ザ・リッパー 切り裂きジャックの秘密 下 (扶桑社ミステリー)

ザ・リッパー 切り裂きジャックの秘密 下の感想・レビュー(47)

★★★★☆
- コメント(0) - 2016年12月24日

数々の謎を秘めた切り裂きジャック事件は迷宮入りであるがゆえに様々な憶測が巷を騒がせていたそうだ。この本でも実際の殺害された女たちの名前が上がり(内臓の持ち去り等)謎を解こうとして凄惨な現場に主人公たちが赴き、犯人にされそうになったりする。でも遂に、犯人を追い詰めた時、そこには意外な人物が! ちょっとはらはらさせられてもタイムスリップは様々な所で作者を救うから面白い。
★4 - コメント(0) - 2016年10月3日

19世紀のロンドンの描写はおもしろかったけど(ダウントンアビーに関わっているだけあって)、色々はしょられていて残念な感じでした。ケイトに感情移入できなかったのが、イマイチのれなかった最大の原因かも。
★2 - コメント(0) - 2016年7月1日

この話でのジャックの正体は途中で薄々察したとおりだったが、一度は解決して現代に戻ったら…というのがあったのは面白かったが、その修正とつじつま会わせをこそ読んでみたかったんだけどな。
★3 - コメント(0) - 2016年6月4日

途中まではミステリーとしても面白かった。でも、切り裂きジャックの犯人があの人だったせいで後半がつまんなかった。あの人が犯人だというヒントが作中に出てこない。最後が雑で、本当の意味でのご都合主義すぎる。ミステリーとしてじゃなければまだよかったかも。割愛したタイムスリップの方こそもっと描写してほしかった。もっと言うと、切り裂きジャックが関わらなくて、ロンドン・ストーンによってタイムスリップしちゃった女の子が普通に謎を解く系の方が面白かったような…。
★1 - コメント(0) - 2016年3月17日

ロンドンストーンは確かにケイティの願いをかなえ、しかしケイティは選択を迫られる。やり直しははしょられててワロタ。
- コメント(0) - 2016年3月5日

下巻は、上巻と比べ物にならないほどすらすら読めた。この物語の大事なところは、最後のケイティの心の葛藤と選択に至った過程に集約されてる気がする。「容易い悪より困難な善を選べ」か。深い。
- コメント(0) - 2016年2月5日

タイムトラベルが出来たとしても歴史は変えるべきではないと思ってるので、まあ、そうだよね、と言うのが読了後の感想。「後悔することになる」と言うような文が出てくるので大体ラストは予想できてしまうけど。それにしても昔のトビーの手紙の行方が気になる!
★1 - コメント(0) - 2016年1月17日

15才の女の子が19世紀にタイムスリップして切り裂きジャックを追うヤングアダルトノベル。ドラマのCSIで仕入れた科学捜査知識があるんだから大丈夫!って自信に笑ってしまった。ディクスン・カーの孫が推理小説を書いたことより、SHERLOCKやダウントンアビーの米放送に尽力した関係者だったことに驚いた…。
★2 - コメント(0) - 2015年11月19日

下巻まで読んで、こんなに長くなくてよかったのかも・・・と思ったが、きっと原作では中高生くらいを対象としたジュヴナイル(ヤングアダルト)として書かれているのだろうからこのくらいのペースでいいのかな。主人公の少女がいろいろな体験をしていて羨ましい。私もヴィクトリア朝のドレスを1度でいいから着てみたい。切り裂きジャックの正体については、この話オリジナルだと思うので、本気でドキュメンタリー的なものを期待している人は要注意。これはあくまで小説だ。今後もこの作家の作品に期待したい。
★37 - コメント(4) - 2015年10月22日

壮大な物語だった割には、言いようのない残念な感じといいますか、なんといいますか。物語はいまいちだったけど、19世紀のロンドンの描写は好きだったかな
- コメント(0) - 2015年10月18日

違う人が出てくる度に疑惑の対象があっちに行ったりこっちに行ったり定まらないのがサスペンスを盛り上げているのだが、簡単に移りすぎとツッコミ入れたくはなる。ケイティとトビーのツンからデレへの移行はベタだけど、定番の強み。ミステリーとしてはとってつけたような謎解きだが、事件が解決したと思ってからのタイムパラドックスを使った終盤のたたみかけ展開が面白かった。ドキドキワクワクさせてハッピーエンドまで一気に読ませるストーリーテリングの上手さが光る。
★24 - コメント(3) - 2015年10月5日

切り裂きジャックの正体に関しては多少強引さを感じるものの、物語全体として見ればなかなか面白かったと思います。上巻は比較的スローテンポな展開だったので、少々まだるっこしく感じた部分も正直ありましたが、下巻では打って変わってスピーディに物語が展開するので、一気に読めました。カーの孫娘という事で、密室やオカルト趣味に彩られた本格ミステリを期待してしまう向きもあるかもしれませんが、それよりも祖父譲りと思われるストーリーテリングの上手さをこそ評価したい。現在書いている二作目がどういう作品になるのか気になるところ。
★3 - コメント(0) - 2015年9月26日

