ソウルメイト

ソウルメイト
199ページ
55登録

ソウルメイトを読んだ人はこんな本も読んでいます

陸王
5569登録

ソウルメイトの感想・レビュー(36)

超速読で読了。木村秋則さんの本は久しぶりに読んだ。木村さんの話でもスピリチュアルなの(宇宙人や龍など)はどうも苦手だったけれど、それよりもこの本は困窮の極みの中でも支えてくれた妻や友との絆が強調されていてグッときた。農業の傍ら、自然栽培を日本や海外に広める活動をしながらも、農薬使用する大多数の農家を否定はせず、性急な普及には反発を伴うことを冷静に分析する態度から、かえって彼の本気ぶりがひしひしと伝わってきた。
★13 - コメント(0) - 1月11日

奇跡のリンゴで有名な木村秋則さん。自然栽培でリンゴができるまでの苦労話の他にも、不思議な体験を、たびたびされたということも書かれています。何だか木村さんは、神様に選ばれたか、宇宙人なんじゃないかという気がしてきました。何れにせよ、農薬を使わない農業がもっと広がればいいと思います。
★5 - コメント(0) - 2016年11月5日

スピリチュアル本の『ソウルメイト』より、『ご縁』と言う方がしっくりする気がした。青森の不思議なお父ちゃんの不思議なご縁、みたいな。木村さんのやり方が世界中で普通の事になれば、地球の寿命も延びるのに。
★2 - コメント(0) - 2016年6月18日

木村さんのやり方が世界中に広まって、汚染された地球が少しでもきれいになったら良いですね。
★2 - コメント(0) - 2015年4月5日

平易な言葉の中に、とても大事なことがたくさん盛り込まれている。社会のあり方についても、人とのかかわりについても、農産物のことはもちろん。「絆」の文字について、しっかり撚りあわされた細い糸を半分に解くのは至難。それほどの「強さ」=絆。というくだりが印象深い。
★2 - コメント(0) - 2014年12月17日

哲学的な内容でした。絆、縁、ソウルメイト。今あるべきことを心を込めて必死にしていく。木村さんの経験を生かされた内容でした。木村さんの家族も、素晴らしい方なのですね。
★2 - コメント(0) - 2014年7月23日

木村さんの本をはじめて、携帯で読んでみた。木村さんの本は何冊か読んでいて、映画も見ましたが、目新しいことは書いていませんでした。しかし、この本は、木村さんの「友との絆」、「妻との絆」の側面から、書かれていました。この人は、ほんとに天に召された人かもしれないと思うほど、驚く体験をたくさんされています。話さなくてもわかってくれる友との出会い、奥さんとの出会いがあったからと書かれています。すべての自分の考えをすてたとき、自分の命さえも捨てようと思ったとき、大きな転機が訪れたようです。何かを貫く姿勢大切ですね。
★16 - コメント(2) - 2013年12月28日

映画もみました。夫婦間の絆がホントに素晴らしいと思った。何が何でも成功させる気持ちが大事なんだとも気づかされました。困っている時に何も言わず手を貸してくれる人、それは損得じゃないんですよね、そんな人に巡り会えるように自分も努力を重ねます!そして、困ってる親友には手を指し伸ばせる人になりたい。
★3 - コメント(0) - 2013年12月12日

 「プロフェッショナル」から「すべては宇宙の采配」を読んでこちらの本にたどり着きました。題名がなんだかな、とか、龍を見たくてUFOを見たくて、またそんな話やヒントが出てくるかな、とか、ちょっとたるんだ気持ちで読み始めましたが、反省。やっぱりただ者ではなかったのだな。すごいです。 
★3 - コメント(0) - 2013年10月22日

驚いたのは農薬や化学肥料が、土や水を汚染するだけではなく、大気汚染や地球温暖化の原因になっているという話。最近増えているゲリラ豪雨や竜巻、巨大台風の原因にもなっているというのも知りませんでした木村さんは無肥料・無農薬のリンゴ栽培を成功させるまでに長年大変な苦労をされたけれど、奥さんはじめ人に支えてもらっていたからこその偉業だったんですね。木村さんが日本や世界に広めている自然栽培(無肥料・無農薬の栽培法)が当たり前の世の中になり、皆が普通に食べられるようになったら素敵だなと思いました。
★5 - コメント(0) - 2013年9月1日

絆という文字は、糸へんに「半」。糸を半分に分けると書く。細くより合わせた糸を半分に分けることは、なかなかできない、それくらい固く結びついている関係を「絆」と呼ぶのでは☆★自分の存在を賭けても、相手のために尽くしたいと思う関係。そんな絆で結ばれた関係をつくれるような存在になれるような人がいるような人生にします\(^o^)/
★4 - コメント(0) - 2013年7月2日

まだ奇跡のリンゴを観てないのですが、予告は何度も観てるので内容はわかっていました。この本もそう言った体験談ものっていますが、いやはやすごい真面目な内容なのでびっくりしました。農家である我が家では耳の痛い話。木村さんも言ってますが、無農薬、無肥料で作物を作るなんて、ほとんど出来ません。でも如何に農薬が環境を破壊し、気候を変化させているのか分かる恐ろしい話です。変えて行かなければいけないのでしょう。
★31 - コメント(0) - 2013年7月2日

今読んでいるみんな最新5件(3)

07/29:おにぃ
07/03:shino

積読中のみんな最新5件(1)

読みたいと思ったみんな最新5件(15)

04/03:Haruna
ソウルメイトの 評価:67 感想・レビュー:12
ログイン新規登録(無料)