クズの本懐(3) (ビッグガンガンコミックス)

クズの本懐(3) (ビッグガンガンコミックス)
あらすじ・内容
私たちは まっすぐに、 歪んでいく。
“契約上の恋人”という関係を、 人知れず続けていた花火と麦。 しかし、絵鳩の告白により ついに花火は偽りの関係を打ち明けてしまう。 そんな年若い彼らに、茜は何を思うのか――。 それぞれの恋心が、想いを、身体を、縛り付けていく。 絡まった赤い糸は解けない、純粋で歪んだ純愛ストーリー、第3巻。

あらすじ・内容をもっと見る
180ページ
1192登録

クズの本懐 3巻はこんな本です

クズの本懐 3巻の感想・レビュー(1101)

あ、なんだか展開してきた
- コメント(0) - 3月26日

絵は相変わらず苦手だけど一度読んだら気になって仕方がない。音楽教師のクズさがわかる。ビッチなんだよなぁ。性に関しては登場人物みんな奔放ですね。えっちゃんを幸せにしたい...
★4 - コメント(0) - 3月22日

満喫
★1 - コメント(0) - 3月10日

あ、真正クズきたw互いを利用し合うのは別にクズではないと思う。それは需要と供給だから。一方的に奪っていく人間は、搾取する側は、クズだと思うわ、センセ。こういう女は、というか人間は、大嫌い。
★4 - コメント(0) - 3月5日

結局 自分のこのとが好きすぎるのかもしれません 私みたいな人間って
★14 - コメント(0) - 3月5日

先生が腹黒くて良いwこうゆう女キャラ面白いよね。えっちゃん可愛くて好きなのでこの展開は切ない。
★5 - コメント(0) - 3月3日

花火とえっちゃんの哀しい代償行為。142頁の花火の顔は悲しくてどうしようもないという顔に見えてしょうがない。でもゾッとする程可愛い。えっちゃんでなくても夢中になってしまう。でも結局心が満たされる事はなく自己嫌悪に陥ってしまう。そして精神的サディストともいうべき女教師は花火を締め上げ続ける。夏の日が盛りなのに重苦しい物語は続く。
★14 - コメント(0) - 2月27日

レンタル本。
- コメント(0) - 2月24日

「生きることは忘れることだから。」 ああ、ついにきた。皆川先生、この作品で初めて苦手だと思ったキャラクター。こういう、“女”を武器にするひとは苦手。もちろん、彼女がいてこそこの作品がなりたっているのだけれど。えっちゃんと花火も進展してしまって、ドロドロしてきた。続きが気になる。あといつもの番外編、今回の話はかなり好みだった。台詞に句読点がついてるのも個人的には好み。
★6 - コメント(0) - 2月22日

★★★☆☆
★1 - コメント(0) - 2月20日

バイト仲間からの借り本。うわぁぁ~茜先生怖い(|| ゜Д゜)嫌だぁ~!男性陣コロッと騙されるんだね(。>д<)ドロドロ展開すぎる…でも先が気になる…
★12 - コメント(0) - 2月16日

花火ちゃんかわいいなあ。クズは教師だったというね。
★25 - コメント(0) - 2月14日

先生の黒さたまらんな~
★3 - コメント(0) - 2月10日

いま 理解った 今の私じゃ この女には敵わない ほんっとに性格悪い人ばっが出てくる。 心理戦ならぬ人間関係戦とでも形容すべきストーリー。 とはいえそこが人間らしくて好きなんですけどね。
★5 - コメント(0) - 2月8日

衝撃の3巻。アニメ見てから原作読んでるので、自分的には衝撃のアニメ4話となるわけだが。クズの本懐といいながらそこまでクズな人物が見当たらなかった本作。まあ何をもってクズと規定するかにもよるんだけど。そんな中OPでネタバレしてるというか登場人物的にもうほぼクズ確定なんだろうなと思ってた女教師、皆川茜。はい、予想以上でしたw普通の恋愛するだけで相手の一面に驚くなんてよくあることだけど、こういうのは流石にね…。ショックを受けた花火は麦を頼ろうとして自重する辺りやっぱりいい子だなと思ってた所にえっちゃんwマジか。
★40 - コメント(0) - 2月4日

やっときた
★3 - コメント(0) - 2月3日

☆☆☆ついに本性を現しましたね、皆川先生!いや、この女は手強いぞ。それに比べると男性陣は実にピュアなもんですね。
★12 - コメント(0) - 2月3日

一番のクズは茜だった、と。ラスボスはサイコパスか。茜に翻弄され、えっちゃんとも関係を持ってしまった花火。これを麦が知ったらどういう反応になるのだろう。
★2 - コメント(0) - 1月30日

あなたがクズだったのですね…、と言いたくなってしまうほど見事なクズと言うか腹黒な感じを皆川先生は出してきたなぁと。このあたりからお兄ちゃんの存在感が薄くなってきたような気がする…
★25 - コメント(0) - 1月29日

見た目は一見まともそうな皆川先生が想像以上にどうしようもなくクズ過ぎてドン引きしました。こういう相手の気持ちに気づいていながら、自分のことしか考えていない周囲を振り回すタイプが一番質が悪い(苦笑)しかし花火がそっちに行っちゃったか感があって、それがさらなる迷走に繋がりそうな危うさが出てきましたねえ。
★44 - コメント(0) - 1月28日