☆☆☆
- コメント(0) - 2015年9月14日

ケイティはコリンとトビーの協力を得て、切り裂きジャックの犯行を途中で食い止めようとする。最後は驚愕の結末だが、それだけに後味は良くない。鳥売り娘ドーラの特技が結末で生きてくるなど、さまざまな伏線が後になって生きてくるのに感心した。歴史改変によって姉のコートニーがいなくなり、代わりに父親が事故に遭わずに生き延びたと知ったケイティの苦渋の選択。ロンドン・ストーンって何と思っていたら、ちゃんと巻末に解説がありました。関係ないけど、父母を同時に交通事故で亡くしたというのに、母親の方の存在感がないのが気になる。
★2 - コメント(0) - 2015年9月10日

【メイ・ザ・フォース・ビー・ウィズ・ユー (SF&ファンタジー読書会)】上巻がかなりゆっくりとしたペースだったので下巻はページ数足りるのかなと思っていたらやはり駆け足気味に終わってしまい残念。内容はファンタジー風味の冒険活劇で受賞歴や表紙からも予想はついていたんですが、日本でこれを一番楽しんで読める層が扶桑社ミステリー文庫を手に取ることはないだろうというのがわりと致命的な気がする。流石に章タイトルは諦めたようだが、英語の押印を使ったジョークがやたらと出てきたためかルビが多用されているのが少し目についた。
- コメント(0) - 2015年9月5日

なかなか面白かった。上巻を読んでミステリ要素が薄いと判断し、非ミステリのエンタメ小説として読んでいたが(実際下巻前半はミステリ要素はほぼ無く、警官に追われる主人公たちの逃走劇になっていた)、真相はミステリファン好みの物であったと思う。そこまで見越してのあの展開(トリックを隠すため)だったとすれば、相当な才能を持っていそうなので、現在執筆中だという第2作にも期待。★★★★☆
★1 - コメント(0) - 2015年9月1日

ロンドン・ストーンからのタイムトラベルというファンタジー的な要素と、手垢がついているとも思える切り裂きジャック事件とを上手く融合させた楽しいミステリ風味の冒険物語であります。登場人物の性格に祖父のジョン・ディクスン・カーの愛すべき探偵や登場人物達の片鱗が伺える所はありますが、その呪縛にどっぷりとつかっている訳でもなく、ミステリ的な意外性とロマンス、そしてタイムトラベル物のテーマとが巧みに織り交ぜられておりまして、嘗めていると味が変って来る飴を味わっている様な趣があります。楽しい読書でありました。
★1 - コメント(0) - 2015年8月30日

読みやすくて面白かったです! ヴィクトリア朝ロンドンの世界を堪能。 ミステリーと言うよりは、ロマンチックなタイムトラベルファンタジーかな。 ケイティとトビーの恋に注目して読んでいるうちに、切り裂きジャックの正体なんて誰でもいいや~と思えてきちゃったし…(笑)。 19 世紀のトビーが残した手紙が気になりますよね☆
★24 - コメント(0) - 2015年8月28日

ジョン・ディクスン・カーの孫娘が書いた、現代の少女が切り裂きジャック事件当時にタイムスリップするSFミステリ。「あの事件の真相はこれだ」的な真相を推理する話ではないし、おじいさんの作風(不可能犯罪とか密室とか)をそのまま継いでるわけでもないので注意。事件の全貌を知っている状態でタイムスリップするので、周りと話がかみ合わなったり、現代に帰ると歴史が変わっている、などのネタもちゃんとあるので、細かい突っ込みは抜きにして、キャサリンの活躍を純粋に楽しめる。面白いよ。
★6 - コメント(0) - 2015年8月11日

切り裂きジャックの正体に関してはかなり取って付けた感のようなものを感じる。こいつが切り裂きジャックなら肝心の犠牲者との繋がりが弱くなるでしょうに、そこを強引にどうにかしようとして、結果意外性よりも違和感の方が強く、正直期待はずれ。ロマンスでもミステリでも本家カーのニューゲイト、ビロード、火よ燃えろ等のほうが面白い。
- コメント(0) - 2015年8月8日

歴史改変を修正するための3度目のタイムトラベルのところが割愛されてるので、そこもうちょっと詳しく!という気持ちになる。21世紀のコリンの今後に不安を感じる。性格描写で微妙に匂わされてるような気もするし。なんか気の毒。ストーリーは荒削りな面もあるが、作者の目的は19世紀のロンドンの暮らしを書くことだったそうで、ヴィクトリア朝ロンドン観光案内のようで面白かった。当時の地下鉄には乗りたくない。長く乗ってると一酸化炭素中毒とは。
★2 - コメント(0) - 2015年8月4日

一気に読み終えてしました。どちらかといえば女性向きでしょうか。過去へのタイムスリップ、身分(及び時代)違いの恋、息をつかせぬ程の怒涛の展開につい没頭しすぎてしまいました。反面、収束に向けて都合の良い辻褄合わせが目立つ気もします。あの殺人理由に対して犯人があんなに残酷な殺し方をする理由が弱いし、最後の犠牲者の悲惨な未来を招いた経緯がどうも見えない。また、ジャック事件を忠実に振り返りたい人には向きません。主旨はそこではなく、本編が終わったこの物語の最後にあるのだと思います。賛否ありそうですが、面白かったです!
- コメント(0) - 2015年8月2日

積読中のみんな最新5件(15)

06/08:さゆ
03/21:へば
03/08:furu shin
10/18:末讀玉

読みたいと思ったみんな最新5件(14)

12/13:suicdio
09/01:たぬきち
05/14:まーも
02/07:桜花
12/31:kukuri
ザ・リッパー 切り裂きジャックの秘密 下の 評価:98 感想・レビュー:23
ログイン新規登録(無料)