バーナード嬢曰く。 (REXコミックス)

バーナード嬢曰く。 (REXコミックス)
127ページ
2634登録

バーナード嬢曰く。の感想・レビュー(1941)

神林しおり「SFを語るなら最低千冊」俺はSFファンのつもりだけど千冊なんて読んでないや▼いや待て、SFどころか全ての読んだ本を合わせて千冊いくかってえと、マンガを含めりゃいくかも。マンガを抜かすと……雑誌も含めりゃなんとかいくか(雑誌を隅から隅まで読んでるのかよってつっこむな。ええ読んでませんとも)。では雑誌を抜かすと千冊にゃ全然足りねえorz
★5 - コメント(0) - 1月20日

【〇】超がつく読書ガイド。とにかく本を読みたくて読みたくて、読みたくて仕方がないのだけれど、「本を読む」スキルが足りないから十二分に本を読むことを楽しみ切れない、そんなジレンマ。本そのものが難し過ぎたり、本を読む自分自身が読書に伴っていなかったり。そんなやきもきがとてもとても伝わってくるのです。
★9 - コメント(0) - 1月20日

「英国の皮肉屋バーナード・ショー曰く」という枕詞をはじめて見たのはいくつぐらいの時だったか。「皮肉屋」という響きにカッコよさを感じるのが中二的。アニメ版視聴後に購入。予想どおり、単なる蘊蓄ネタではなく少しズラした視点で切り取り、細心の注意を払ってバランスをとっていることが伺える。そして、この絵柄・内容を編集してあの形のアニメにしたことに驚く。すごいなあ。書き手とか編集とか営業とか校閲とか書店とかでなく、本の存在意義は「読み手」が居てこそのものであり、その「読み手」を題材にしたものがもっと増えて欲しい。
★9 - コメント(0) - 1月19日

とにかく読書がしたくなる!紹介されてる本を知らなくても楽しめる!自分にも思い当たるシーンがあってある意味良かった!
★8 - コメント(0) - 1月19日

最近読書メーターでよく見かけるので気になって読了。笑えるのに共感も出来て、かつ紹介本が読みたくなるマンガでした!読みながら、こんな風に本について話せる友達って貴重だよな〜としみじみ。私が学生の時は本が好きな子は少なくて、図書室も閑散としてたな〜(´・ω・`)休憩中に学生が図書室で 本について話すのは、読まずして通ぶりたい、がスタートだとしても、興味を持つ時点で素晴らしいことだよ、と、きっと彼らの担当国語教師は思っているだろうな、と妄想までしてみる。笑
★20 - コメント(0) - 1月17日

バーナード嬢の発言と言い、こちらがえぐられる言葉といい、笑わせてくれます
★12 - コメント(0) - 1月15日

kindle版ではなく紙媒体の書籍でゲット。読み直したけど面白かった。アニメと差のある絵ですが、これはこれで味があって好きなのです。
★12 - コメント(0) - 1月12日

再読
★7 - コメント(0) - 1月12日

読メでも評判のこの漫画、著書には悪いが古本屋で1巻だけ見付けたので読んでみた。読書ギャグ漫画ってどんな感じなのだろうとワクワク。主人公は自称バーナード嬢こと町田さわ子。読書家に見られたいという知的俗物振りが露骨過ぎていっそ爽やかな高校生だ。最初は名言漫画でスタートしたらしく、上手いとは言えないぎこちない絵も手伝って期待外れかと思わされた。ところがオヤオヤ、次第に本の話題が増え、ギャグもハマり出す。神林しおりというSFファンのキャラがまた良い。背伸びや見栄も含め、読書の世界は楽しいのだ。2巻も是非読みたい。
★78 - コメント(0) - 1月11日

発言の一つ一つが笑えるがうなずける。特にSFを語るには1000冊読みが必要とのくだりや、SF初心者はどの本から入るべきかを論じたくだりには感心した。読んだ後、まじめに古典を読みたくなるから不思議。
★22 - コメント(0) - 1月8日

スミカが知り合う前のド嬢を「町田さわ子」と心の中で呼び捨てにしていて笑った。「バーナード嬢」という言葉が出たのは一話だけ…? 「1000冊読まずにSF語るな」論は初めて聞いた。参考文献のページに載った本を全部読む「ド嬢会」みたいなの一人で開催したいな~。
★12 - コメント(0) - 1月8日

読書家ぶりたいという姿勢だけでも偉いと思う。最近全然読書してない自分にとっては。 しかしタイトル位は知ってるのはいくつかあっても読んだことがある本がシャーロックホームズしかないよ!何か読みやすい本を・・・あ、舟を編むはアニメで見てしまいました。
★11 - コメント(0) - 1月6日

