クズの本懐(7) (ビッグガンガンコミックス)

クズの本懐(7) (ビッグガンガンコミックス)
162ページ
213登録

クズの本懐 7巻はこんな本です

クズの本懐 7巻の感想・レビュー(169)

実は、純情・晩生青年もまた……、なんてことにならないかな。
★5 - コメント(0) - 1月17日

えっちゃんとの関係に決着が着いた感じではあるが、麦の方は泥沼化しそう、茜さん自身の視点に入っていて、安楽岡先生とどうなるか、楽しみである。
★3 - コメント(0) - 1月13日

花火とえっちゃんが雨の中、本心をぶつける場面はボロボロ泣きました。茜先生がクズすぎていっそ清々しいし、鐘井先生に対してすっごい可愛い。汚れた天使。
★6 - コメント(0) - 1月11日

このてんかいは、ずるい。結局天使かよ
★3 - コメント(0) - 1月11日

次で終わりか。学生たちはみな思い通りにならない道を進んでいるな~。
★10 - コメント(0) - 1月11日

ビッチ先生に振り回されたい人生だった。
★1 - コメント(0) - 1月11日

花火とえっちゃんは友達に戻れるのかな。タイトルのクズは茜先生だと思うんだけど、お兄ちゃん先生にペース乱されてもうそのままそこは2人でいいのでは。麦がどうなるか、だけど。次で最後かー
★2 - コメント(0) - 1月11日

アニメ直前にしてまたもや新展開。時間が最終巻ということで色々と締めに向かっている印象。八巻程度ならばアニメですべてやるのかな?
★2 - コメント(0) - 1月10日

花火✕早苗が決着。歪みに歪んだ恋愛模様も収束していく気配。と思ったら次で最終巻だったのですね。クソビッ○の茜先生は最後までクソでい続けてほしい…笑。この漫画で一番のクズはどう考えてよ茜先生だし。最後に大人しく丸まるなんて許せない!笑
★2 - コメント(0) - 1月9日

最初の2話はBGで読んでたのだけど、何回読んでも切ない。離れて行こうとするえっちゃんを引き止める花火。雨の中での気持ちのぶつけ合いは心が揺さぶられた。花火があそこで諦めなくて本当によかった。やっぱり、花火とえっちゃんは一緒にいて欲しいから。簡単に忘れられる想いではないけれど、早く笑顔で花火と話せる日がきますように。
★10 - コメント(0) - 1月9日

花火も1人で歩けるようになりました。あとは茜がどう歩き出すか。麦はどう諦めるのか。アニメに合わせての終わりになるのか。最近多いけど、アニメに合わせなくていいのになぁ…
★4 - コメント(0) - 1月4日

次巻にて完結。ひとりで歩くことを知ったモカがすっきりしててかっこいいよ。ラスボス茜もそれ以外のやり方を知らないだけとか、1対1のお付き合いを知ったら浄化されてしまうの? お兄ちゃん、どうする気だ。えっちゃんと花火も利用しあうじゃなくて、時間がかかっても本当の意味での友達になれたらいいのにな。
★4 - コメント(0) - 2016年12月31日

傷心旅行中の花火に諦めると言ったえっちゃん。それにまた我侭に「友達でいて」なんていうものだから怒りと悲しみをぶつける。今まではそれで引いていた花火はそれでも待つからと、関係を続ける宣言をする。篤史にもほんのちょっとだけ心を開いて見せたえっちゃん。花火と絵鳩は、大人になっても仲良くいて欲しいなぁ。 麦は麦で茜先生と続いちゃってるし、花火との関係は終わってる。茜先生とどう折り合いをつけるんだろう?このままだらだらセフレというのも茜先生の性分に合わないだろうし。そしてまさかの鐘井先生がビッチな茜先生でも良いと。
★2 - コメント(1) - 2016年12月31日

誰も幸せには成れないまま時計の針だけが進む巻
★3 - コメント(0) - 2016年12月30日

茜先生に焦点があたって、個人的にはこの人けっこう一番しんどそうな人だと感じていて(麦は若いからクズだけど更生可能範囲かなと思ってる)、享楽的に生きているけど結局他人を消費しないといられない人は多分愛着形成や自己肯定力に問題があるのでおにいちゃんにちゃんと浄化されてくださいという感じ。
★4 - コメント(0) - 2016年12月30日

花火と絵鳩の関係に終わりが。最後は本音をぶつけ合い、話はひと段落。茜は相変わらずの振る舞いで、次巻でどうなっていくのか気になる。え?ていうか次巻が最終巻?花火は?麦は?どうなるの?どんな終わりになっていくのだろうか。話の予想がつかない。次巻の発売が待ち遠しい。間延びせずいい感じのテンポで今まで読めてきたので、大変満足。アニメも期待しています。次巻に期待。
★9 - コメント(0) - 2016年12月30日

どういうつもりなんだ鐘井先生
★3 - コメント(0) - 2016年12月29日

これも映像化するのか…よく地上波でできるなぁ。クズなのではなく、みんな不器用なだけだよね。
★4 - コメント(0) - 2016年12月29日

モカちゃんに救われたのと、麦くんが遣り切れないのと、お兄ちゃんぼやっとしてるようで案外最強なのかもしれない。茜さんの呪い、搾取する側される側を壊してくれるかも?どうしたいか分からないのは苦しくて、どうしたいか分かってる人は強い。絡まってたものが見えて解けて、ちょっとすっきりした。茜さんも血の通った人間だったのかー(失礼)。もっと混沌として複雑で難解のままでいて欲しかったかな。
★4 - コメント(0) - 2016年12月29日

