死がふたりを分かつまで 11 (ヤングガンガンコミックス)

死がふたりを分かつまで 11 (ヤングガンガンコミックス)
194ページ
175登録

死がふたりを分かつまで 11巻はこんな本です

死がふたりを分かつまで 11巻を読んだ人はこんな本も読んでいます


死がふたりを分かつまで 11巻の感想・レビュー(164)

予知能力があるとはいえJCを大型のヒグマに立ち向かわせる主人公……遥ちゃんその男と縁を切るなら今ですよ……そして、とうとうクロスオーバー企画本格始動、護り屋登場!殺し屋ももうすぐ出るかな?
- コメント(3) - 2016年10月24日

ヤクザの古村とはこれで決着かな。ヒグマvsサムライ、戦車vsサムライ、イージスvsサムライ。遥も戦力として成長してるのはいいとして、耳栓は特に無反響室では不利にもなりそうだが、その辺どうなってたんだか。闇のイージスは絵だけは知ってる、クロマティ高校でしょ?
- コメント(0) - 2016年4月2日

護強いですね…そしてこれで古村は終わり?最初から出てた敵の終わりとしてはアッサリしたなぁ…
★10 - コメント(0) - 2015年7月29日

対戦車戦とか無音状態の攻防とか護の師匠との決闘回想とか見所はいくらでもあるけど何よりイージス来たー!どっちも負けさせちゃいけないので勝負はお預けだけど楽しい。遙もパートナーとして成長してるな。それにしても古村の決着は意外な感じ。あっけないな。
★7 - コメント(0) - 2014年11月6日

これほど嬉しいクロスオーバーは今後二度とないかもしれない。
★2 - コメント(0) - 2014年5月26日

イージスかっけぇ! それに尽きる。 古村の最後はあっさりしてるなぁ。コマ割といい、なんかギャグっぽい。
★5 - コメント(0) - 2013年12月2日

遥ちゃん強い。ドンイチに笑った。
★5 - コメント(0) - 2013年11月18日

護めっちゃスパルタ。護り屋が出てきたことで、なんか護が護という名前なことにすごく意味がある気がしてきたなあ。
★3 - コメント(0) - 2013年7月12日

KUU
最新兵器や銃器が相応に強く、その上で刀で格闘戦をやる主人公だから面白いのだなぁ。このバランス感覚は見事だと思う。超人拳士や剣士達が戦う作品て、たいてい銃火器や機械はかませというにも哀れな扱いされるからなぁ
★3 - コメント(0) - 2012年9月23日

面白い!羆相手の訓練を乗り越え確実にたくましく成長してる!入り組んだ狭い建物で勝機は?
★1 - コメント(0) - 2012年4月15日

大人読み~第15巻ヽ(´ー`)ノ
- コメント(0) - 2011年9月10日

初版
- コメント(0) - 2011年5月11日

イージスの楯との闘いは大興奮なんだろうけど、俺イージス未読なんだよね
★1 - コメント(0) - 2011年1月29日

今巻は、バトルシーンが多くて、おもしろかったです!!1シナリオ完結したので、続きがたのしみです!!
★2 - コメント(0) - 2011年1月27日

ヒグマ怖い!遥ちゃんに無理なことさせるなぁ!と突っ込み入れてしまいました。“イージス”出て来た。なんか萌える(エッ?)展開だぁ。
★1 - コメント(0) - 2010年11月2日

土方の師匠との闘いが、土方とイージスの闘いが、燃えます。面白い。クロスオーバー良いねぇ。
★9 - コメント(0) - 2010年9月11日

クロスオーバー企画でイージスが参戦してますが幾ら鋼鉄の義手とはいえ単分子結合技術を使った刀の前じゃ切断されちゃうんじゃ?それとも特別製なのでしょうか?イージスは読んでないんでわかりません。
★2 - コメント(0) - 2010年9月11日

- コメント(0) - 2010年7月28日

イージスの楯参戦!買わない訳には!
★2 - コメント(0) - 2010年6月19日

イージス読めってことでしょうか…・30冊以上あるんですけど。最後の古村のセリフ「それは鈍いだろうが!俺はドンイチかよ!?ヤクザに字を教わるな!」に笑っちゃいました。
★4 - コメント(0) - 2010年5月19日

目まぐるしく戦況が変わって飽きさせない。終わってみれば護と遥の共同戦線だったとは。イージスの出番はここまでなんだろうか?
★2 - コメント(0) - 2010年5月2日

盲目の剣士と予知能力少女の活劇漫画、11巻。やっとイージスに会えた!否定的な意見にも同意する部分はあるのですが、その話題性でこの漫画と巡り会えた私としては感謝。「影で手助けしてくれた謎の男」程度でも嬉しかったけれど、「強敵だが敵ではない」という関係は燃えますね。今度は御本家・スプリガンのキャラもこっそり出ないかな。朧や暁あたりならイケそう?!
★4 - コメント(0) - 2010年4月24日

他作品とのコラボらしいですが、全部知らないので気持ちとしては微妙…。それ以外は相変わらず面白かったですけど。
★1 - コメント(0) - 2010年3月16日

剣のためには人をあやめることもいとわない護。その護を追い詰める策が次々に繰り出される。その攻防が面白かった。ただ、イージスとの攻防は入り込めなかった。あの重さを剣と同等に扱えるというのは…。
★1 - コメント(0) - 2010年3月8日

あの手この手で攻略しにかかる教授の目論見をとりあえず打破。本誌掲載の方が紙面が大きいため、ラストのあの二人のバトルが大迫力で拝めた気がする。
★1 - コメント(0) - 2010年3月7日

これでとりあえず地下アジトの話は終わりか。ここを見るとイージスがクロスオーバーだったのか。読んでなければ気付かないなぁ。
★1 - コメント(0) - 2010年3月3日

わかってはいたが他作品、しかも会社も作者も原作者も関係がない主人公キャラクターが参戦してくるのは微妙な気分だ。まあ、途中で離脱したとはいえ途中まで読んでたから受け入れるけどさ>イージス。派手な装備、コンビネーション、護の装備と能力を理解した上での仕掛け。トラップはよくもまあといった具合だが、それすら打ち破る展開が熱くてよい。んで、オチはイージスと。決着をつける訳にはいかないからこんなもんか。んで、予告からしてジーザスが次巻参戦か。こっちのキャラも知ってるからいいけどなんだかなぁ。
★2 - コメント(0) - 2010年3月2日

次巻は・・・ジーザスもなんだね。とりあえず、全部知っているからいいけど、コラボすぎるのは・・・。まっ、面白いんだけどね。
★1 - コメント(0) - 2010年3月2日

★★★★
- コメント(0) - 2010年3月2日

まさかのイージス登場にポカーン。次はジーザスも出るらしいし、なんなの。まぁ面白いけど。
★2 - コメント(0) - 2010年2月28日

想像力を超えた描写を見るのは楽しい。
★1 - コメント(0) - 2010年2月27日

表紙がまた激しい。コラボ企画はいいんですが、これ話的に崩壊しないのかしらん? 壁の穴を飛び越えるだけなのに、なんでこんなに格好良いんだ! ダンジョン無事脱出ですが、まだまだいろいろ深くて、ますます深くなりそう。
★3 - コメント(0) - 2010年2月27日

積読中のみんな最新5件(7)

08/15:CYD
02/02:なのか

読みたいと思ったみんな最新5件(4)

01/08:友輝
05/24:しゅんか
05/09:CYD
12/27:たろけ
死がふたりを分かつまで 11巻の 評価:38 感想・レビュー:32
ログイン新規登録(無料)