面白い
★8 - コメント(0) - 1月5日

U
アニメ前に一度読んだが、アニメが終了したのと同時に再度読了。 読書家とは言えない自身と照らし合わせてしまうシーンもちらほら。 読書家のあなた、読書家とはいえないあなた、自称読書家のあなた、皆におすすめできる一冊です。
★11 - コメント(0) - 1月3日

読書家あるある、ですよね。 世の中の読書家さんは、ある一面においては読書家とみられたいというやらしい気持ちが心の片隅にあるんじゃない?(笑) 読書家とは大抵、読むスピードより、読みたい本が増えるスピードの方が圧倒的に速い人たちなのだろうから、実際読もうと思いつつ読んでいない本が沢山ある。本当は読みたい本が山ほどあるけど、読めていない。そういうもどかしさから、本棚の背表紙を眺めて読んだ気になったり、読んでないことの言い訳を考えてしまったりする。なんか、読書家のカワイイ一面が描かれているような気がする。
★15 - コメント(0) - 1月3日

こんなに名作まみれ?なのにどれも読む気にならないところが凄い!
★9 - コメント(0) - 1月3日

じわじわくる。
★7 - コメント(0) - 2016年12月29日

読書ネタの漫画。画力は漫画家として考えるとかなり下手っぴなんだけど、それでも立派に漫画として楽しめるから凄い。絵じゃねーな、絵じゃ。
★9 - コメント(0) - 2016年12月29日

積んでる本がわりと出てきて泣ける
★8 - コメント(0) - 2016年12月29日

書店で裏表紙の「ディックが死んで30年だぞ!今更初訳される話がおもしろいワケないだろ!」の勢いにうっかり飲まれて(笑) ハードSF全く駄目なので、ディックねたはほぼ全滅だけど、ブラウンの『天の光は~』のタイトルと「このアウレリャノはあのアウレリャノの息子で…いや同一人物?<略>えーいくそっ……南米め!!」にはやられた。元はアウレリャーノって訳だったけど、"ー"を抜いたのは頁節約のためという噂を読んだことが。そしてこの漫画で「がらがらどん」のストーリーを知った。本当に「力こそ正義」って感じの話だ。
★105 - コメント(1) - 2016年12月26日

相手がエセ読書家であろうと、SFのうんちくがとまらないSFファンであろうと、本について語れるっていいよね~~。さわ子に負けじと読みたい本が増えるー…いや、さわ子、実は読んでないし。
★23 - コメント(0) - 2016年12月26日

読み進めていくにつれ止まらなくなった。ちょっと前に流行った本を買うのはわかる。
★13 - コメント(0) - 2016年12月21日

表紙にやられて勢いで購入したが、結構名前を聞いたことある(自分がにわかなだけかもだけど)作家が多く取り上げられていて、楽しかった。作中で出てくる例えがひどいてより、だんだん絶妙に感じてくる、不思議w
★12 - コメント(0) - 2016年12月20日

本屋さんで見かけて衝動買いです。 面白いですね! ぷふふって吹き出しながら読んでました。 あと出てくる本読みたくなりました!
★13 - コメント(0) - 2016年12月19日

読書ネタを中心としたギャグマンガ。sf作品のネタが多かったので面白そうだと感じたものを読んでみたくなりました。
★12 - コメント(0) - 2016年12月18日

ずっと気になっていたこの本!なかなか図書館に入らないと思いきやコミックだった。久しぶりにコミック買いました!これ深夜にテレビ放送しているとは!!予約して見てみようかな。読んでないのに読んでいる風に見せる町田さわ子さんことバーナード嬢!読書家に見られたいって今の学生でもそんな子がいるのかな?この本読んで、SFファンと言えるには1000冊読まなければ、語れないにわかファンだとか?ハードル高い。バーナード嬢みたいに読んでないの語るのはチョットだけど…神林さんみたいな読書家にはなれずにわかに毛の生えた読書好き自分
★48 - コメント(1) - 2016年12月17日

小〇急ポイントが貯まったのでなんとなく三冊大人買いしました。最初は名言が多く、表紙と違うなと思っていたら一気に本自体の話に。神林さんのキャラが濃くて最高好きです。しかし他人から読書家と見られたいためにいろいろな努力をする町田さんって一体(爆)そっちの方がよっぽど面倒のような気がするのは私だけでしょうか。神林さんのSF薀蓄が多いせいか時間がかかった1巻でした。息子に是非読ませよう(爆)
★40 - コメント(0) - 2016年12月17日

