エマ (3) (Beam comix)

エマ (3) (Beam comix)
188ページ
1315登録

エマ 3巻の感想・レビュー(1277)

アデーレさんが良いです。
★1 - コメント(0) - 2月25日

何でも屋さんと雑役女中。オール・ワークスの取り違いがストーリーに絶妙なエッセンスを与えていて良い。
★1 - コメント(0) - 2月18日

 貴族社会で重要なカントリーハウスについて、物語の展開上で自然に取り入れているのが素晴らしい。細部の描写も上手くなっている。ただ、貴族令嬢の皆さんの書き分けが出来てはいないようですが…。
- コメント(0) - 2016年11月20日

ニューフェイス続々参上。
- コメント(0) - 2016年9月10日

ドイツ系のお屋敷へ。
★1 - コメント(0) - 2016年7月27日

電書にて。ゆっくりと物語が進んでいく感じです。自然の描写や空気感が気持ち良いですね。やっと役者がそろったと後書きにあったので、次巻に期待。紹介状もなく、姓もない、よく拾ってくれた元家庭教師と、新しい家に感謝。
- コメント(0) - 2016年1月1日

図書館本。2巻からだいぶ日があいてしまい、令嬢ズたちの見分けがつかず… 新しいお屋敷の人々や主人がよさげな人のようで良かった。それにしてもクリスタルパレスの思い出は…胸に刺さるのう。日々の忙しさがエマの傷心を少しでも癒してくれますように。最後に…テオかわいいよテオ。
★13 - コメント(0) - 2015年12月15日

電子書籍でとりあえず3巻まで購入。背景の凄さに感動しました。当時のロンドンの感じとかいろいろ分かって面白かった。続きも近いうちに世みたいな~
- コメント(0) - 2015年11月1日

読了
- コメント(0) - 2015年10月23日

電子書籍。ドイツから移住してきた夫婦のもとでメイドとして雇われたエマ。ウィリアムを想って泣く姿が人間らしく、宴の喧騒の中悲しみが溢れていてうまいなと思った。
★7 - コメント(0) - 2015年10月18日

素敵なエマのシリーズ。
- コメント(0) - 2015年8月16日

上手に”起”が終わったような。
★2 - コメント(0) - 2015年7月28日

離れていても二人の想いの深さは変わらないようで、切なくなります。でも、孤独な人生を歩んできたエマなので、新しい環境では沢山のメイド仲間に囲まれて、大切な出会いがあれば良いな、と思いました。新たなご主人一家も個性的で楽しいです。
★10 - コメント(0) - 2015年4月1日

毎巻、表紙を開くと早速出て来るイギリスの町並みの絵が良い。落ち着く色遣いだ。エマはロンドンから違う町へ向かう列車の中で、同じメイド仕事をしているターシャと知り合う。一方エマと別れた御曹司ウィリアムは、エマの面影を掻き消す様に仕事と社交界に没頭。その本心は親友のインド人ハキムにのみ吐露する。エマはターシャの縁で新しい勤め先へ。初めての職場でひそかに優秀さを見せるのがカッコイイ。その家(ドイツからイギリスに移住)で出会う新しいキャラクター達。満月の夜にウィリアムを思い出すシーンは切ない。4巻読もう。
★24 - コメント(0) - 2015年3月29日

働くところは決まったけれど、このまま?
- コメント(0) - 2015年3月21日

別々の道を歩き始めたエマとウィリアムの様子が切ない。
★1 - コメント(0) - 2015年3月6日

どんどん面白くなってきた!
★2 - コメント(0) - 2015年2月24日

話の展開が急流のように進んでいくところと、淀んだように進まない…と、話が進むところのワクワク感はたまらない!このテンポは森薫ならでは。 しかし、1巻で見限るような事をしなくて良かった(^-^;
★1 - コメント(0) - 2015年2月13日

エマが月を見て涙するシーンで一緒に泣いてしまった。新しいお屋敷の皆さんも素敵な人たちばかり。ミセス・トロロープとウィリアムはどういう関係なんだろう。
★12 - コメント(0) - 2015年2月13日

1890年代、イギリス(ロンドン、ハワース)。
- コメント(0) - 2015年1月29日

登場人物が増え物語がダイナミックに動き始めるような気配あり(リヒトホーフェン姉妹とD.H.ロレンスに接するアスコーナ文化にまでミセス・トロロープを介して繋がっていくにはしかし十年程時代が早いか)。月を仰ぎ見てクリスタル・パレスを思い出すシーンは泣かせる。C.パレスを連想させるような、オリエント趣味のトロロープ家で、当のC.パレスが話題に上がるのは伏線だろうか。他方、ウィリアムはよく言った:ここで人生に絶望してフテ寝して、ショーペンハウエルを愛読するのは簡単だけど、それじゃ芸がない(「同感だ」。同感だ)。
★2 - コメント(0) - 2014年11月2日

