エマ (1) (Beam comix)

エマ (1) (Beam comix)
185ページ
1842登録

エマ 1巻の感想・レビュー(1655)

ついに手を出してしまった。 メロドラマ?と思ってたけど、予想以上にドライで良かったです。
★1 - コメント(0) - 2月23日

 最近ロンドンに興味を持って、そういえばと思い出しての再読。前回もそうだったけど、ビクトリア時代を知る資料として楽しんでいたんだよな。さすがにデビュー直後なのでまだ絵が上手くないのだけど、それだけに現在の緻密画への変遷に驚いたり。
- コメント(0) - 2016年11月7日

2002年刊。2005年にアニメが放送されてて見てましたが、物語後半に当たる2期が、私の住んでいる地方では放送されなかったので、ラストがどうなったのかわからず、10年が経過。ようやく読めることになりました。
- コメント(0) - 2016年9月27日

非常に静かで落ち着いた雰囲気が素敵。漫画的な誇張表現が控えめで、表情の機微を丁寧に描いている。映画を観ているよう。エマの可愛さにときめきつつ、これからの展開にドキドキ。物静かな彼女がどんな風に描かれるんだろう。
- コメント(0) - 2016年8月24日

19世紀のロンドン。
- コメント(0) - 2016年7月20日

乙嫁語りでお馴染みの森薫先生の初連載作品。19世紀末のロンドンを舞台にしたメイド物語。物静かなメイドのエマと貴族であるウィリアムの二人が恋に落ちるというよくある身分違いの恋が主題の作品ではあるけども、作者さんの趣味が全開なおかげか時代考証も細かく分析されていて、読んでいるだけで当時の雰囲気が味わえるのが楽しい。身分の違いという時代的に大きな障害がある中、二人の恋路が今後どうなっていくのかが気になる。
★1 - コメント(0) - 2016年5月19日

乙嫁語りからのエマ。近所の某公共施設で巻抜けてるし、最後までないから気に入ったら購入になるのかなあ。18世紀のロンドンでロンスカ眼鏡のエマがモテモテ。貴族の青年ウィリアムが、かつての家庭教師ケリーを久々に訪ねると、そこにいたのがメイドのエマ。一目惚れで猛アタックをかけるも階級社会が今よりもキビシイ時代のイギリス、叶わぬ思いとわかっていても惹かれあう二人…。ご主人様とメイドの淡い恋物語かと思ったらけっこうガッツリとしがらみがあって先を読むのが怖いような…。二人の恋は叶うのかな…むずかしそう…。
★1 - コメント(0) - 2016年5月4日

【レンタル】
★1 - コメント(0) - 2015年11月30日

図書館本。「乙嫁~」から森さん作品を追って。18世紀末ロンドンのメイドのエマさんが主人公。「乙嫁」とは雰囲気違って、なんともまったりと話は進みます。とにかくエマさん、もてもてや~。しかし過去になにがあったの。気になるわ。
★21 - コメント(3) - 2015年11月6日

読もう読もうと思って読んでなかったエマ!ついに読み始める!19世紀のロンドンを舞台にした貴族とメイドのお話。上流階級には上流階級なりのメイドにはメイドなりの生活風景と人間描写をしっかり描いてくれてるので、変な方向に傾倒せずに読むことができてとても面白い。完結してるお話だけど、じっくりゆっくり読みたいところ…!でももう5巻まで読んだ!先が楽しみ!
★10 - コメント(0) - 2015年11月5日

読了
- コメント(0) - 2015年10月23日

電子書籍。19世紀のイギリスでメイドのエマとウィリアムが出会う。作者の描く世界にハマりあっという間に読み終わってしまった。
★7 - コメント(0) - 2015年10月18日

自分が森薫を知った1冊。いい!
★1 - コメント(0) - 2015年8月16日

シャーリーから流れで。メガネにハマってとしてもメイドにハマるとは思ってもみなかった。メイドはおいといて、産業革命以前とは言わないまでも、ある程度の人の手によるものが残っている時代設定が良いです。
★3 - コメント(0) - 2015年7月26日

BW 1-10
- コメント(0) - 2015年6月16日

イギリス映画を見ているみたいでした!
★2 - コメント(0) - 2015年5月22日

評判の漫画だ。しかしぱっと見では何がそんなに良いのかわからない。試しに読んでみた。時は19世紀末のイギリス・ロンドン。上流階級のお坊ちゃんウィリアムが、少年時代に教わった家庭教師の老婦人ケリーに会いに行くと、そこで出会ったメイドのエマに一目惚れ。エマの方も憎からず思っている。この眼鏡メイド・エマはロンドンの青年達にモテモテである。ウィリアムのインドの友人ハキム等の魅力的なキャラクターも登場。何だかズルズル読まされる。当時の日本より文明も進んでいた英国も、平均寿命は同じ50年だったんだなぁ。
★31 - コメント(0) - 2015年3月19日

貴族…選民の思考に嫌悪を感じる。1巻目て重苦しい。皆さんのようにはまるのか。
★8 - コメント(0) - 2015年3月10日

メイドのエマと貴族のウィリアムの出会いの物語。お互いになんで惹かれあったのか?はよくわからないものの、一目惚れしたんだな、ということがぼんやりわかる。ウィリアムの思いにエマは応えるのだろうか?応えないと物語が終わっちゃうわけなんだが…
★4 - コメント(0) - 2015年3月6日

この時代、メイドと貴族の付き合いは無理そう。
★1 - コメント(0) - 2015年3月6日

舞台となった19世紀のイギリスの雰囲気も、眼鏡美人のメイドのエマも、ジョーンズのお坊ちゃまのほんわかした人柄も、何だか微笑ましい恋愛模様も・・・全部好みな漫画です!1巻は良いところで終わっているし、今年中には全巻読破したいと思っています☆
★11 - コメント(0) - 2015年3月1日

