黒執事(14) (Gファンタジーコミックス)

黒執事(14) (Gファンタジーコミックス)
あらすじ・内容
灰は灰に…悪魔を塵に…斬り刻まれた命が奏でる、笑えない葬送曲――。
葬儀屋の死神の鎌に斬り付けられたセバスチャン。その傷口から溢れ出す走馬灯劇場…演目は“シエルとの出逢い”。セバスチャン目線で語られる二人の過去とは!? 大人気豪華客船編最高潮!!

あらすじ・内容をもっと見る
166ページ
2698登録

黒執事 14巻の感想・レビュー(2507)

avi
豪華客船編完結と、寄宿学校編の始まり。セバスとシエルの始まりの物語、偽物同士だからこそ徐々に今の形態になっていく様が楽しいし、女王に認められてもう満足だろ?って魂を食おうとするセバスに対し、もっと闇堕ち希望するシエルの覚悟が良い… 葬儀屋と遺髪入れの関係、葬儀屋がシエルのことを気にかけてるのが本当に気になる。葬儀屋とファントムハイヴ家の繋がりがどうなのか早く明かされてほしいなぁ〜 イースター話、リジーがこれが初めて自分で作ったんだよってところで、やっぱりシエルはシエルではないんだよなぁって思ってしまう。
★17 - コメント(0) - 2月19日

2017年164冊め。主役二人は「偽者」だから、本物になるためには二人で努力をすることが必要だったという、その設定がよかった。ようやくゾンビ話も終わって、まさかの学園ものか。
★18 - コメント(1) - 2月17日

豪華客船編ファイナル!セバスの走馬灯劇場は泣けるなー。本物の伯爵と執事になるために互いを鍛えあって築いた絆は、側から見るより強固なもの。魂を得るためとはいえ、どんな時も主人を守り支える姿は執事の鏡です、セバスチャン。今回は珍しくお褒めの言葉をいただき、少しうれしかったのでは。結局ゾンビの大半はセバスに倒され葬儀屋の企みは失敗。船は沈没し多数の犠牲者を出してこの件は一応終了だけど、葬儀屋の真の目的はなにか。復活祭の話は可愛くてほっとひと息。ぜひアニメで見たい。そして寄宿学校編。ミカエリス先生、素敵です!
★2 - コメント(0) - 2月14日

劇場版を観たので再読。もう本当に葬儀屋が好きすぎてたまらない。死神時代の葬儀屋のお話もいつか読めると信じてます。
★4 - コメント(0) - 1月29日

友達に貸す前に再読。
- コメント(0) - 1月27日

再読
★1 - コメント(0) - 1月21日

偽物も突き通せば本物になる。それをやろうとしてる現、シエルの強い意志が辛い。
★4 - コメント(0) - 1月19日

ゾンビが終了。葬儀屋はどっか行っちゃったのかな。謎が多すぎて気になるので、早い再登場を望む。次にドタバタのイースターが終わって、今度は学園モノみたくなったw
★1 - コメント(0) - 1月15日

葬儀屋の笑いのツボ・・・ そして、このイケメンである† (*゜Q゜*)
★1 - コメント(0) - 2016年12月30日

偽物から本物になるための努力。最初から完璧ではなかった2人のあの日々を経ての、意地で掴んだ手。謎は残されたけど、セバスチャンの暗躍で豪華客船編が終わった。続く新章は寄宿学校編。生徒も寮監も、空席をどうやって作ったのか考えると怖いな笑
★19 - コメント(1) - 2016年11月28日

レンタル。再読。ゾンビ怖い。
★1 - コメント(0) - 2016年11月4日

【借り本】セバスチャンの走馬灯。シエルとの最初の日々。二人とも大分努力した上で、この侍従関係が成り立ってるのね。それにしても、リジーは健気。
★7 - コメント(0) - 2016年10月10日

あんなに一生懸命で、満身創痍ででも主と執事の絆を感じたのは初めて。海面を埋め尽くすゾンビが怖すぎです。二人にも色々できないころがあったんだ。葬儀屋の謎は深まるばかりだし、イースターの話ではほのぼのしつつもシエルの謎も深まるし、そんな中で新編突入。
★6 - コメント(0) - 2016年10月1日

シエルもセバスチャンも努力した時期があったのですね。
★3 - コメント(0) - 2016年8月26日

シエルとセバスチャンの過去話もとい攻防戦の日々。暗い中に笑える部分があるのが黒執事だの楽しいところだと思います。シエルが昔リジーと過ごしたイースターを覚えていないのはなぜなのでしょう?セバスチャンと契約する前の記憶があやふやなのかな?葬儀屋は予想以上にファントムハイヴと深い繋りがありそうで、続きが気になります。
★1 - コメント(0) - 2016年8月2日

再読。 セバスとシエルの成長が楽しい巻。あとミカエリス寮監が麗しすぎる。
★2 - コメント(0) - 2016年6月21日

セバスチャンとシエルはお互いに成長してきたということか。アンダーテイカーはまたいずれ出てくるのね…恐ろしや。次は学校が舞台?!P4ってF4を連想させる。(笑)キラキラっぷりがすごい。
★5 - コメント(0) - 2016年6月19日

読了本を追加
- コメント(0) - 2016年6月1日

劇場版アニメ化される豪華客船編が急に読みたくなり、11~14巻再読。セバスチャンとシエルの出逢いから生活が落ち着くまで、そしてリジーの精悍な姿、葬儀屋の正体、と盛り沢山。ホント、好きだわこの章。
- コメント(0) - 2016年5月1日

