夫が骨肉腫になりました

夫が骨肉腫になりました
131ページ
111登録

夫が骨肉腫になりましたはこんな本です

夫が骨肉腫になりましたの感想・レビュー(97)

【Kindle】事故にあったと思ったら、病院でまさかの骨肉腫宣告。もし、事故に遭わなかったら分からなかったわけで、不幸中の幸い?夫の発達障害説や、医療従事者への不信感、全てが巡り巡って苦しんで、ようやく手に入れた、平和な日常。月末に入院したら損をするという話も気になりました。
★13 - コメント(0) - 2月20日

健康は大事。家族は大事。独身だけど。
★3 - コメント(0) - 1月13日

息子さんの園児、小学校時代のコミックエッセイで身につまされることがあり、好きな作家さんの作品。共働きとはいえ、大黒柱である夫の体調不良、そして自転車事故を契機に見つかった腫瘍(骨肉腫)との闘病記。ちょうど夫側の遺産相続で親戚との関係が悪化したりしていた時期だけに、患者本人もさることながら、それを支える妻である作者の精神的苦痛、というのは想像してつらくなった。特に、幸せそうな息子の能天気さにすらイラつく、というのは、わかるし、自己嫌悪についても共感した。
★12 - コメント(0) - 1月13日

Kindle unlimitedで読みました。一家の大黒柱である夫が倒れた際の家族は大変です。著者が明るく前向きな方なのでこのような危機を乗り越えることが出来たのでしょう。家族のためにも健康でいたいものですね。
★10 - コメント(0) - 1月5日

緩く明るく描写されているけど、それでも中盤涙なしでは読めない(T-T) 病気になったご本人も、奥さまも、息子さんも、それぞれの立場でよく頑張っておられたと思います。
★1 - コメント(0) - 2016年12月23日

骨肉腫。マンガで描かれているのでユルくはなっていますが、やはり大変な病気ですね。壮絶な闘病生活に胸が痛みました。医師の対応も心が弱っている患者や家族に寄り添ったものであってほしいですね。病気のおかげで家族の大切さを再認識されたのは良かったと思いますが、それ以前の夫の「イヤな言葉は聞こえない⇒改善されない」というのが気になってしまいました。
★1 - コメント(0) - 2016年12月8日

夫が大病で倒れてしまったら。仕事、お金、担当医との関わりあい、患者と自分のメンタル問題。一気にいろんなものが降りかかってくる。明るく軽めに書いているけど、当事者はどれだけ大変だったか。予後も良いようで本当によかったと思います。
★5 - コメント(0) - 2016年11月7日

結構重い。骨肉腫だけでなくメンタル的な問題、経済的な問題が強く描かれてました。ホント、元気になってよかったですね。
★1 - コメント(0) - 2016年10月12日

【KU】家族が突然骨肉種(あるいは癌)となったとき、そりゃもちろん手術可能か、その後の再発率は気になることだけど、現実問題として医療費がどれだけかかるのか、ってのが主婦の私の一番の気になりどころ。実際家族がそうなってみないことには保険がいつどのタイミングで支払われるのかとかはわからないよね。死後よりも生前の医療費が多い保険には入ってはいるもののほんと怖い。最新医療は受けさせたいけど、それをカバーする保険に入ってないでは本人も家族もいたたまれないよ。
★9 - コメント(0) - 2016年10月6日

著者の夫の骨肉腫による闘病記。骨肉腫になり、医者とのコミュニケーションの不和とか、家族の苦しみなどあるあるが書かれている。幸いにも著者の夫は再発はしていないようですが、骨肉腫は恐ろしい病気です。家族が骨肉腫になった場合に参考になるだろう。
★2 - コメント(0) - 2016年8月29日

