僕が僕であるために。(3) (ガンガンコミックスJOKER)

僕が僕であるために。(3) (ガンガンコミックスJOKER)
146ページ
58登録

僕が僕であるために。 3巻はこんな本です

僕が僕であるために。 3巻はこんな本です

僕が僕であるために。 3巻の感想・レビュー(39)

いずれバレるよね。どうやって乗り切るんだろう? 読んでいて、可愛らしくてホクホクしちゃいますね。借り本
★5 - コメント(0) - 3月7日

作戦バレしてしまったはあかんやろw
- コメント(0) - 3月4日

現実的に、ずっと昔と同じままではいられないよね。だからこそ、歩(中身は駿)が言った、今のみんなでいるこの時間を楽しむっていうの、いいな~と思う。でもでもやっぱり…紗奈が歩を好きって感じ始めてるんじゃないの~?で、優は入れ替わりに気づいた?優と歩にも何かありそうだけど、まだまだよくわからない。『一フレ』大学生編は、相変わらずの長谷くん&藤宮さんでした。
★4 - コメント(0) - 3月1日

入れ替わりにも慣れてきて、歩の状態の駿に紗奈は心を惹かれていくごちゃごちゃした感じ。読んでるこっちも紗奈の気持ちが分からなくなってきた。昔の友達の本心も徐々に露わになってきて、昔のままとはいかないけれど少しづつ打ち解けてるのはよかった。巻末のおまけはいつも心癒されてます。藤宮さんもう一押しや…
★1 - コメント(0) - 2月19日

歩との入れ替わりで自分が思っていることを徐々に言えるようになった駿。しかしその時の言動が紗奈に好印象で、ドキドキを勘違いしそうな展開がツライ...。しかも友人たちもそれぞれ想いを抱えていて、複雑なモヤモヤを抱える組み合わせになったりとかしないかちょっと心配です。その分巻末のおまけに癒やされました。
★22 - コメント(0) - 2月7日

なかなか混戦してきましたね!駿、歩、紗奈もそうだけど、他の友達勢の恋愛模様もいろいろ明らかになってきて……友達間で恋愛ごとがあると、いろいろ難しいところがありますよね。どうなっちゃうんだろう……。それより、駿はそろそろ入れ替わりを卒業してもいいのではないかなって思う。このままだと取られちゃうよー!!(中身は駿だったのに見た目が歩だから…)(駿のままでも十分イケてるよ!!)しかし優くんにバレちゃってこの先どうなるんだろー。やめるキッカケになるといいけど。一フレのおまけはそろそろ付き合っちゃえよ!!
★4 - コメント(0) - 2月5日

★★★★☆ 入れ替わった歩のまま、紗奈の好感度が上がっていく…。このごちゃついた感じがどう落ち着いていくのかハラハラ。自分に自信がない気持ちはわかるけど、誤魔化してばかりだといつか取り返しのつかないことになっちゃうぞ、と元・高校生は思った。
★2 - コメント(0) - 2月4日

駿の変化がかつての友人達に影響を齎す中、友人たちが集合し関係に変化が訪れる今巻。―――変わりだす想い、動き出す関係。そして秘密は軋み始める。理想の自分を演じる事が齎す変化、だけど自分自身の中に秘めたものは駿だけの優しさ。それに気づかず遠回りする中、変わりゆく想い、芽生えた想いは静かに動き始める。変わりたくない、このままがいい。そう願えど願いは手をすり抜け、少しずつ静かに歯車は回り始め、秘密は軋み出す。少しずつ芽生えだす違和感、気づかれる秘密。軋む秘密の歯車は、彼らをどこへ導くのか。 次巻も楽しみである。
★7 - コメント(0) - 1月30日

とりあえず昔のメンバー勢揃い!でも、昔と違うのはそれぞれに恋心が芽生えてしまったこと。ずっと一緒にいて、惹かれてしまった。それは仕方がない。そしてなんと駿と歩が入れ替わっているのがばれてしまう! この恋模様は次巻以降きになりますねぇ、、、
★3 - コメント(0) - 1月27日

ちょっと「好き」がゴタついてきた。
- コメント(0) - 1月27日

どっちがどっちだっけってなってきたから1巻から読み直す
- コメント(0) - 1月26日

今回は結構きゅんと来るところが多くて幸せだったかな。なのに紗奈かわいそう。駿くんもっと「僕」のままで頑張って欲しい…
★2 - コメント(0) - 1月25日

紗奈の恋心がどうなっているのか。どっちが好きなんだ?本人も混乱しているのかも。それにしても、いつも不安な終わらせかたするなー。
★3 - コメント(0) - 1月25日

人間関係が多面的になる中で抱える秘密はいつかは破綻するもので、いよいよ今回はそのほころびが見えてくることになります。そのおかしさを認識した時にどのような展開を見せるのかが、次巻以降での焦点になりそうかなと思います。
★3 - コメント(0) - 1月25日

3巻目で主要登場人物が揃い、個人的には物語の流れとキャラの心情の輪郭がつかめた感じです。巻末の藤宮・長谷コンビはそろそろタイトル(フレンズ)からの脱却?(いい意味で)
★4 - コメント(0) - 1月21日

もう駿が盛大にから回ってる感しかないんだが…。結局、本音でも建前でも根本的に優しいんだから「俺」じゃなくて僕にもっと自信持てよ。 昔のメンバー+1が勢揃い。そしてそれぞれが抱えた秘密が動き出す。紗奈が変わるのを恐れてるのは、一体何があったんだろうか。 きっと無いとは思うけど、切ない最後だけは勘弁してくれよ…。 あと本編の感じをガン無視した長谷・藤宮コンビのゆるふわ空間堪らねえ!
★4 - コメント(0) - 1月21日

今読んでいるみんな最新5件(1)

02/12:紗々

積読中のみんな最新5件(7)

03/13:mt.gucti
02/14:ぶる

読みたいと思ったみんな最新5件(11)

03/05:shu
02/07:ヨシケン
01/24:すず
01/20:海亀
僕が僕であるために。 3巻の 評価:82 感想・レビュー:16
ログイン新規登録(無料)