• 世界のエリートは大事にしないが、普通の人にはそこそこ役立つビジネス書

世界のエリートは大事にしないが、普通の人にはそこそこ役立つビジネス書

世界のエリートは大事にしないが、普通の人にはそこそこ役立つビジネス書
248ページ
195登録

世界のエリートは大事にしないが、普通の人にはそこそこ役立つビジネス書はこんな本です

世界のエリートは大事にしないが、普通の人にはそこそこ役立つビジネス書を読んだ人はこんな本も読んでいます

夜行
5234登録

世界のエリートは大事にしないが、普通の人にはそこそこ役立つビジネス書の感想・レビュー(117)

意外と大事なことをさらっと書いているので侮れない。
★1 - コメント(0) - 2016年5月21日

この本を読むと、楽しいと思えることを仕事にしていいんだなと思える。勇気をもらえる。
★1 - コメント(0) - 2016年5月6日

デイリーポータルZの編集長の著作。玉石混交のネットであれだけ長い間位支持されている理由の一端を感じた。コンテンツを作るものとして参考になった。 自己啓発じみたものはなく著者の人生観を窺わせる内容。 デイリーポータルZから漂うゆるい雰囲気はこの人からきているのだろう。
★1 - コメント(0) - 2016年5月5日

デイリーポータルZという面白系?サイト編集長による、サラリーマンとして、またコンテンツプロバイダーとしての処世術の紹介です。万人向けというよりは、この人をして、またこの業界をしてといった印象があり、個人的にはそれほど役立たなかったかも・・・。文体も柔らかく、気軽に、笑いながら楽しむ本でしたかね?
★2 - コメント(0) - 2016年5月5日

(図書館)「人気ビジネス書ランキングTOP100」みたいな雑誌に載っていた本。著者はネットコラムの投稿サイトを運営しているようだ? そのため、ネットコラムやブログ等の用いるコツが多く載っている。自分のように、ITと全く異なる職種になる人にはあまり役立たないかもしれない。が、何か所も参考になるところがあった。「本質的に素晴らしい」のではなく「いかによく見せるか」ということにコミットするのは有りな気がします。
★13 - コメント(0) - 2015年11月10日

ホント面白い。アイデアマンですね。でも人を動かすための読心術を用いて、非常に繊細でもある。
- コメント(0) - 2015年8月22日

電車の中で読んでニヤニヤしてしまうぐらい面白い。アイデアの出し方など何かと参考になるところも多い・・が、それよりも雰囲気が緩くて面白かった。自分もこういう文章が書けたらなあと思う。
- コメント(0) - 2015年8月11日

【○】● Webサイト デイリーポータルZの編集者による、ライトタッチのビジネス書。 ● サイト運営は赤字の中続けているのはライターのモチベーションと記事の迫力の維持、それをどうしていくが面白かったです。 ● 心に残った言葉は、「クレーム対応はプレイと思って対応する。」 (写真のほめ方)「普段使わない形容詞を使うと深いことを言っているように聞こえる。」 「感情は身体表現で書くともっともらしくなる。」
★6 - コメント(0) - 2015年7月4日

デイリーポータルZを通じた、ビジネスに役立つことを面白おかしく書いているが、普通に役に立つw マネジメントやメディアの捉え方、デイリーが大切にしている考えなど、深く読んでも勉強になりそう。当初思っていたよりも味わい深い一冊ですね。
- コメント(0) - 2015年5月27日

面白い!
- コメント(0) - 2015年5月23日

自分が面白いと思うことを工夫しながら進めているという視点に立てばすごく立派なビジネス書である。でも根っこのところで「なるべく働きたくない」というすばらしい軸があるので、平平凡凡とした仕事人のこころに突き刺さるポイントがいくつかあった。アイデア・企画・実行などクリエイティブな仕事をする人には参考になるのかも。タイトルにいつわりなし。ネットで楽しませてもらっているのでお礼として購入すべき。
★4 - コメント(0) - 2015年4月25日

自己啓発本ではない。
★2 - コメント(0) - 2015年4月7日

めちゃくちゃ面白かったです。できる人風に見せる小ネタ集みたいな。時々本質を突いてくるからドキッとする。きっと、著者の周りの人々は著者のゆるい性格を熟知しているし、だからこそ信頼されているんだろうと感じました。人間性って大事だなと、本旨に関係ないところで考えさせられました。為になる本。
★12 - コメント(0) - 2015年3月16日

