれるようにと思う。ハッピーエンドが見たい。
★5 - コメント(0) - 2月25日

時間が何かを変えるのかしら。いい方向に変わってほしいな。
★6 - コメント(0) - 2月23日

先輩侍従の東辻たちの助けを借りて宮中に潜入する御園。こうやって助けてもらえるのも、身近にいて御園の真情や性格をよく知っていたからだろう(先輩たちも大いに楽しんでいる部分は否定しないが)。いままで御園に対立的だった真珠様やアスター夫人の態度の変化、そして東宮の侍従という裏技(?)で御園が宮中に帰ってきた。風向きの変化を感じつつ、最終巻への期待が高まる。
★7 - コメント(0) - 2月23日

電子書籍にて。
- コメント(0) - 2月22日

次で終わり…終われるのか…?
★3 - コメント(0) - 2月22日

ako
天長節の中止、お律の元にありながらなかなか公頼の手に戻らない指輪、みんなが協力してくれたのに小さな手に引き止められてなかなかかなわない再会。でも全ての歯車が急にうまく噛み合って良い具合に回り出した感じ。東宮侍従として東宮のお心を支えることになった公頼が彰子に挨拶した時には感動しました。自分の今の気持ちも伝えられたしウルウルきた今巻。次巻はいよいよ最終巻。
★18 - コメント(0) - 2月22日

最後のシーンあーそう来たか!と思ってニヤついた。指輪は幸せを運んでるなぁ。最後指輪をどうストーリーに絡ませるのか楽しみ。宮様も性格悪い!陛下も御園も純粋で一途でお似合い。ハッピーエンドでお願いやわ。次巻最終巻か。楽しみな作品が減るよ。
★14 - コメント(0) - 2月22日

ラストにびっくり。その手があったか! 次巻が最終巻らしいんですが……もっと読みたいな。
★2 - コメント(0) - 2月20日

それぞれがそれぞれを思う気持ちが切ない。御園がああいう形で戻ってくるとは…!次は最終巻なんですね。待ち遠しい~。
★4 - コメント(0) - 2月19日

震災で大きく揺れたのは、帝都だけでなく人の心も。お律ちゃんや真珠さん、典侍など、女性サブキャラクターさん達が、いい存在感出してきています。御園くんは、なるほど!その手があったかあ!
★7 - コメント(0) - 2月18日

指輪が帰ってきて御園も宮中に戻ってきた。次が楽しみと思ったら次で終わりか。少し寂しい。
★2 - コメント(0) - 2月18日

ドラマチック…!この言葉がぴったりだな。結婚もダメ、子供も生めないという陛下が、今後どうやって御園と生きていくのか、全然先が見えないけど、御園が東宮侍従になったなんて素敵!学生服を脱いだら途端に大人っぽくなって!お律や記者さんやら、出仕の先輩やら学友やら、色んな人の関係が繋がって話が進んでいくのが面白い。典侍がご寵愛を1人くらい奥で囲う覚悟はあったと言ってくれたのは心強い。陛下もいなくなって御園の大きさが分かったよな。…え、次で最終巻なの?!そ、それは今から正座して待ちます…が寂しい…
★34 - コメント(0) - 2月18日

やっぱりその時、1番正しいと思うことをすると、それが巡り巡って結果的に良いことになっていくんだよね…って、御園が怯える東宮を助けたシーンで思ったわ。「今日のパレスは大変な人ですこと!」ってアスター夫人のセリフ、絶対狙って言ってるよね(笑)
★8 - コメント(0) - 2月17日

次で終わりかぁ.いい雰囲気でいいんだけどなぁ.まぁでも頃合いっちゃ頃合いかもね.今回,ラス前でまとめにかかりはじめてるわけだが,ムリに急ぎもせず,いい感じで進行してんじゃん.いろいろある伏線の回収も順調.でも,指輪の件だけは,ちょっとしつこかったかも.まぁ,標的オーディエンスを考えりゃ意図がわからなくもないが.で,ラストは王道の引き.これ,連載時ならともかく,単行本のジャンクションだと本来あざと過ぎちゃうんだけど,ここまで臆面もなくやられると,かえって小気味よいの.そだ,ロンの出番,少なかったじゃねぇか.
★5 - コメント(0) - 2月16日

切ない話だなぁと思って読みながら、最後の展開に胸が熱くなりました❤️気がつけば御園も成長していたのね。(心だけじゃなくて見た目もさ)
★7 - コメント(0) - 2月16日

別れてから別の形で再会するまで。とはいえ今回の見どころは「裳裾はかように重かっただろうか」っていうモノローグとか典侍の「ご寵愛の一人ぐらい守る」っていう台詞とかあのくだりが全てですよ……
★12 - コメント(0) - 2月16日