読メのレビューで見かけて気になって購入。最初名言マンガだったのであれ?と思っていたら神林しおりの登場で俄然面白くなる。本は読みたいと思ったときに読まなくてはならない。その機会を逃し「いつか読むリスト」に加えられた本は時間をかけて「読まなくてもいいかもリスト」に変わりやがて忘れてしまうのだ。神林さんのおっしゃる通り。町田さわ子のほうが一巻の最後の方では、私よりもよく本を読んでいるよ。遠藤くんの一昔前に流行った本を読むスタンスも面白い。
★36 - コメント(0) - 2016年12月15日

新感覚読書体験。国語便覧掲載の作品って読んだ気になっているけど、実際あんまり読んでいないと気づいてから「そんなにいい作品なら読みたい!読んだって人に言える自分カッコいい‼」なんて私も思ってるから新感覚じゃないかもしれないけど。
★6 - コメント(1) - 2016年12月14日

積ん読グータラ読書家の私としては「あるある」ネタが多すぎてつらいf^_^;。神林さん、俺を殴ってくれ!
★17 - コメント(0) - 2016年12月12日

カラマーゾフの兄弟とか、ボードレールとか読んでいると自慢できるけれど、実際に読んでみると難解で、途中であきらめた人は多いことでしょう。 http://ameblo.jp/bookstama/entry-12227840844.html
★7 - コメント(0) - 2016年12月12日

あるある感はんぱない(笑)。
★17 - コメント(0) - 2016年12月11日

自分もさわ子の様に読んだ気になってうんちくを語りたい気持ちがわかりすぎる。古典は読むのが大変なんだもの。
★16 - コメント(0) - 2016年12月10日

いえ、なにげなしに読んだのですけれども、ものすごく面白いです。あと、ちょっとハズカチイ。バーナード嬢と似たことをしていましたし、していますのでね。上品に見てもらいたい、知的に思ってもらいたい、いやいや正直に言いましょう。女性にモテたいと思い岩波やちくまの文庫をお尻のポケットに入れていたの(いるの)です。わわ、ハズカチイ。なにかものすごく間違っているのですが、本人はいたって真剣です。いえ、笑ってもらって結構なのですが……。岩波文庫のコーナーを「無人島」と言っているところはお茶を吹いちゃいました。
★46 - コメント(15) - 2016年12月10日

「私の中ではすでに読破したっぽいフンイキになってる!!」 ■これ、おもしろーい♪ 読書家に憧れるけど 読書がめんどくさい それが(自称)バーナード嬢 こと 町田さわ子だ。読んでない本を読んだ風な顔したくて 訳わからん理屈を編み出すのが、何故かかわいい♡ 図書委員の長谷川さんもほんにゃりしてて可愛いです♡ たぶん、この漫画の作者さんの本への愛がかわいいんだな♪ ■「私が よくわからない時、同じ部分 作者もわからない という説だ」…へ?
★135 - コメント(0) - 2016年12月10日

SFも読んでみたくなった。ガチの読書家の神林しおりみたいな友達にオススメを聞けたらいいのにな。
★15 - コメント(0) - 2016年12月10日

久々に本屋で漫画を購入。私的にはとても気に入りました。SFは手を出してなかったけど少しずつ読んでみたいなと思いました。ちょいちょい本の豆知識が入ってくるところが好き。コラムも読んでて楽しい。
★13 - コメント(0) - 2016年12月10日

なんとなく毛嫌いしていた本なのですが、読書メーターで出会ってとても好きになった女の子が(物理学的にも精神的にも。あーこれって分かりやすい素敵なロマンスね)読んでいて私も読もうかなと追ってカントリーロードしてみた作品。作品中に出てくる女の子も熱弁してたけど、SFは私の好きなジャンルなのですが『確かに何言ってるの分かんないけど面白いんだよなぁ、この作者』というのを惜しげも辱しめもなくさらけ出してくれた作品。そう、そうなの!!すまん、粒子物理学とか分からん!あれ正しくは素粒子物理学だっけ!?悔しいが二巻も買う。
★27 - コメント(0) - 2016年12月9日

神林さんが好き
★9 - コメント(0) - 2016年12月9日

僕は自分のことをなんちゃって読書家だと思っている。読書をしても想像の羽が広がるわけでもなく、十全理解できたと思うこともほとんどない。途中で投げ出す本も結構あるし、そもそも積読も多い。けれど、ついつい本屋によってはせっせと本を買ってきてしまう。そんな僕にとってこの漫画は共感と笑いでいっぱいだ。読書家ぶりたい町田さわ子からsfオタクの神林まで、自分に重ね合わせてついニヤけてしてしまう。そしてこの作品は肩の張らなさと読書の楽しさの熱が同居しているので、自分も読書したくなる。ここ最近では1番お気に入りのマンガだ。
★13 - コメント(0) - 2016年12月8日

バーナード嬢曰く。の 評価:80 感想・レビュー:851
ログイン新規登録(無料)