読書ブログから。デイリーポータルZのゆるい感じはこの人から来てるんだ。 デイリーポータルがらみの話も多く、ネットで嫌われないための心得的なものも多い。「興味ない。」→「好きな人にはたまりませんね。」。『~ちょっといいアイデアが出たら反射的に「天才!」と言うようにするとスムーズに展開します。』。「人のものはなんでもおもしろがって、ぬるま湯な雰囲気を作っておくようにしている。そのほうが自分もそのぬるま湯を享受できる。ぬるま湯最高。」 意識低い系ビジネス書とでもいうか。割と好き。
★4 - コメント(0) - 2015年3月8日

働き始めたらもう一度。
★13 - コメント(0) - 2015年3月7日

★★★☆☆デイリーポータルZがそのままビジネス書になった感じ。
★1 - コメント(0) - 2015年3月5日

安定した林さん節。DPZ成立までの経緯も懐かしく読んだ。楽しかったですよねあの頃
★1 - コメント(0) - 2015年2月26日

肩の力の抜けたポジティブさが良い。自分が楽だし得だからということにしてライターに無理をしない、させないために禁じることがあるというやさしさ。
★3 - コメント(0) - 2015年2月22日

タレント本感覚で読もう
★1 - コメント(0) - 2015年2月10日

デイリーポータルZ編集長林雄司さんの自己啓発(?)本。ゆるいビジネス本というそもそも語義矛盾のある本だが意外と使えるテクニックも多く面白い。「集団ではしゃいでると見ている人に疎外感を与える」などインターネットで嫌われないマナー本としても有用。
★7 - コメント(0) - 2015年2月7日

俺、会社に向いてないなと思ったときに読むと非常に勇気づけられる、駄目思考人間によるビジネス書。普通の人にはそこそこ役に立つ、というエクスキューズがそのまんまで、会社に合わない人がなんとか会社にアジャストするための折衝策が満載。身に覚えのあるネタも多く、中身がないのに何か言ってる感じの言葉のチョイスとか(パワポの作成でよくやる)、催促メールをしれっと書くとか(普通に頼むと心苦しいのでよくやる)、つらいことも引いてみると面白いとか(現実逃避に客観視をよくやる)、ほどほどにポジティブな方策が俺向きで素晴らしい。
★5 - コメント(0) - 2014年12月22日

何度読んでも面白い。デイリーポータルZ好きなら読んで損はないでしょう。仕事ができるようになる、というより「人生が楽しく過ごせる」ようになるためのハウツー本だと感じました。人生楽しく面白く生きるために、大事なことがたくさん書かれていました。林さんの書く文章が好きなのでなんとなく買いましたが、こんなに素敵な本だとは……一生大切にしたい一冊です。って、重い!でも本当にそう思ってしまいました。
★4 - コメント(0) - 2014年12月13日

★★タイトルで想像したのと全く違う話だったが、時々目にするデイリーポータルZの裏話で興味があったので一気に読んだ。
★1 - コメント(0) - 2014年11月28日

お固いタイトルを大きく見せておいて、中身はゆるりふわりな林ワールド。 前からデイリーポータルZを通じて好きな人でしたが、更に好きに。 体力を温存しながらやりたくない時はサボるしけれどやるときはやるし逃げもありあり保険もどかんとそれでもそれなり何とか一目置かれるずるいビジネスマンになろう!はい! …いや、これ下手な啓発本よりすっごく良いですよ。面白いし。
★5 - コメント(0) - 2014年11月7日

いわゆるビジネス書をイメージすると全然ビジネス書ではないのだがビジネス書よりもビジネスに役立たないかというとビジネスの本としてビジネス書と比べればビジネス現場で大変ためになるビジネス本なのでむしろ本筋のビジネス書です皆様のビジネスにぜひとも生かして下さいビジネス。あと面白い。
★8 - コメント(0) - 2014年10月18日

おれにはこれくらいの指南書が丁度良い。読みやすかった。特に、第4章のインターネット上の処世術はなるほどと思うところばかり。ネガティブなことを書いても誰も嬉しくないよね。
★4 - コメント(0) - 2014年9月16日

