怜-Toki-(1) (ビッグガンガンコミックス)

怜-Toki- 1巻の感想・レビュー(139)

清水谷竜華の乳がでかすぎる
★2 - コメント(0) - 2月26日

tokiの麻雀に対するアバウトな態度、めっちゃウケる。
★2 - コメント(0) - 2月17日

「咲」の千里山チームの園城寺怜と竜華にスポットを当てたスピンオフ作品。怜の竜華との出会いから麻雀を始めたきっかけが描かれています。まだまだ初心者なので異能力はないですが、その辺の描写がよかったと思います。「シノハユ」よりこっちの方が個人的はいいです。
★1 - コメント(0) - 2月12日

「よろしく園城寺さん」 「一緒に滑ろか?」 「ひとつ約束して 絶対に私の『大切な人』にはならへんって」 「たとえ点棒空っぽでも あきらめたらだめ」 「あんなに優しそうなのに麻雀無茶苦茶強いとか ちょっとあこがれるわ」 「どんだけ放縦しても高い役和了ったらチャラやって!」 「絶対に勝って…な」 「勝負はこれからや」 「麻雀ってやっぱり楽しいな」
- コメント(0) - 2月10日

怜と竜華の小学生時代が見れるなんて最高の漫画だな! それにしても竜華は小学生の時からすごかったんだな、いろいろな部分が。怜がうらやましい。
- コメント(0) - 2月6日

咲の超大人気カップル二人にスポットを当て、怜竜の二人の馴れ初めを描くことにのみ特化した麻雀漫画というのは名ばかりの百合漫画。絶対に『大切な人』にはならないという約束のもと友達になるエピソードとか、『予感がした――今までとは違う毎日が、始まろうとしている』とか、嫉妬のあまり怜を虐めようとするモブのレズとか、百合オタクたちのツボを抑えた数多くのエピソード達が紙面にぶちまけられていて、軽率に過剰な怜竜成分を接種したオタクたちが尊い以外の言葉を発することが出来なくなったのはあまりにも有名な話。尊い‥‥
★3 - コメント(0) - 2月5日

私服の露出度と言い、体形と言い、竜華本当に小学生なのかなぁ。と思ったがさらに上がいたわ。和ちゃんという犯罪小学生が
★2 - コメント(0) - 1月17日

★★★★★
★1 - コメント(0) - 1月13日

これも小学生からか
★2 - コメント(0) - 1月11日

小さい頃の怜の物語。 麻雀を嗜む幼女......全く不思議で素敵な世界だ。
★2 - コメント(0) - 1月8日

絵のせいかあまりに百合百合しすぎてびっくりした…。怜ちゃんまだ元気っぽいけどこれから病弱になるのかな…。
★2 - コメント(1) - 1月5日

むっつりちゃうし
- コメント(0) - 1月3日

たいへん良い。怜のアホっぽいところが、本編よりはるかに強調されていて、めっちゃ好き。それから、ぼくの感覚で言うと、フキダシ内の関西弁が、いままで読んできた漫画のなかでもトップクラスに自然だった。続きも期待。
★7 - コメント(0) - 1月2日

導入が阿知賀と違いすぎて戸惑いましたが後半から咲っぽくなりましたね。金髪?っぽいの急に本編に出してきたなと思ってましたがこっちの主要キャラっぽいですねー本編も千里山、サイドでも千里山で怜ファンとしては嬉しい限りですわ
★1 - コメント(0) - 1月2日

かわいい。それに尽きる。りゅーかの過去何があってあまり友だちごっことか言ってるのか気になる。にしてもやっぱり怜は未来視がないと強くない。あの唐突なプールのシーンは未来視の片鱗だったりするのかな。原作や阿知賀編では怜の方が好きだけど、こっちではりゅーかの方が好きだなあ。さすがに小学生だしおっぱいが大きすぎなくていい……
★1 - コメント(0) - 1月2日

小学生は最高だぜ
★1 - コメント(0) - 2016年12月31日

( ^ω^)咲シリーズの年末四冊同時刊行のレビューのトリを飾るのはコレ。阿知賀編とは何だったのか?そう言われるほどの圧倒的な存在感と人気を博し、咲-阿知賀編の影の主役とも云われる園城寺怜が主役のスピンオフ。しかも・・・小学生!大事なことだからもう一度言うぞ・・・しかも小学生!ややわ~こんなん読まん訳にはいかんですやん。絵は素晴らしく可愛い。ただでさえ天使の怜ちゃん(小学生)や竜華ちゃん(小学生)が・・・・・・ファッァァ!何だここは?ヘブンか!出だし小悪魔的な竜華と引っ込み思案な怜という咲本編とは違った性格
★8 - コメント(2) - 2016年12月31日

なんかね、もう怜が主人公なんだろうけど、竜華が可愛すぎて竜華が主人公でいいんじゃないかなと思えてくる
★2 - コメント(0) - 2016年12月31日

めきめきさんっぽさがある
★1 - コメント(0) - 2016年12月31日

普通におもろかった。阿知賀編みたいに頑張ってアニメ化出来るところまで進めてほしい
★1 - コメント(0) - 2016年12月30日

咲の中で一番好きなカップリングで、作者が作者だけに初めから百合度が高くて嬉しい。しかし、一巡先を得る前の怜と考えると、麻雀で活躍は期待できなくて、戦犯になるか、倒れるかしかないんじゃないかと。竜華はやっぱり重たい。
★2 - コメント(0) - 2016年12月30日