病気の症状や治療方法はあまり詳しくなく、どちらかと言えば家族目線の内容でした。身内に闘病中の人がいる方には「みんな同じような葛藤があるんだ」と少し気が楽になるかもしれません。
★2 - コメント(0) - 2016年6月23日

boo
図書館で気になり手に取りました。わりと軽い感じで描かれているので読みやすいですが、壮絶さを感じました。12歳のユルトくんの笑顔を守ろうとして頑張っていたけど、自分の言葉で傷つけてしまった時の気持ち…辛いなぁ。いろいろ辛いことも乗り越えて最後にロンドンに行けてよかったね。笑い話になるくらい長生きできますように。
★12 - コメント(0) - 2016年4月24日

大手術前でびくびくしているときに、主治医から「5年後の生存率が思ったより低いことがわかった」と言われてしまったときの、まきさんとご主人の気持ちはどんなんだっただろう、、、
★1 - コメント(0) - 2016年3月16日

3
- コメント(0) - 2016年3月6日

5年後、10年後に、まきさん家族の明るく楽しい後日談が読めることを祈っています。
★16 - コメント(0) - 2016年1月22日

“小学生男子(ダンスィ)のトリセツ”やブログからは想像もつかない様な闘病生活。ブログを止める事まで考えていたと後日明かされていたのも頷ける内容でした。大黒柱がこんな風に倒れてしまった場合、もしも自分だったら受け止めきれるかな?と思いながら読み進めるなか、実母も同じ様な気持ちだったんだなと、今更ながら気付かされました。しかぁーし、クロとらさんが想像以上の方でなんて言っていいのか…、雨降って地固まる?
★14 - コメント(1) - 2015年10月14日

症例が少ないだんな様の病気。つらく重い現実を受け止めています。きっと同じ病気の方々には心強い本となっているのだと思います。
★10 - コメント(0) - 2015年10月1日

やはり想像以上に お金の問題や 医療関係との渡り合いなど 深刻な問題が沢山ありますが それを ブログの明るい調子を残したまま 書ききった まきさんは やはり素晴らしいと思いました
★3 - コメント(0) - 2015年9月29日

図書館にて。ほんとはもっともっと葛藤があったんだろうなぁ。そして病気を乗り越えることによって今まで見えなかったものが見えたのかな?とにもかくにもよかったと胸をなでおろしました。まきりえこがんばったなぁ!
★21 - コメント(0) - 2015年8月19日

思っていた以上に深刻な事態に驚きつつ、動悸を抑えながら読んだ。端々に笑いを挟んではいるものの、あまりの深刻さに打ちのめされかけつつ読了。息子・夫が相次いで突然の闘病生活。双肩にのし掛かる家計と家事。そりゃあブログも止まるわ。能天気に更新を待っていたのが申し訳なくなってしまうくらい。大事なくて何よりでした。
★3 - コメント(0) - 2015年7月18日

ご主人はもちろんだけど、妻のまきさんの苦しみに胸が痛む…。なんの責任も負わずに済む子供になりたい、と心情を吐露する箇所、痛いほどわかります。息子さんも子供なりに頑張って…家族の絆って、絶体絶命の時にこそガッツリと浮かび上がるんですね。嵐を乗り越えたご家族にどうか明るい日々が続きますように、と思います。妻、母の、底力の美しさと逞しさに拍手。
★13 - コメント(0) - 2015年7月4日

図書館から。好きなブロガーさんのブログでは公表されなかった旦那さんの病状が詳しく書かれていたので読みました。いつものコミカルなブログの内容とは打って変わって物凄く重たい。旦那さんの病は勿論の事、家族関係やそれぞれののメンタル等本当に重たい現実が内容として描かれていました。
★2 - コメント(0) - 2015年6月25日

働き盛りのお父さんが病気で倒れることほど、家族を不安にさせることはないだろう。著者の不安一杯の気持ちがこちらにも伝わってきた。しかし、これを読んでラストまでずっと気になって引きずっていたのが、旦那さんのダメっぷり。なんなのーこの超自己中男は。うちの旦那も多少かぶるとこあるけど、うちよりもさらに酷い。息子くん可哀想。
★25 - コメント(0) - 2015年5月17日

