キリスト教の歴史〈1〉初期キリスト教~宗教改革 (宗教の世界史)

キリスト教の歴史〈1〉初期キリスト教~宗教改革の感想・レビュー(11)

1月16日:教養俗物
2016年11月29日:1
推測の表現が多いため、研究資料の利用には適しない
★1 - コメント(0) - 2014年10月27日

松本宣郎編。その松本は序章および、原始キリスト教~古代末期までを担当(1・2章)。3・4章は印出忠夫の担当で、中世西欧の略述。5・6章は森田安一の手による、宗教改革諸派と三十年戦争に至る宗教戦争の概論(森田ゆえ、当然スイス史にも力点がおかれている)。1977年刊の「旧版」と同じく、3巻構成をとっている。なお急いで仕上げたのか、校正ミスも残ってしまっている。
★2 - コメント(0) - 2014年10月11日

2014年2月5日:butapenn
2013年5月11日:B.J.
良本です。単にキリスト教について学ぼうとする場合でも、またクリスチャンとして教会史を学ぼうとする場合でも最初に押さえるのに最適だと思います。 中世から17世紀くらいまでのヨーロッパ史の流れもよくわかります。
★1 - コメント(0) - 2012年12月6日

2012年10月3日:th
修道女が若いリュート弾きとベッドをともにせんかとする風刺画が強烈な印象。
- コメント(0) - 2012年6月15日

2011年9月19日:nobby
--/--:㎡itsuo

積読中のみんな最新5件(3)

05/02:arbor
04/22:なおと

読みたいと思ったみんな最新5件(11)

12/17:チャト
10/15:ik
03/11:あずき
キリスト教の歴史〈1〉初期キリスト教~宗教改革の 評価:73 感想・レビュー:4
ログイン新規登録(無料)