お、ついに次で完結か。
- コメント(0) - 2016年12月28日

まさか今まで取り立てて目立たなかった鐘井先生があの響かねえラスボスへの最終兵器になるのか。そして次で最終巻か。丁度良い長さだな。アニメも尻切れな感じでなくちゃんと完走できそうだ。来年はアニメに期待。
★3 - コメント(0) - 2016年12月28日

読了、あ〜〜やはりこの作家さんはエロをやってこそ本領発揮なんだろうか。1巻もそこはかとなくエロかったけど、君は淫らなに比べたらいびつな関係性重視でエロはちょっと控えめみたいな雰囲気があった。でも話が進むにつれてそういう描写が増えてきて、やっぱりいいなと思うシーンはそういうところだったりするんだよなあ。それぞれ歪んでて、そんな人たちの決着もしっかりやろうとするともう少しかかる気がするんだけど、あと1巻でまとまるのだろうか。
★2 - コメント(0) - 2016年12月28日

自分と相手、本音と建前、理性と本能。色んな物が交錯してぐちゃぐちゃになる。どんな着地点を見つけてくるのか想像が出来ません。それにしてもこれ、アニメ化していいのか?
★15 - コメント(0) - 2016年12月28日

作者のあとがきが一番笑ったわ。この作品は100%先生の妄想で出来ています。先生の経験に基づくものは一切ございません。
★3 - コメント(0) - 2016年12月27日

次で最終巻。
★1 - コメント(0) - 2016年12月27日

花火とえっちゃんの関係に一区切り。そして主人公だれだっけ?て思うくらい茜がヒロインやってて...笑。お兄ちゃんが唯一茜の心を揺らすことのできる人物になるんでしょうね。茜が初めて感情を表情にだしていましたし。次巻、2人が本当の意味で交際してハッピーエンドな展開しか想像できない。では残った人達は救われるんでしょうか...。
★2 - コメント(0) - 2016年12月27日

いよいよアニメ始まりますねえ。…大丈夫ですか?「クズの本懐」とは「エロの本望」とタイトル変えてもいいくらいの内容ですけど?なんて思いながらも腹の中ではどこまでやるのか期待しております。ビッチ茜さん大暴露会となり、えっちゃんもモカも心の折り合いを見つけて成長しているのですが、主人公2人は未だ救われないまま。最終巻にて何かしらの本懐を遂げるのか、楽しみに待つことと致します。
★46 - コメント(0) - 2016年12月27日

6巻に比べて直接的なエロ描写が増えている。この作品はエロには力点置かず事実関係に重きを置いていたと思うので作風の変化を感じた。その他は前巻までと同様。茜先生は最強だが、鐘井先生には勝てないんだろうなぁ。メンゴ先生にはカザマアヤミ先生と似た要素を感じるので、ぜひご結婚なさってエッセイを出して欲しいなとwww
★2 - コメント(0) - 2016年12月26日

なかなか話進まないなーって思ってたら次巻で最終巻。
★2 - コメント(0) - 2016年12月26日

いよいよアニメ化楽しみです。えっちゃんがなあ。幸せになって欲しい
★2 - コメント(0) - 2016年12月25日

散文調の内証のセリフが、自分の感覚ととても良く合っているから好き。
★5 - コメント(0) - 2016年12月25日

各キャラの関係性が結構変わった巻だった。 次巻で終わりだけど、どうなっていくんだろう。 花火とえっちゃんには、どうにか幸せになってほしいなあ。
★9 - コメント(0) - 2016年12月25日

だいぶ終盤感が迫ってきた。うーん。結局はクズになりきれなかった人たちが脱落していく感じ。先生だけは貫いてほしかったがここでビッチ暴露。その程度で改心しちゃうのでは前半が報われない。何かしらの本懐は遂げられるのだろうか。
★11 - コメント(0) - 2016年12月25日

相変わらずどきどきする。
★3 - コメント(0) - 2016年12月25日

誰か幸せになれるのか。次で最終巻。
★2 - コメント(0) - 2016年12月25日

クリスマスイブに発売された最新巻です。花火の依存は絵鳩にとっては都合のいいもので、絵鳩の好意は花火にとって都合のいいもので、お互いの都合にいい関係ってすごく歪んでてでも綺麗。 麦は茜さんのことを頑張って上から見ようとしてるけどこれまでに茜さんと一緒にいた男にそんな人はきっといたはずで今後が心配。
★1 - コメント(0) - 2016年12月24日

先生ぶれない
★2 - コメント(0) - 2016年12月24日

クズの本懐ってこんなんだったっけ?...と適当に言ってみる。
- コメント(0) - 2016年12月24日

えっ、えっ、お兄ちゃん、本性現した茜先生でもいいの??もしかしてこういう人だって分かっていたの??かなり衝撃。茜先生を救えるのはお兄ちゃんなのかもしれないね…… 花ちゃんとえっちゃんの事はなんとか一段落。麦は分かってても好きってのは苦しいなぁ。麦も最後は救われてほしい。
★9 - コメント(1) - 2016年12月24日

本編より 心の中を誰にも知られなくていいと言った。そんなの、一人ぼっちと変わらない。 深く関わればその分、失った時のつらさが怖い。ならずっとひとりで居たい。傷つくのはもう嫌だから。 怖いのに、すごくすごく怖いのに、どうして、一人じゃ生きられないんだろう。
★2 - コメント(0) - 2016年12月24日

クズの本懐 7巻の 評価:46 感想・レビュー:43
ログイン新規登録(無料)