なにより健康が一番だな・・・りえこさん、すごくがんばった。家族ってすごい。
★7 - コメント(0) - 2015年5月9日

図書館の新刊コーナーにて。正直興味本位で手に取ったのですが、いろいろ勉強になりました。ことセカンドオピニオンや転院について。転院とは、相性のいい医師や病院を探すものではないのですね。なるほど。また、一家の大黒柱が病に倒れると、家計はどうなるのか。支える家族の負担の大きいこと。読んでよかった。
★7 - コメント(0) - 2015年4月29日

★★★☆☆ エッセイな漫画。◆病気は恐い。やっぱり早期発見が大事。「あれ?いつもと違うな?おかしいな?」と思ったらやっぱりすぐ病院行かなきゃだよな~と思いつつ、なかなかできない私…。やっぱりそれじゃあダメだよな、と再認識できました。◆夫クロとらさん、ちょっと問題あるでしょ…(笑) 都合悪いことはシャットダウンって…(苦笑) でも、あんまり上手くいってなかった(?!)夫婦仲だったみたいだけど、病気を通して、支え合ったりして、大事な人だと気づく…良かったのかな。
★31 - コメント(0) - 2015年4月14日

★★★★思ったよりシリアス。上手くいってなかった夫婦でも乗り越えることで大切な人に戻ることもあるのだなー。良かったようななんというか。
★4 - コメント(0) - 2015年4月10日

買いました。うん。じっくり読みました。blogがお休みだった事情もよくわかり、大変だったなぁと思いました。少しずつ更新頻度が上がってきているのが嬉しいです。今後も応援しつつ楽しみに読ませていただきます。
★5 - コメント(0) - 2015年4月1日

『ちくわの穴から星☆を見た』と言うブログを書き、『小学生男子(ダンスィ)のトリセツ』の著者でもある、まきりえこさんのコミックエッセイ。 このブログが大好きで、よく読んでたけど、その中で旦那さんが入院されたと書かれ、ブログも途中休んでおられた。 それがこんなにひどい病気だったとは、全く思ってなかった。 大黒柱が病気になって働けなくなると、金銭的に大変だけど、サラリーマンだとどの様な保障があるのか、勉強になった。
★3 - コメント(0) - 2015年3月8日

……ブログから入ったから、まさかこんな状況だったとは思わず…………これからいいことがたくさんありますように。
★2 - コメント(0) - 2015年3月8日

小学生男子の方の話だったのね…
★1 - コメント(0) - 2015年2月28日

小学生男子(ダンスィ)のトリセツでおなじみの、 絵日記ブログで活躍している方の闘病コミックエッセイ。 引き続きブログの方でも、夫クロとらさんの出番が増えることを期待してます。
★5 - コメント(0) - 2015年2月25日

大変な病気をしていたとは思えないくらい、親戚の方と揉めてたとは思えないほど明るいTwitter見てたから驚いた。でもクロとらさんが元気になられて良かった!
★4 - コメント(0) - 2015年2月24日

ユルい息子が主人公のダンスィとは趣が異なり、今回は重たい闘病のお話。夫がまさかの骨肉腫。お医者さんとの相性に悩んだり、治療鬱になったりと、支える方もどんどん追い込まれてしまいます。でも最後は家族の絆が一層強まったのが感じられ、笑顔になれる本でした。
★7 - コメント(0) - 2015年2月22日

おりぇくん、はなさん、そしてクロとらさん、本当にお疲れさまです。医師と患者のすれ違いの仕方なさをまず感じた。どうしても、病気となると、感情までも病んでしまうんだな。入院患者とそのご家族の気持ちに、少しでも寄り添えたかしら
★4 - コメント(0) - 2015年2月22日

おりぇ君のとこ、大変だったんだねえ。
★5 - コメント(0) - 2015年2月21日

積読中のみんな最新5件(1)

01/03:九州男児

読みたいと思ったみんな最新5件(13)

10/19:抹茶
09/29:そらパパ
夫が骨肉腫になりましたの 評価:78 感想・レビュー:38
ログイン新規登録(無料)