クリムゾン・ピーク (扶桑社ミステリー)

クリムゾン・ピークの感想・レビュー(15)

3月10日:
3月8日:どりゅう
原作ではなく、映画のノベライズだった。嫌な予感はしていたのだけれど…的中。パンズラビリンスやソウが好きな人にはオススメかも。なんの捻りもなくてビックリした。雪の白、粘土と血の赤、屋敷と人の心の闇の黒…この三色で彩られた世界。屋敷に行くまでは抜群のリーダビリティだったのに。殺され始めてからは陳腐すぎて悲しくなった。暴かれるべき秘密など皆無だ。
★47 - コメント(0) - 3月7日

実は映画を見たくて先に本を読みましたた。展開は大体想像どおり。一番怖いのは幽霊でも何でもなく、生きた女性ですね。
★23 - コメント(0) - 2016年8月16日

さっと読み終われてとてもよかった。キャラクターの心理描写がわかるぶん、映画の理解力がより深まった。女は怖いね……!
★1 - コメント(0) - 2016年3月20日

★★★★☆ 映画の原作本の割に、とても面白かった。 イーディスの、トーマスへの愛情の裏で、忍び寄る不穏な影。読んでいてとてもドキドキワクワクした。映画だと見なくてはいけないグロテスクな幽霊たちも、小説だと見なくてすむし(笑)。 トーマスの最期の想いが切なかった。 そして最後はやっぱりグロかった。
★1 - コメント(0) - 2016年3月5日

2016年2月24日:こでまり
2016年2月22日:ノン
2016年2月12日:tiffany
2016年2月4日:ナナシ
2016年1月26日:相澤すみれ
2016年1月26日:半殻肝
ホラーだけでなく美しい恋愛ものとしても読み応えがあります。小説を読めば読むほど映画版もよりよく楽しめました。それぞれの思い、過去の話などとてもよく分かりキャラクターたちがもっと大好きになりました。
★2 - コメント(0) - 2016年1月25日

2016年1月22日:M.I
幽霊屋敷モノが大好きなので無条件で手に取りましたが、ノベライズとはいえ、デル・トロ文学炸裂でした。内容は王道そのものではあるのですが、「20世紀初頭、北イングランドの朽ちかけた古い館に嫁いできたヒロインに起こる奇怪な現象」というだけでも(良い意味で)お腹いっぱいなのに、デル・トロならではの残酷さも加えられ、単なるゴシックゴーストストーリーではなく、ホラーとして十分確立しています。衣装や舞台装飾など、これでもかとこだわりのあるデル・トロのことなので、映画も併せて堪能してきたいと思います!
★44 - コメント(0) - 2016年1月22日

今読んでいるみんな最新5件(2)

01/19:makura

積読中のみんな最新5件(5)

02/03:ホワイト
07/20:シアン
02/02:n_kurita
12/26:ぶうたん
12/21:末讀玉

読みたいと思ったみんな最新5件(9)

04/12:ねむ
01/22:YumiNya
クリムゾン・ピークの 評価:80 感想・レビュー:6
ログイン新規登録(無料)