春の呪い 1 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)

春の呪い 1 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
あらすじ・内容
妹が死んだ。名前は春。まだ19才だった。
妹が己のすべてだった夏美は、春の死後、家の都合で彼女の婚約者であった柊冬吾と付き合うことになる。夏美は交際を承諾する条件として、冬吾に、春と二人で行った場所へ自分を連れて行くよう提示した。そうして、妹の心を奪った男と夏美の季節は巡り始める――。新鋭が贈る初連載作、待望の第1巻!!

あらすじ・内容をもっと見る
142ページ
1049登録

春の呪い 1巻はこんな本です

春の呪い 1巻の感想・レビュー(835)

決して明るい話ではないけど、絵柄のライトさで中和された感じがあり、するっと読めました。好きは呪いだ。
★3 - コメント(0) - 3月13日

凄く気になるけど絵が・・・どうよ~と思っていたのですが2巻完結ということでポチッてみたら、やっぱ等身のバランス!と思うけど絵が気にならない程の内容!
★5 - コメント(0) - 3月11日

自分で読むには少し珍しい本でした。ところが読むとどストライクで全身で物語に入れました。とても深い作品だなと、2巻も読んでみます。
★7 - コメント(0) - 3月7日

死んだ妹の婚約者と付き合うことに。妹と行った場所をめぐるデート。両想いなのにひりひりする。若い人の不在はつらい。
★30 - コメント(2) - 3月5日

亡くなった春への罪悪感を感じながら惹かれ合う夏美と冬吾。読んでいて苦しくなるけど、クスッと笑えるところもあって、どんどん引き込まれていきました。キュンキュンするものより、こういう作品の方が好きだな~。
★21 - コメント(0) - 3月3日

話題作だったので電子書籍で購入。思ったくらいの面白さですが購入するほどではないか。。人と人との葛藤の物語。そこからの発展が欲しいかも。
★8 - コメント(0) - 2月27日

再読。なんか定期的に読みたくなる。夏美みたいなお友達ほしい。
★3 - コメント(0) - 2月27日

本屋に沢山並んでいたので購入。この薄暗さ好きだ。自分の大切だッた人の恋人と交際、しかも、妹の…言い訳をしたくても妹は既に帰らぬ人。そんな状況のなかで二人はどのようにお互いを許しあうのか…
★9 - コメント(0) - 2月20日

椿
絵柄には抵抗があったが、序盤で気にならなくなる。テンポもよく、先が気になる。ただ、何のひねりもない、純粋な昔ながらの少女漫画であることにむしろ驚く。
★2 - コメント(0) - 2月18日

多分連載スタートした頃に広告で見たような気がする。その頃から気になってはいたけど、このマンガがすごい女編2位を獲ったらしいのと、2巻完結ということで落ち着いたタイミングを見計らって読みました。女性向きってことや話のスタートからしてどんな結末かはぼんやり想像つくのだけれど、どうやって故人への想いに踏ん切りをつけていくのかがポイントなのだろうか。
★3 - コメント(0) - 2月17日

最愛の妹が病気で死んで、その彼氏と付き合うことになった姉の話。 ドロドロな話かと思いきや、思った以上に初々しい2人の話。 読んだ後に悪い気分にはならないかも。
★3 - コメント(0) - 2月15日

mw
すごい三角関係だ…
★2 - コメント(0) - 2月14日

竹箒系男子だな。結構しっかりしてるし、作り込んでるという感じじゃないけど演出がうまい。エクストラページのような演出が本編にあったけどそこがハイライト。
★3 - コメント(0) - 2月14日

Kindle版
- コメント(0) - 2月13日

感想は下巻にて
★14 - コメント(0) - 2月12日

妹がすべての姉と妹と結婚する予定だが姉に惹かれる男。妹を失って2人が歩いていく道は…。って感じですかね。二巻で完結らしいんですぐ読めます。
★2 - コメント(0) - 2月10日

このマンガがすごい!紹介されてて、ずっと気になってたのをようやく購入・2巻まで読了。形は違えど親からの圧力に耐えてた二人が亡くなった妹を通して知り合い、惹かれあう。ストーリーとしてはありふれた設定かもしれないけど、登場人物が少ない分、関係が濃密になった印象。ただ妹にあそこまで執着する理由が薄かったような。
- コメント(0) - 2月7日

2人きりの姉妹に現れた1人の男性で関係が大きく変わっていく。それも妹の死によっておかしな方向へ。惹かれる想いというのは止められない。後悔や罪悪感があっても妹の婚約者と付き合う夏美はどことなく危うい感じ。妹のために生きていた愛情がどのように着地するのか。妹も死を覚悟し、婚約者は姉な惹かれている?堪え難い嫉妬心を抱くのは仕方ない。一緒に地獄に行くなら姉と、という考えは恋する女と特有な感じもするけども姉からの愛情を受け、姉なら一緒に地獄に行ってくれると分かっているんだろうな。
★5 - コメント(0) - 2月7日

以前から気になってた作品。ついに読んだ。春の呪い以前に、夏美も冬吾もそれぞれの親からの呪いに苦しんでる感じがとても重苦しい
★4 - コメント(0) - 2月6日

感想は2巻でまとめて。
★1 - コメント(0) - 2月5日

意外と表情がいい
★1 - コメント(0) - 2月3日

死んだ妹との三角関係。 読む前は重そうなイメージだったけど、読んでみるとなかなか引き込まれる。 姉と恋人のそれぞれの葛藤が描かれていて、とても良かった
★1 - コメント(0) - 2月2日