わーエマが新しい仕事を見つけたよ!よかったねぇ。列車に乗り合わせたご縁で…しかもお屋敷の人も厳しくとも良さげだし。そしてミセストロロープは、私も好きな感じの女の人なんだけど、ウィリアム達のお母さん?!あれ?ウィリアム達のお母さんって今まで出てきてたっけ…あれ?いたら後妻さんだったりするのかな…森さんによると役者が出揃ったそうだし、次も楽しみ。でも丁寧に読みたい作品だなぁ。
★36 - コメント(0) - 2014年10月13日

いきなり別々の道を歩み始めるエマとウィリアム。吹っ切れたように見えながら、月見て不意に涙流すとかベタベタだけど……イイよねぇ。にしても、グレイスさんもてすぎやろ…。
★3 - コメント(0) - 2014年10月11日

再会に向けての助走期間というとこでしょうか やっぱりエマにはメイド服が一番似合うなあと。 ウィリアム坊ちゃまが感情を殺してしまってらしくないと思いつつ何やら精悍になってきた感じもします。 早くエマの前でへたれてほしいなあ。 次巻で再会とのことで楽しみです。ではこのまま4巻へ!
★3 - コメント(0) - 2014年10月5日

【電子書籍】
- コメント(0) - 2014年10月5日

…… もう… 平気だと 思ったん ですけど ………… だめですね やっぱり だめです…
★5 - コメント(0) - 2014年9月10日

地上3階、地下1階、使用人36人、ハウスメイド8人。ダウントンアビーより桁違いに大きく厄介そう。
★1 - コメント(0) - 2014年9月7日

椿
再読。エマの勤め先が決まってよかった。ピクニックしているお嬢さんたちのお喋りがかわいらしい。ミセス・トロロープが素敵だった。
★8 - コメント(0) - 2014年9月7日

忘れられたと思ったんですけどね。やっぱり、だめみたいです。初めて呑んだお酒が何かを呼び出したみたいに、涙が溢れてきてしまいます。全て私の胸の中に、秘めて生きて行こうと思っていたのに、こうして涙になって。どうしているでしょうか?私はどうしたいのでしょうか。
★3 - コメント(0) - 2014年8月30日

ドイツから移住してきた貿易商の屋敷でエマはハウスメイドとして働くことになる。本巻の終盤では、エマとウィリアムの再会の鍵を握るとおぼしき女性が登場。ところでエマは、あのスズランの花を結局どうしたのだろう?
★25 - コメント(0) - 2014年8月30日

新しいお屋敷が決まってエマが一人ぼっちにならなくてよかった。一気にキャラも増えてどうなるのかな。のんびり読めて楽しいです。
★9 - コメント(0) - 2014年8月25日

2巻の終わりで、これからどうなるかと思っていたが……。エマの居所がさだまってほっとした。よかった。 第十九話では泣きそうになった。 アデーレ、奥様素敵。これからどう展開するのか…。 この本、自分で持っておきたい!! (今回大きなお屋敷で働く様子を読んでたら、ダウントン・アビーみたいで感動した。1話しか見てないけど、ダウントンももっと見たくなった。自分の中でイギリスブーム!)(図)
★5 - コメント(0) - 2014年8月21日

再読。メイドさんがたくさんに増えて、森薫さんが楽しそうです。エレノア・ドロテア奥さま・トロロープさん、みんないいキャラ。
★14 - コメント(0) - 2014年8月2日

★★★☆☆
- コメント(0) - 2014年7月17日

いつまでも心ここにあらずのウィリアムがつらい。エマは、しつけられた環境が良かったのだろう、お屋敷でのお仕事にもしっかりついていき、人々からの評価も着実に上がっている。ミセス・トロロープとの出会いに何やら運命を感じる… ところで賑やかな三人娘のまるで意味のないやり取りが面白くて仕方なかった。誰よりもグレイスがモテるっていう。
★3 - コメント(0) - 2014年7月2日

★★★★☆ まったくもう~。本編で思いっきりしっとりと抒情に耽っても、あとがきでしっかり落とすからな(笑)ギャップ萌え。 ロンドンを離れ、遠い田舎町でドイツ貿易商のお屋敷のメイドになるエマ。ああ(知ってるくせに)ドキドキするー。しかしこの人の描く脇役の女子たちの可愛さときたら!ヨダレが…。
★7 - コメント(0) - 2014年7月1日

kr
1冊まるまる離れ離れの二人とか!ソワソワするじゃん!!
★3 - コメント(0) - 2014年6月17日

エマは、新しい家でメイドに。ウィイリアムは、上流階級として生きることを決意。ミセス・トロロープって、何者なんだろう?
★3 - コメント(0) - 2014年6月7日

エマ、新しい家へ、の巻。エマがアデーレに仕事を教えてもらうところ好きだな。というかエマがテキパキと丁寧にきちんと仕事をしているところが好きだ。エマみたいなしっかりきっちりした人になりたいー!! 丁寧に生きているなって人に憧れる。
★5 - コメント(0) - 2014年6月4日

エマ 3巻の 評価:34 感想・レビュー:179
ログイン新規登録(無料)