どんな籠になるのか、ドキドキします。
★9 - コメント(0) - 2月16日

☆☆☆☆ 電子版。彰子自らの強さが彰子自身を傷つけてしまうという父帝の心配は、物語の現在ではその通りになってしまっていると思った。東宮侍従という形ではあるけれど、御園が彰子の近くに戻ってこられて良かった。次巻で最終巻となるらしいけれど、ハッピーエンドになりそうな気がして嬉しい。
★10 - コメント(0) - 2月15日

微妙に感じていたが、各キャラがキチンと向き合おうとする姿勢を見てだいぶ持ち直してきた感じ。お父様の件は格好良すぎるな、やはり彰子様は軍服が似合う。
★8 - コメント(0) - 2月15日

御園の成長、指輪も帰って来て、東宮侍従として彰子さまのお近くに。幸せになれればいいなぁ...。
★52 - コメント(0) - 2月15日

いいぞ、御園!
★3 - コメント(0) - 2月13日

とりあえず心の中でうわぁぁぁぁって叫びながら読んでました(毎回のことです)。当然の如く帝を助ける御園イケメン。そして御園の役目だったお裾持ちを誰にもやらせなかった(典侍をのぞく)彰子の心情にもやられた…。お律も自分の生きる道を発見できてよかったね。最後、御園が東宮侍従になるのはなんとなーく予想できてました。次巻、完結ということで…寂しい…。
★13 - コメント(0) - 2月12日

今巻も泣きながら読みました。最近本当に涙腺が脆い。。個人的に典侍の「ご寵愛のものひとりくらい奥では守る覚悟でございました」がぐっときました。陛下は勿論のことですが、御園も色んな人に助けられて支えられてるんだなあと実感した巻でした。次で最終巻なのが寂しいです。もっと読みたかったです(´・ω・`)
★23 - コメント(0) - 2月12日

宮様嫌いじゃないしちっさい男だけど御園を助けてやっただけで良しとしたい(えらそう)彰子さまが帝であろうとすればいばらの道を歩むしかないけど侍従として側にいられなくても御園がすぐ側にいてほしい。一巻から読み直すと男らしくなったよな〜御園笑。
★22 - コメント(0) - 2月8日

回想の明慈様ご崩御の場面は堪えきれず落涙…あゝ父の愛T_T。そしてお律ちゃんの転身が素敵でした。肝心の彰子様と御園のふたりは……もう兎も角ハッピーエンドに向かって頑張ってくれ〜!としか言いようがない。今夏の完結巻発売が待ち遠しいです。首を長くして待っている内にろくろっ首になりそうだ…
★23 - コメント(1) - 2月6日

次巻もしや最終回…? ★★★★★
★4 - コメント(0) - 2月5日

めっちゃ好きなのですが、前回のラストが衝撃だったので、切なくてすぐに読めなかった。でも、やっぱりすべてがすごくよくて。ラストの展開に期待がよぎる。もうほんと好き。
★11 - コメント(0) - 2月5日

切ない、切なすぎる。でも、あのラストがあるから御園がいるから、きっと大丈夫。
★11 - コメント(0) - 2月5日

彰子さまの強さが切ないなぁ・・・凛としてステキだけどね。お律ちゃんも強くて、賢くて、やっぱり「凛」としてる。自立できそうでよかったよ~。御園君は友人に恵まれてるねぇ・・・御園に冷たいように思えた真珠さんもアスター夫人もかれには好感を持ってたようだし、典侍の「覚悟」は彰子さまのためとはいえ、御園寄りともいえて・・・。御園君人望あるねぇ。そんな彼が、こういう形で帰ってきそうなのは予定調和的に予想できたけど、彰子さん・御園・お律、みんなが幸せになる展開を期待。次巻は最終巻かぁ・・・
★10 - コメント(0) - 2月4日

えぇ〜?次で終わりぃぃ!?
★3 - コメント(0) - 2月4日

ハ~ァ…(*^o^*)すごくよかったです!ハラハラどきどきワクワクきゅんきゅんいろいろな想いを味わえて…何度も読み返しちゃいました。彰子様、人として女性として思い悩み弱さ苦しさを抱えながらも凛とした佇まいがほんとに素敵。そして切なくて健気で…。次巻が最終巻!(さみしい~)御園が彰子様の「広き籠」としてどんな風に支えてさしあげるのか…彰子様をしあわせにして差し上げてね。彰子様のアンドレになってね!(帝都新聞の記者の佐伯さんってデーブスベクターに似てる(笑)
★48 - コメント(0) - 2月4日

御園はすごいな…最終巻、楽しみ。
★5 - コメント(0) - 2月3日

パレス・メイヂ 6巻の 評価:76 感想・レビュー:106
ログイン新規登録(無料)