楽するため(寝るため)、楽しむためにどう頑張るか、ということが一貫したメッセージ。状況分析力がすごいなー、頭のいい人だな、と思う。
★5 - コメント(0) - 2014年9月8日

下手なビジネス書よりも全然役に立つこと書いてあるw
★7 - コメント(0) - 2014年9月5日

デイリーポータルZ 林さんによる脱力系ビジネス書(?) メディアWebサイト編集のコツ満載だが、それよりもゆるーいビジネスコミュニケーションの根太帳として使える。だろう。いつでも手元にあるKindleならなおさら。 的な褒め方のコツなども。。
★24 - コメント(1) - 2014年9月3日

うしろの方は普通にビジネス書だった 気になった一文:えらい人はわりとすぐに変わっちゃうからだ/お詫びはプレイだと思って挑む/たいていの辛いことは引いてみるとおもしろい/ちょっといいアイデアが出たら反射的に「天才!」というようにするとスムーズに展開します/考え込むとアイデアがとまる/おっさん3人は鉄板/どうやら文字と話し言葉のNGラインは違うらしい/なにかの欠落をアイデンティティにすると、それがうっかり埋められたときに困ってしまうのだ/自分の親に説明するくらいの分かりやすさで
★8 - コメント(0) - 2014年8月26日

「やぎの目」を久しぶりに覗いてたら、管理人が明らかにネタっぽいビジネス書を出したとのことで衝動的にAmazonで購入。 ネタが多いかと思いきや、特に後半は普通に役に立ちそうな考え方が書かれていて、読んでて動揺した。一方で、「『iPhoneから送信』をメールの末尾につけて出先から急いでお詫びメールを送ったフリをする」とか、くだらん小細工を書いてくれていてとても安心した。 巻末付録の「大政奉還のプレスリリースを書く」とか、くだらない感じが超ツボである。
★5 - コメント(0) - 2014年8月10日

ビジネス書のパロディっぽくしながらも、ちゃんとビジネス書になっている。できそうだけど、ここまでやるのはそれはそれで大変だ。でも、せっかくなので、いくつかマネしようと思う。まずは、お詫びのメールから。
★4 - コメント(0) - 2014年8月9日

実はとても真面目な人。
★1 - コメント(0) - 2014年8月8日

世渡りがうまい。この程度できれば良いと思う。
★2 - コメント(0) - 2014年8月2日

最近、エリート系を謳ったの本が多く、非エリートがコンプレックス商法に嵌まってるけど、非エリ系こそ、こっち読め!!ってか、世界のエリートって誰なんだよ!!?
★2 - コメント(0) - 2014年7月23日

デイリーポータルZの林さんの本。役に立つようで役に立たないようで役に立つ本。東京トイレマップから今に至る裏話的なことも読めてお得。
★3 - コメント(0) - 2014年7月4日

ウィークエンドシャッフルの紹介で知り購読。全編ゲラゲラとなるかと思っていたら、編集の話題も多くてほんとに役立つトピックもたくさんだった。 とはいえ、やはりビジネスパーソンなら惹きつけられる、コンセプトを具現化したウィンウィンでユーザビリティに富む本でした笑 パワポたくさん作りたくなるなあ。
★3 - コメント(0) - 2014年7月3日

面白かった!10回は読み返してしまいました(^^)
- コメント(0) - 2014年6月30日

普通に参考になることがたくさん書いてあったし、世界のエリートが大切にしていることもかなり多かった。
★4 - コメント(0) - 2014年6月17日

「デイリーポータルZ」の編集長である著者による、出来るだけ楽して仕事をするためのメソッド集。 著者のウェブコンテンツを読んだことのある人にはおなじみの適度に脱力した文章で、楽しみながら仕事が出来るようなコツをいっぱい教えてくれる。かっこいいビジネス用語集とか相当笑える。それでいて実際に使えそうな内容もてんこもり……そんな本。ここに書かれているような内容が自然体でこなせるようになれば、そりゃ人生楽しくなるだろうな。一番見習いたいと思ったのは、「インターネット処世術」の項。すぐ出来ることは今日から実践しよう。
★7 - コメント(0) - 2014年6月13日

世界のエリートは大事にしないが、普通の人にはそこそこ役立つビジネス書の 評価:88 感想・レビュー:54
ログイン新規登録(無料)