漫喫にて読了
- コメント(0) - 2016年12月29日

こんな発育のいい小学生がいるか(お約束) 麻雀漫画って見せ方が確立されてるから描きやすいだろーなーとかヒネたこと思いつつも(苦笑)これは実にレベルの高いものだった。やっぱり怜竜華はええな! 意地悪そうな登場をした二人とも仲良くなって先が楽しみ。
★17 - コメント(0) - 2016年12月29日

阿知賀編準決が「これじゃ咲-Saki-じゃなくて怜-Toki-じゃん」などと揶揄されてたのを思い出しますな。で、この「怜-Toki-」、どこに向かうのかどう転ぶのか全く分かりませんわ。とはいえ「シノハユ」同様行き着く先は分かってるけど、どうそこに行き着くのか。
★1 - コメント(0) - 2016年12月28日

小学生時代の慣れ染め怜竜をかわゆりしく描いた千里山編。決して『大切な人』にはならない約束でお友達をはじめた怜と竜、しかしデートに間接キスにともうデキているのは一目瞭然(´ー`*)お馴染みとなったあのふたり風景はこのときから完成されていたんだね!竜華をかけたJSだけの麻雀勝負で発現した怜の能力とライバル間で育まれるアツい友情・・咲本編の空気を百合良く引き立てているすばらスピンオフ。
★8 - コメント(0) - 2016年12月27日

良すぎやん?
★1 - コメント(0) - 2016年12月27日

「咲」シリーズ同時刊行4冊でもっとも心に響いたのは意外や意外『怜-Toki-』第1巻でした。百合漫画家さんが描くと、心を通わせる描写も、反発や憎しみといった負の感情さえもみずみずしさがあって素晴らしい。また怜は麻雀がヘタクソなのに、それによって話を面白くしてる。異能の発現の仕方もそう来たか、という感じ。竜華のキラキラ感もすごい。これは良いスピンオフ。(『咲 阿知賀編』を読んでから読むと十倍楽しめます)
★3 - コメント(0) - 2016年12月27日

'60s~'70s の少女漫画とそれほど変わらない絵柄と思えるのに、ベタ塗りがデジタルのせいかいわゆる「大きなお友達」つまり二次元限定だし性的ではないのにロリコンと揶揄される人々に向けて作画してあるように感じて読むのがつらい。とりあえず購入記録としておこう。日を改めてきちんと通読できたら、ストーリについての感想を書くかもしれない
★5 - コメント(0) - 2016年12月27日

竜華と怜が出会って「ともだち」になって「ともだち」やめよう。までが1巻。このころから竜華は巨乳だった。未来視の一端も出てきて、今後が楽しみ。
★3 - コメント(0) - 2016年12月27日

よかった…。やっぱりちゃんと麻雀が全ての価値観なんだね…。怜はこれから病弱になるん?シェルターに入れないん?
★3 - コメント(0) - 2016年12月26日

阿智賀の主人公って怜じゃないかって言われ続けてたら本当に怜が主人公になった本作。
★1 - コメント(0) - 2016年12月26日

怜竜ロリ時代の話。 先を未来視する能力は麻雀の雀卓ではあるけど、配牌じゃなくて日常生活の先よみだったんだね
★2 - コメント(0) - 2016年12月26日

百合は小学生から入るのがベストであることを教えてくれる咲スピンオフの新作。肉体関係に至る前の怜・竜華の前日談。小学生の女の子同士が女の子を取り合って麻雀勝負するんだから、盛り上がらないわけがない。竜華の巨乳小学生ぶりはどこかのほたるんと張り合えるレベル。
★1 - コメント(0) - 2016年12月26日

すばらでした
★1 - コメント(0) - 2016年12月25日

絵師買い。序盤はテンプレなキャラクターに、内向的でありきたりな導入。これは「かわいいから許すッ!」という感じかなぁ、と思いましたが、麻雀がストーリーに絡んでくると「咲-saki-」のDNAが前面に出てくる感じで、一気に面白くなります。はらはらじりじりするような麻雀要素も、苦さを孕んでミステリアスな百合要素も牽引力満点で、「咲-saki-」を読み始めたときのようなわくわくが感じられる佳作です。★★★★☆
★3 - コメント(0) - 2016年12月25日

竜華2周目説が濃厚に(
★2 - コメント(0) - 2016年12月24日

小学生は最高だぜ! ときは可愛いな。子供の頃はもっと無邪気だったんだなぁと。りゅうかは育ちはやくてエロい。ロリ巨乳は危険。
★3 - コメント(0) - 2016年12月24日

HK
スピンオフの成功ぶりがすごい咲シリーズ。軒並み本編より面白いのは良いのか悪いのか。
★2 - コメント(0) - 2016年12月24日

契約お友達、私の大切な人にならないで、なんでも持ってるあの子に私はふさわしくない…等、少女漫画のおきまりを散りばめた作品。しかし、女の子と女の子の話、すなわち百合である。かなり多くの百合作品を読みますが、もしかしたらこれまでで1番好きな百合作品かも。いやしかし、女の子をかけて女の子と女の子が賭け麻雀とか最近の小学生の百合っぷりは凄いなぁ。竜華が初対面なはずの怜に対してやたらと積極的な理由が気になる。雑誌買ってでも続きが早く読みたい!
★5 - コメント(0) - 2016年12月24日

可愛さ重点で、麻雀初心者からスタートなので比較的初心者でもとっつきやすい気がする。本編でも怜ちゃん大活躍ですごい。これは阿知賀編2回戦直前までやるのだろうか。本編もじりのタイトルからして団体戦後もやったりして
★2 - コメント(0) - 2016年12月24日

怜-Toki- 1巻の 評価:56 感想・レビュー:41
ログイン新規登録(無料)