フィリップ・グラス自伝 ~音楽のない言葉~

フィリップ・グラス自伝 ~音楽のない言葉~の感想・レビュー(5)

図書館でふと手にとったこの本。グラス氏のことは名前をどこかで聞いたことあるな位の知識で、現代音楽の巨匠?ということで、小難しい話が満載なのかと思いきや、小説のプロローグみたいな始まりから一気に引き込まれ、その文才に圧倒されながら読了。登場する周りの人々のきらびやかさと比べると、ご本人の人生はシンプルで、一生音楽やりたい、その為にこれが必要、よしやるぞ。と淡々と実行。その姿勢がとてもすっきりして爽やかである。音楽話の他、アルバイトの配管工やタクシードライバーの仕事でのエピソードも楽しい。
- コメント(0) - 2016年9月12日

2016年9月8日:おだまん
フィリップ・グラスって、個人的には映画音楽家のイメージが強かったけれど、それだけではなかったというのが驚き。クラシックに始まり、オペラ、ミュージカル、ダンスなどなど、様々な音楽のジャンルで実績を残していたのに驚かされた。それはきっと、本書にある通り厳しいながらも心のこもった教育を受けて強固な地盤が出来上がっていたからだな。一冊の本で語るには密度が濃すぎるほどの人生を送ってこられた氏だからこそ書ける、音楽への情熱と愛情に溢れた本。
★1 - コメント(0) - 2016年8月27日

★3 - コメント(0) - 2016年8月22日

2016年7月28日:Aruchi Kazuki?

今読んでいるみんな最新5件(1)

積読中のみんな最新5件(1)

07/10:marybomb

読みたいと思ったみんな最新5件(20)

02/15:suicdio
09/16:tipsy

人気の本

フィリップ・グラス自伝 ~音楽のない言葉~の 評価:100 感想・レビュー:3
ログイン新規登録(無料)