搾取するほうと、される方。皆川先生怖っ
★7 - コメント(0) - 1月26日

麦と花火、それぞれの好意を寄せてる相手である茜と鳴海が主役の話があって、なんとなくそれぞれの思惑の全体像が見えてきた感じ。っていうか、みんなゆがんでるなぁ...特に茜嬢は歪み具合ったらないですね。お兄ちゃんこと鳴海氏くらいですよ、一般的な意味で純粋なのは。花火とえっちゃんの関係も変わったようだし、この先の展開が読めない。
★9 - コメント(0) - 1月21日

茜先生、絶対裏があると思ってたー。腹黒っていうかクズでした。花火がどう立ち向かっていくのか。
★13 - コメント(0) - 1月21日

漫画喫茶
- コメント(0) - 1月16日

彼奴はやっぱりそういう奴なのかなぁ……と思いつつ、そうでなかったら良いのになぁ……とも、心の何処かで願っていた。しかしやはり……。◇物語は、真っ黒路線まっしぐら。このぐだぐだ具合がたまらない。
★9 - コメント(0) - 1月16日

3巻まで読みましたよということで突発的に記録残していきます。「クズの本懐」は絵が気にいって買ったらけっこう当たりって感じで、話もドロドロしてて、みながみな恋愛のどろっとしたところに「直面」している様がきちんと描かれてていいなと思いました。私的にはもかちゃんが一番好き(笑) えっちゃんも、もちろん花火ちゃんも好き! 茜先生の悪女ぶりはナイスでした笑
★14 - コメント(0) - 1月9日

レンタル
- コメント(0) - 1月4日

いやー今回は話に進展があって面白かった。茜先生の本性が怖い。これは花火に勝ち目があるのかわからない。契約上の恋人をしている麦と花火以上のラスボスっぷり。まさか麦の気持ちを知っていたとは、驚いた。物事を見抜く力がすごい。わかった上で尚、相手を蹂躙する茜先生。これはタイトル通りだわ。次巻からの展開が非常に気になる。展開に進展があってとてもおもしろい。次巻に期待。
★12 - コメント(0) - 2016年12月30日

うわぁぁ、茜のクズというかカスっぷり!こんな女嫌だわー。いまの花火じゃ確かに勝てない。えっちゃんとこの先どうなるの…?
★7 - コメント(0) - 2016年12月30日

先生…
★11 - コメント(0) - 2016年12月22日

▽読了後に良かったと感じるけれど、良かったって感想はどうなの?とも感じる。▽花火と麦がお互いを好きになれれば、ある程度は円満な解決なのかな?と思っていたけれど、茜さんがくせ者過ぎて、どうにかしないとダメな気がする。▽茜さんの圧倒的なクズ力。分からないなぁ、そういう気持ち。自分が好きだから、生まれる感情であることだけは、腑に落ちる。普通のなかの特別さが好きなんだろうな。本当にクズ。▽麦も不憫というか、本当になんだかなぁ。▽えっちゃんが可愛い。花火が大好きなんだね。可愛い。頑張って欲しい。
★8 - コメント(0) - 2016年12月17日

あの女先生、ヤバい。女性の裏側を見た気がする。
★6 - コメント(0) - 2016年12月13日

前巻読んだのがだいぶ前だったので忘れてる。花さんに比べ麦は夢見がち
★4 - コメント(0) - 2016年12月5日

レンタル。
★1 - コメント(0) - 2016年12月3日

皆川先生の「好意を向けられる愉悦、気持ちよさ」と鐘井先生の「花ちゃんは妹みたいなもの。皆川先生に一目惚れ」という感じが分かる巻だった。 皆川先生が屈指のクズ。彼女たちをクズだと思わないと書いたけど、皆川先生は人間としてどうしようもない。人の好意を搾取して、踏みにじって、愉悦を感じてる。花火がえっちゃんとの関係が深まり、後戻りできなくなって・・・もう一人の自分の声も聞こえるようになってるし、ヤバいかなぁ。 純粋な恋は報われてくれと願います
★7 - コメント(0) - 2016年12月2日

傷つけられた自分は、今まで誰かを傷つけてきた自分だ。汚れた自分に気づけなければ、どれだけ他者を汚してきたかにも気づけない。そしてそれでもなお、止められないのだ。誰だってたやすくは、強くも正しくもなれない。若さは鋭くてもろい刃だ。ただのなまくらな鉄塊になってしまった今、少しは賢くなれたのだろうか、と思う。きっとただ、鈍くなっただけなのだろうな。
★15 - コメント(0) - 2016年11月26日

レンタル
- コメント(0) - 2016年10月30日

色んな人がいる。花火はどんどん戻れないところに進んでいってる気がする。個人的に地味にえっちゃんを応援してるからこんな形ででもえっちゃんの気持ちが伝わって嬉しい。今回は先生のクズさも分かってぞくっとした。これは強敵
★6 - コメント(0) - 2016年10月19日

満足度:★★★★★
★1 - コメント(0) - 2016年10月6日

皆が茜さんを好き。 異性に意識されることに快感を覚え 搾取する茜さんは女の敵だけど、男にとってはいい女。 まあ、友達にはなれませんね。危険すぎて。 花火はえっちゃんと百合街道へ。 素直に気持ちいいって言っちゃう子は可愛いね。 まあ、もう純愛ではなくなったねww
★6 - コメント(0) - 2016年9月30日

クズの本懐 3巻の 評価:48 感想・レビュー:238
ログイン新規登録(無料)