再読。「ダウントンアビー」を観るとこれが読みたくなる。18世紀フランスの貴族社会も面白いけど、19世紀イギリスの貴族社会もまた格別の面白さがあります。
★38 - コメント(0) - 2015年2月16日

んー?思ってたのとちょーっと違うな…もう一冊読んでみよう。人生よく知り尽くした奥様はステキ
★3 - コメント(0) - 2015年1月18日

ずーっと読みたかったのですが、電子書籍を導入したのをきっかけに買っちゃいました!19世紀イギリスの、メイドと貴族様の身分違いの恋‥‥と言うと、コテコテで胸焼けしそうですが、日常を叙情的に描いていく森薫さんの淡々としたテンポがいい感じですね。しかし、エマがそんな美人設定だったとは知らなんだ‥‥
★4 - コメント(0) - 2015年1月18日

☆☆☆☆☆
- コメント(0) - 2015年1月17日

文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞作。上流階級の青年と、下級層のメイドの恋、というやや新鮮味を欠いた内容ながら、登場人物のさりげない心の機微が鋭く描かれていて、まあ、続きが気になること甚だしい。英国といえば、やっぱり一九世紀ですね。
★7 - コメント(0) - 2015年1月5日

1890年代、イギリス(ロンドン)。
- コメント(0) - 2014年12月21日

ずーっと気になっていたものの、未読だったのでようやく手を出しました。 ロンドン・長い方のメイドさん・貴族などなどけっこう好みの設定なんかが多くて読んでいても、絵を見ているだけでも楽しめました! はやく2巻が読みたい!
★9 - コメント(0) - 2014年11月11日

エレノアがビジュアル的にストライク。二巻に期待。
★3 - コメント(0) - 2014年11月9日

時代考証については色々と意見のある方もいるそうですが、私は何も知らないので楽しく読みました。なにより調度品や衣類、街並みなどの細かい描写がいい。面白い。
★6 - コメント(0) - 2014年10月29日

好感触。19世紀~二次大戦までのイギリス物となると『日の名残り』(小説、映画共に)や『イギリス人の患者』(小説、映画共に)が妙に気に入っていて、その流れで(*)本作を(今頃)知って初めて手にする。さてさて、どういう展開になるのか、楽しみだ。森薫なる作家も初めて知った。絵柄は女性のタッチだが、人物描写はやや男性的か?*NHKの海外ドラマ、『ダウントン・アビー 』は面白いのかな…
★1 - コメント(0) - 2014年10月20日

乙嫁語りの作者の作品ということで手に取ってみました。森氏の手で膨らませられたロンドンの空気感が心地よく、エマの真面目な性格とあいまって引き込まれます。
★3 - コメント(0) - 2014年10月12日

角川まつりで一気に購入。メイドはともかく、メガネで恋愛ものかぁ…と、今まで敬遠してたのだけど、この機会に。なるほど高評価に違わぬ出来栄えで流石森薫は自分が考えるより遥かに上のフェチ公でした。にしても、エマはもてすぎなのでは…
★1 - コメント(0) - 2014年10月10日

興味はあったものの、エマの顔が日本人顔なのがどーしても気になって、今まで手をつけなかった作品。しかしここ最近、信頼する人に、エマの書き込みは必見と強力プッシュされた上、kindleではセール…もう、これは読めという、神の思し召しでしょ!てな訳で読んでみたら…いいですよ!何とこれが初の連載とな?!それまでは同人誌で活躍されてたとな?!何と質の高い…(驚)そしてやっぱり後書きが面白い。この作者さん、断然気に入ってしまった。ロンドンにタイムスリップしたかのような気分になる。
★31 - コメント(0) - 2014年10月8日

初々しくてもどかしい恋いいなぁ。今の森先生の画力に比べたら人物とかはまだ発展途上な感じではあるけれど背景はさすが細かく描き込まれている。ロンドンの空気感にどっぷり入り込めた。身分差を乗り越えてほしいけど前途多難そう。
★5 - コメント(0) - 2014年10月5日

ずっと読みたいと思ってた作品。やっと読めました。 まず、流れる雰囲気がいいなぁ。ケリーさん家の厳めしくも静謐な空気感もとても好きです。 できればエマとウィリアムには穏やかで幸せな未来が待ってるといいのだけど、まだ1巻だというのに不穏な展開の予感。 続きがきになるのですぐさま読みます。
★4 - コメント(0) - 2014年10月5日

【電子書籍】
- コメント(0) - 2014年10月4日

全10巻大人買いして読み始めました。大好きな英国がテーマ。エマは生い立ちが恵まれないけれど、心が綺麗な女性。ぐいぐいと物語に引き込まれました。一こま一コマスローモーションというかシャッターを押すように丁寧に描かれるんですね。。。ずっとジェーンオースティンの「エマ」を漫画化したかと勘違いをしていました。(笑)これから読み進むのが楽しみ。
★3 - コメント(0) - 2014年9月30日

再読。あらためて丁寧に書かれてるな、と思います。 初めの方がくどくなくていいかな エマは本当に心根が良い女性です。 そして森さんは本当にメイドが好きな女性ですね。
★2 - コメント(0) - 2014年9月20日

ねえエマ ジョーンズの 坊ちゃまの事 どう思ってるの? | 英国はひとつだが 中にはふたつの国が 在るのだよ すなわち 上流階級以上と そうでないもの このふたつは 言葉は通じれども 別の国だ
★2 - コメント(0) - 2014年9月8日

エマ 1巻の 評価:40 感想・レビュー:314
ログイン新規登録(無料)