再読:★★★★
★1 - コメント(0) - 2016年3月31日

葬儀屋の死神の鎌に斬り付けられたセバスチャンレコード…シエルとの出逢い。完璧じゃなかった二人。イースター。寄宿学校編入
- コメント(0) - 2016年3月18日

えー遺髪入れなに?アンダーテイカー何者?遺髪入れ取った時のシエル可愛すぎかよ。豪華客船のお話はおわり。次は学園モノなのね。黒執事はオマージュ多すぎて忙しい!
★3 - コメント(0) - 2016年3月17日

シエルとセバスチャンも努力してたのだな。葬儀屋さんが気になる。船旅が終わって今度は学園ものだー!
★3 - コメント(0) - 2015年11月22日

暇だったので再読。セバスチャンも最初から完璧ではなかったんだな!
★15 - コメント(0) - 2015年11月4日

セバスチャンにも色々と苦労があったのね…
- コメント(0) - 2015年10月29日

セバスチャンって最初からオールマイティーだった訳じゃないんだ!2人でツッコミあって今の2人がいるのね…!エリザベスが感じたシエルの違和感の正体とは…?
★22 - コメント(0) - 2015年10月14日

セバスチャン…どうなっちゃうかと思った…よく頑張りました‼︎いやあ、ゾンビ地獄終わった。本当にホラーだったな。次の話も楽しそうな予感。セバスチャンのメガネ萌えだわ〜
★4 - コメント(0) - 2015年9月29日

セバスチャンが、今の万能セバスチャンになるまで。
★1 - コメント(0) - 2015年9月12日

海でゾンビを掃討したセバスチャン、お疲れ様でした!イースターの玉子争奪戦が笑えた!!
★6 - コメント(0) - 2015年8月7日

黒執事14巻
★2 - コメント(0) - 2015年7月31日

咳込むセバスチャンなんて初めて見た。そりゃシエルも労うわ。その後に軽口を言って返すセバスチャンだけど、そのやりとりが二人らしいなと。/失敗するセバスチャンが本当に珍しかったから、走馬灯は本当に面白かった。まだまだ教養のないシエルも新鮮だった。/イースターエッグは久々の日常回で可愛かったけど、不穏な影が。シエル、やっぱり、入れ替わったんじゃないのか。だからリジーとすれ違いが……。切ない。/サポートのやり方を任せたところに、信頼関係が見えた。走馬灯を見た今では、なんだかしみじみする。その結果が寮監なんだけど。
★3 - コメント(0) - 2015年7月27日

aco
再読。アンダ-テイカ-に萌える。
- コメント(0) - 2015年6月24日

イースターのお話が可愛かった。エリザベスが真相に近づいてる。
★4 - コメント(0) - 2015年6月18日

シエルとセバスチャンの歩み。未熟な時もあったとは。ゾンビが夢でそうです。寄宿舎生活は始まったばかり。お楽しみはこれからか。
★7 - コメント(0) - 2015年5月4日

20120526#1
- コメント(0) - 2015年5月2日

もうセバスチャン…コスプレイヤーになっちゃいなYO!フィップスのようなほぼ無表情で面白いことするor言うキャラ好きなんだけど(・∀・)
★7 - コメント(0) - 2015年3月15日

幼い頃のシエルはやっぱり可愛い。二人の過去が分かって面白かった。お互いに教育し合ってたんですね。なんだか絆みたいなものを感じました。セバスチャンは今回も頑張り過ぎだよ…、悪魔だからしぶといけど、さすがに今回は堪えたよう。ゾンビが強すぎるし…(震)死神達にも色々過去があるようで興味深い。ゾンビ話の後のイースターでほっこり。ウサ耳可愛い。けどリジーの目線になってみるとちょっと切なかったです…。そして次の舞台はパブリックスクール。好きなように色々出来ちゃうのがこのマンガの良い所。また個性的なのが出てきたなぁ~。
★37 - コメント(3) - 2015年3月4日

お友達が貸してくれた。セバスチャン、この巻読むまで私の中ではもう少し鉄面皮なイメージだったんだけど、思ったより一人のお子様に翻弄されているように見えてこれは最終的に悪魔としてどうなるのかわからなくなってきたなーという印象。イースターのお話を挟んで次は寄宿学校編!わくわくするー!
★7 - コメント(0) - 2015年2月16日

アンダーテイカーの一撃に倒れるセバスチャンを喚ぶシエルの声に、これまでを回顧する場面・・・シエルとセバスチャンのエピがいろいろ描かれている中、「クソガキ」と心の中では思いながら口では「イエス、マイロード」と・・・セバスチャンは本当に役者です。部下の尻拭いをする上司のごとく現れる死神ウィル。一時休戦とばかりに逃げるアンダーテイカー(カバーの彼)。14巻はリジーのイースターエッグ探しがお口直しに良かった。そしてウェストン校編突入。カバー下はアンダーテイカーの「黒野球」・・・必ず甲子園に行くそーです(笑)。
★33 - コメント(0) - 2015年2月14日

死神…。14巻も盛りだくさんだった。ふたりの始まりとウサギとシメはセバスチャンのコスプレ!?→借り本
★3 - コメント(0) - 2015年2月14日

黒執事 14巻の 評価:44 感想・レビュー:596
ログイン新規登録(無料)