NLPのことがよくわかり使える本 (アスカビジネス)

NLPのことがよくわかり使える本の感想・レビュー(26)

ずっと前に買って積んだままになっていた本を正月休みを利用して消費してみました。この本を読んだからといってNLPを使えるようになるわけではなく、訓練しなければならないことがわかっただけでもこの本を読んだ価値はあると思います。所謂成功本の元ネタがNLPだということもついでにわかりました。
★1 - コメント(0) - 2016年1月11日

面白かった。
- コメント(0) - 2014年12月7日

NLPとは誰かの考え方ではなく、どうすれば望ましい結果が得られるかという方法論。人間は誰でも、外的五感(VAKO)で現実を経験しながら、頭の中でイメージを作り上げ、別のことを考えている。客観的な事実を自分フィルターを通して主観的にとらえてしまう。相手の反応はその成果であり、すべての行動はコミュニケーションメッセージ。失敗はなく、ただ結果があるだけ。違った受け止め方をすることができれば、学びや成長に変えることができる。もし○○だったら、自分、相手にはどんな影響を与えるだろう?
★2 - コメント(0) - 2014年11月22日

「ニューコードNLP」として、過去のNLPと区別し、現在のNLPについて説明している。NLPでは無意識(意識されない部分)を重視し、ラポールを信頼関係ではなく無意識レベルのつながりと捉える。非常に面白い考え方も多いが、よく挙げられる自己啓発的な側面の必要性と、心理学とは異なると主張しつつ心理学述語を使用している点が気になった。NLP書籍は慎重に選択したつもりだが、この書籍は体系化されているとは言い難い。個人的にNLPは利用できそうなもの(アイアクセシングキューなど)を選択的に取り入れようと思う。
- コメント(0) - 2014年9月30日

図書館本ですが、専門用語が結構出てくるので、繰り返し読みたい本ですね。色々とワークがあるので必要そうなのだけ取り入れると良いと思います。
★6 - コメント(0) - 2014年4月6日

NLPの本は何冊か読んでいたが、まだまだ知らないことが多い。ニューコードNLPは、無意識からの莫大な資源を利用してその状況を変えるワークを学習。図入りのワークが多かったので、理論をイメージしやすい。NLPの発祥からニューコードまで。とりあえず、実戦。意識して少しずつ使えるようにしよう。
- コメント(0) - 2014年3月16日

NLP面白い!と思ったら他にもいろいろ本出てるのね。大元のバンドラーさんのを読んでみなくちゃかな。VAKの元はここだったことも分かった。ラポールを築くための微妙なミラーイングは、試してみたい。
- コメント(0) - 2013年7月25日

アンカーリング。本番で緊張しないよう試してみたい(´∀`)フラのときね。うまくいったら子供にも教えよう♪
★5 - コメント(0) - 2013年4月29日

グリンダー博士の公式代理人によるニューコードNLPの入門書。キリスト教にカトリックとプロテスタントがある様に、NLPにも「宗派」があるのかと興味を持ち読んでみた。殆どが今迄学んだ事で、分かりやすい本だった。「自分達以外は正しくない」という姿勢が僅かに感じられるが、何を学ぶ以上に「誰と学ぶか」が大事なので気にしない事にする。
★1 - コメント(0) - 2013年2月5日

NLPはジョン・グリンダーとリチャード・バンドラーによって1970年代に共同開発されたが、80年代に分裂。この本はジョン・グリンダーによってさらに開発されたニューコードNLPの本なので、リチャード・バンドラーの系統のNLPとは大筋で類似しているが異なる点も見られる。ワーク形式の内容が中心で、タイトルにあるようにニューコードNLPがよく理解できるかという点は疑問。 最新ワークが知りたい場合は適していると思う。ちなみに共同開発やの両者はその後、互いにNLPの共同創始者として認め合い、それぞれの道を進んでいる。
- コメント(0) - --/--

今読んでいるみんな最新5件(4)

03/31:Mitchy
05/09:Nao Uchida
02/04:こまたか
04/17:take.it.easy

積読中のみんな最新5件(7)

12/02:jim
09/13:るるはな
08/15:ayumi
03/16:今村
11/02:つっちー

読みたいと思ったみんな最新5件(7)

04/01:かわみ
02/12:はな
08/23:りく
NLPのことがよくわかり使える本の 評価:77 感想・レビュー:10
ログイン新規登録(無料)