19歳で亡くなった妹の存在が己のすべてだった姉の夏美と家の都合で妹の婚約者であった柊冬吾との恋。あぁ…正に春の呪いというタイトルを背負う2人の繋がりと家族環境が共に重くこの先の展開が気になる。
★24 - コメント(0) - 1月31日

心理描写ばかりで非常に読みにくい。 だがおもしろい。
★3 - コメント(0) - 1月29日

表紙を見て線の感じが好みだったので購入。死んだ妹に恋愛感情を抱いていた姉、妹を愛していなかった妹の婚約者、家柄の事情で交際する事になったはずの2人は共に過ごす事で心の呪いが解けていくと共に、死んだ妹の呪いに縛られていく。生前の妹の想いが気になるところで次巻へ。若干姉の感情表現が説明的になっているところに荒さは感じるが、絵柄も含め大好きな日本橋ヨヲコ先生の匂いがある強い魅力。重くて暗いけれど強さを感じるからかな?妹が遺したものは果たして呪いなのか否か。続きも気になるし今後も気になる作家さんです。
★4 - コメント(0) - 1月27日

1・2巻読了。もうこの世にはいない妹・春の存在を中心に生きている二人を動かしている。春のことが大好きで何より春を優先する夏美が冬悟への気持ちを自覚したときに何よりも春を恐れる、愛が恐怖へ変化していくさまが強く描かれている。二人の逃避行は「もしかすると上手くいかない」といいつつも「春の呪いは一生解けない」と断言する冬悟の言葉から、夏美が背に春を感じることがなくなっても二人の運命は共にあり呪われている暗示だと思った。とても好きな作家さんなので次回作も期待。
★5 - コメント(0) - 1月26日

「好き」だった唯一の家族の妹・春が亡くなった後、春の事実上の婚約者・冬吾と付き合うことになった春の姉・夏美の話。春は冬吾が夏美に対して抱いていた持ちに気付いていたんだろうな。巻末で登場したアキは果たして春なのか…?
★4 - コメント(0) - 1月26日

発想としては悪くないと思いましたが、姉も妹も男も何というか気味が悪いなと思いました。
★4 - コメント(0) - 1月23日

あらすじと表紙から想像するよりもギャグが多くて意外だった。
★1 - コメント(0) - 1月21日

ざっくり言ってしまうと三角関係のお話なんだけど、よくよく考えるとこれががっつりネタバレになる。 姉・妹・遠縁の親戚である男の三角関係。恋愛の上での三角関係にも当てはまるが、この3人の生きる意味にも関係してくる重要な三角関係になってる。 「春の呪い」というタイトルがそっくりそのまま本編に関わってくる。1巻と2巻の表紙もそれにかかってて、よくできてます。
★2 - コメント(0) - 1月21日

凄く面白い。亡くなった妹が愛した男と交際する姉の話。姉は妹が好きだったから、その罪悪感でつぶれそうになっていて、ほんともう、シチュエーションだけでここまで引き込めるのかと感心した。話の流れも、キャラクターの個性もうまく描いているし、傑作。
★4 - コメント(0) - 1月21日

絵柄が独特で話も重いけど引き込まれた。どう話を着地させるのか見守りたい。
★8 - コメント(0) - 1月20日

2/5。財閥令嬢、イケメンの妹の彼氏(御曹司)、妹病死、で、微妙な姉が一方的に好かれる。うん。てんこ盛りです。持てない女の子をどうやって、恋愛させるかを考えたら、こうでもせなあかんね。普通だと付き合えないので、妹の死の罪悪感で繋ぐのか。強制恋愛ですわ。唸った。とうとうここまで来たか…展開は速いというか、荒いのね、長編にはむかなさそうですね。
★40 - コメント(1) - 1月20日

説明的すぎる嫌いがあるが引きこまれる。
★2 - コメント(0) - 1月19日

複雑な気持ちになるが、面白い。呪いと祝いは紙一重。
★5 - コメント(1) - 1月18日

不穏なのに面白い~!
★1 - コメント(0) - 1月17日

19歳で死んだ「春」。春の姉「夏美」は、春に対する罪悪感を抱えながらも、春の恋人だった「冬吾」と付き合うようになった──。内省的な二人の心理描写が、冷たく、硬派でいい。独特な絵柄もすぐに気にならなくなる、むしろ二人の表情の痛ましさはこの絵柄でしか出せないとすら思える。基本的には夏美の視点で進んでいくが、冬吾の一人称で語られる第二話が個人的には特に好きだった。
★4 - コメント(0) - 1月17日

どっちかというと苦手な絵柄だったし表紙が暗すぎる…!!と思って発売当時は全然興味がなかった。このマンガ~で2位というのでどんな漫画だろうと興味が湧き、購入。夏美と春は両親の離婚などもあり、普通以上に仲の良い依存性の高い姉妹だったんだろうな~。夏美にとって世界の全てだった春が病気で亡くなり、春の婚約者だった冬吾と夏美は付き合うことに。暗くて重い話なんだけど、夏美の明るさに救われる部分がある。冬吾もそんな夏美に惹かれてたんだろうな。最後、夏美は春が生前SNSに残した日記を見つけてしまう。何が綴られてるのかな…
★20 - コメント(0) - 1月17日

☆3.5 pixivコミックで試し読みし興味を持った作品。2巻発売で1巻ペーパー復刻してるのを知りアニメイト池袋店で購入。
★15 - コメント(0) - 1月16日

冒頭だけPixivで読んだ記憶があったような?? 暗い話のようなでも誰も悪い人はいないような。個人的にとても好きな話だった。 付き合うだろうなぁとは思うけれどどう付き合うのか次巻が楽しみ
★3 - コメント(0) - 1月15日

春の呪い 1巻の 評価:56 感想・レビュー:238
ログイン新規登録(無料)