李自成―駅卒から紫禁城の主へ (世界史リブレット人)

李自成―駅卒から紫禁城の主へ (世界史リブレット人)
104ページ
15登録

李自成―駅卒から紫禁城の主への感想・レビュー(5)

李自成をクローズアップした本はほとんど知らなかったので、大変興味深かったです。 ただ、誤植が多すぎる…
- コメント(0) - 2015年9月28日

時代背景、李自成の生い立ち、李自成集団の組織形態、李自成集団の拡大、明朝の流賊対策とその失敗、大順政権の成立とその瓦解までをコンパクトにまとめている。惜しまれるのは、清朝側の人名表記に難があること、そしてその他の用語についても誤字が散見されること。しっかり校正してほしい。
★2 - コメント(0) - 2015年8月19日

李自成集団の成立から滅亡まで、その背景を含めてかっちりとまとめている。明を興した朱元璋との対比も面白い。李岩や陳円円については史実から離れた伝承の部分ももう少し言及してくれてもよいと思ったが、リブレットの紙幅にそこまで求めるのは酷か。
★4 - コメント(0) - 2015年7月27日

李自成について通り一遍の知識を得るのには手軽でいい本だと思う。ただ、清朝に関する用語に関しては正直校正したのか疑うレベル。
★1 - コメント(0) - 2015年6月29日

明末に流賊から皇帝にまで上り詰めた(そして一瞬のうちに没落していった)李自成の伝記。政権構想も理念もへったくれもなく清朝によって追い落とされてしまいましたが、交易ブームに乗っかり発展した清と国内の諸問題のしわ寄せが全部いってしまったことで成長した李自成の争いがもう少し違う展開をとっていたらどうなったのか。校正がちょっとまずいかなと思う所数カ所。清朝サイドの人名表記に難がある(ドルゴンはカタカナなのに何故他は漢字?そしてホンタイジという文字列に何か見たくない意図でも?)、あと「回賊」はまずかろう。
★4 - コメント(0) - 2015年6月27日

今読んでいるみんな最新5件(2)

積読中のみんな最新5件(5)

11/02:ちひろ
08/25:せっこぎ

読みたいと思ったみんな最新5件(3)

03/13:本人
11/13:xiaoxue

人気の本

李自成―駅卒から紫禁城の主への 評価:100 感想・レビュー:5
ログイン新規登録(無料)